コラム一覧 :痛みのこと

1件~15件(40件)

過去の15件

関節が痛い?筋肉をゆるめればいいんですよ。

痛みの原因は大きく分けて、炎症性のものと、筋肉由来のものがあります。軟骨が減っても痛みは出ません。血管や神経がないから。神経が圧迫されても痛みは出ません。神経の圧迫で起こる症状は麻痺だから。肩、肘、手首、膝、股関節。関節は筋肉の働きで動きます。筋肉は血管や神経が豊富... 続きを読む

痛みのこと

2014-06-25

痛みは複雑系。チーム医療が必要。

痛みは様々な要因が絡み合って発生します。病院では、チーム医療が提供されていますが、痛みの分野ではおくれを取っています。医師、看護師、理学療法士などが連携して患者に対応しますが、医師の中での連携、整形外科医と精神科医の連携や、医師とコメディカルとの連携はまだまだです。... 続きを読む

痛みのこと

2014-06-04

治療院にかかるきっかけ。目安は2週間。

いろいろな原因で、いろいろな場所に痛みが出ます。使い過ぎや、同じ姿勢での作業、転倒など。いわゆるぎっくり腰。これは、腰に限らず、肩でも、太ももでも、お尻でも起きます。多くの場合は2週間以内に症状は軽減、あるいは無くなるでしょう。病院や治療院にかかる目安は2週間たって... 続きを読む

痛みのこと

2014-05-22

その症状は筋肉が原因。痛い、はる、凝る、しびれる、動かしにくい。

イメージ

原因にあった治療戦略が必要です。基本的には、縮こまっていることが多いので、ゆるめる必要があります。あたためる、伸ばすことが効果的でしょう。具体的には、お風呂、ストレッチ。筋肉は大きな組織です。その一部分が硬く縮こまっていることがあります。この場合は、鍼刺激が一番有... 続きを読む

痛みのこと

2014-04-14

神経の圧迫では、痛みやしびれは出ない。

神経線維は圧迫されると麻痺を生じる。なぜなら神経が伝えるのは電気信号であり、オンかオフしかない。痛みやしびれがあるということは、神経が興奮しているということ。何がきっかけで興奮しているかは、末梢の受容器の種類に依存している。痛みやしびれに反応する受容器は皮膚に一番多く... 続きを読む

痛みのこと

2014-02-17

歯磨きと、ストレッチは欠かさずに!

イメージ

歯磨きとストレッチは、どちらも予防です。虫歯になったら痛いのと同じで、ぎっくり腰や、五十肩になったら痛い。虫歯は歯医者さんにかかります。病院で、ぎっくり腰や、五十肩、変形性関節症、顎関節症などと言われたら、原因は多くの場合筋肉にあります。鍼、ストレッチ、マッサ... 続きを読む

痛みのこと

2013-12-17

五十肩、ヘルニア、変形性関節症。器質の問題と、機能の問題。

器質の問題とは、構造の問題です。例えば、レントゲンを撮ったら関節の軟骨が減っていた。ヘルニアが見つかった。あるいは腱板の部分断裂が見つかった。などの、目で見てわかる正常ではない状態のこと。機能の問題とは、痛い、重い、つっぱる、動く範囲が狭い、すぐ疲れる。などの、目で... 続きを読む

痛みのこと

2013-08-05

トリガーポイントと関連痛の例。

イメージ

百聞は一見に如かずということで。画像特集です。へえと思ったらお電話かメールでお問い合わせください。           ↓http://mbp-hokkaido.com/amiriyu-fuwa/ 続きを読む

痛みのこと

2013-07-16

腰痛、肩痛、膝痛。どのタイミングでどこにかかる?

程度問題ですが、今までに経験したことのない痛みが急に襲ってきたら、即病院受診ですね。特に、肩は狭心症の関連痛。腰痛は内臓疾患の関連痛の可能性があるので怖いです。慢性痛。痛みが発生してからおよそ2週間経過しても痛みが変わらない。あるいは悪化している場合も病院を受診します... 続きを読む

痛みのこと

2013-07-10

肩こり、腰痛と五十肩や筋痛症の関係

イメージ

図のように、肩こりや腰痛など、誰もが経験のある症状の上に、五十肩や、関節痛、緊張性頭痛、顎関節症と呼ばれる筋の病的な状態があります。筋の病的な状態が長引くと、その範囲が広がってしまいます。筋痛症や、線維筋痛症と呼ばれます。範囲が広がり、長期化すると治るまでの時間も... 続きを読む

痛みのこと

2013-06-17

筋痛症では痛い場所と原因の場所が違うことがある。腰痛や、腕の痛み。

イメージ

図のように、痛みを強く感じる場所と、原因となっている筋肉の場所が異なることがあります。関連痛といいます。私たち専門家(理学療法士、鍼師、整体師など)は、問診や、触診で、原因となっている筋肉を探すことが出来ます。痛いところをマッサージしたり、冷やしたり、あたため... 続きを読む

痛みのこと

2013-06-13

なぜ筋痛症?なぜ治るのか?

イメージ

世の中に数ある理論、治療法のなかで、なぜ筋痛症なのか?まずは、わかりやすい。肩こりは、ほとんどの人が経験あります。肩こりは筋肉のコリ。筋肉は全身を包んでいる。全身にコリはありえる。例えば、頭コリ。腰コリ。腿コリ。尻コリ。肩こりは、ひどいと腕が上がらなくなったり... 続きを読む

痛みのこと

2013-05-20

急性痛と慢性痛

痛みには、急性痛と慢性痛があります。急性痛は、足をひねったとか、ぶつけたとかで、原因がはっきりしていて、熱や、腫れを伴います。冷やして、安静にしていることで、2~3日で治まります。慢性痛は、原因がはっきりしなくて長く続く場合や、急性痛から移行する場合があります。温めた... 続きを読む

痛みのこと

2013-05-13

筋痛症、筋筋膜疼痛症候群、線維筋痛症のこと

イメージ

神経を圧迫しても痛みやしびれは起きない。あるとすれば麻痺。軟骨は血管も神経も乏しく、変性(すり減ったと表現されることが多い)しても痛みの原因にはならない。私にとってはすごいインパクトだったのですが、皆さんどうですか?ヘルニアや、軟骨の変性は症状のない人にも一定の割合で... 続きを読む

痛みのこと

2013-05-08

腕や手先が痛い、しびれるとき

斜角筋

出口症候群とか、頚腕症候群とか、頸椎症と病院で診断され、治療を受けたけど症状が変わらないとき、図のように斜角筋という筋にトリガーポイントを見つけることがあります。腕や手先に出る症状は関連痛と呼ばれます。症状の出ている場所と、原因の場所が離れている場合、自分で見つ... 続きを読む

痛みのこと

2013-04-24

1件~15件(40件)

過去の15件

RSS
料金について

治療メニュー毎に料金を設定しております。トリガーポイント鍼         1,530円(技術料)+鍼代実費(1本15円)トリガーポイントマッサージ    2...

治療の流れとかかる時間

初めての方はまず、問診票を記入いただきます。          ↓さらに細かく生活全般や、内服薬のこと、これまでの経過などをお伺いします。        ...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
岩佐篤志 いわさあつし

痛みと動きの改善で、心と体をプラスのサイクルに導く(1/3)

 なかなか良くならない肩こり、腰痛、手足のしびれ、神経痛、関節の痛み……。それらの原因として最近、注目されているのが、主に筋肉を包んでいる筋膜に形成される「トリガーポイント」。いろいろな痛みが、このポイントを引き金として発生しているのではな...

岩佐篤志プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

肩こり、腰痛から、術後のリハビリまで幅広い対応が強み

医院名 : あつし治療院
住所 : 北海道札幌市豊平区月寒東1条6丁目2-6 [地図]
TEL : 011-556-3118

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-556-3118

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岩佐篤志(いわさあつし)

あつし治療院

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

指のしびれが治りました!

鍼治療、効き目ばっちりでした。(^^) 仕事でパソコンを使...

M.M
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(9

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関節が痛い?筋肉をゆるめればいいんですよ。

痛みの原因は大きく分けて、炎症性のものと、筋肉由来のものがあります。軟骨が減っても痛みは出ません。血管や...

[ 痛みのこと ]

痛みは複雑系。チーム医療が必要。

痛みは様々な要因が絡み合って発生します。病院では、チーム医療が提供されていますが、痛みの分野ではおくれを...

[ 痛みのこと ]

自分にあった治療院の選び方

病院に行くほどでもない症状や、病院にかかっているけど症状が変わらないとき、皆さんはどこに行けばよいのでしょ...

[ 治療 ]

治療院にかかるきっかけ。目安は2週間。

いろいろな原因で、いろいろな場所に痛みが出ます。使い過ぎや、同じ姿勢での作業、転倒など。いわゆるぎっく...

[ 痛みのこと ]

その症状は筋肉が原因。痛い、はる、凝る、しびれる、動かしにくい。
イメージ

原因にあった治療戦略が必要です。基本的には、縮こまっていることが多いので、ゆるめる必要があります。あ...

[ 痛みのこと ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ