可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ

橋本昭夫

はしもとあきお

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

[ 札幌市厚別区 ]

セミナー・イベント情報

第2回事業化セミナー in 東三河「バイオマスリサイクル事業の北海道との地域間連携」

  • [ その他 ]
開催日 2014-10-31
概要

イメージ

                                                                                                                                    
写真は、
第1回事業化セミナー in 浜松
(2014年5月)


第2回 事業化セミナー in 東三河
「バイオマスリサイクル事業の北海道との地域館連携」
 〜亜臨界アミノ酸液肥・固形燃料生産システムのキー技術紹介〜
  主催:公益財団法人 浜松地域イノベーション推進機構


【日時】:2014年10月31日(金) 10時半〜12時(10時20分受付開始)
【場所】:愛知県豊橋市総合体育館2階 第2会議室
   (愛知県豊橋市神野新田町メノ割1の3)

   セミナー詳細 → http://www.haipro.jp/news/?p=325

水産加工物の残渣などを原料とした亜臨界アミノ酸液肥の製造と、紙くずや廃プラを原料とし固形燃料の製造を中心に、基礎技術とその生産システムの紹介、そしてビジネスモデル構築に関することなどお話しいたします。

廃棄物を原料とし、高温高圧で加水分解して製造する亜臨界アミノ酸液肥は、その分子量が小さく、散布により葉や根から直接アミノ酸の形で吸収させることができるため栽培効率の向上が期待できます。また、原材料が生ごみや水産残渣などのため肥料コストの削減も期待できます。
一方、紙くずや廃プラを原料とした固形燃料は、ビニールハウスなど施設栽培での燃料への活用が期待されています。これは昨今の灯油高騰の中、大変価値あるものなのです。

農業分野のみならず、工業分野の方までもお役に立てる内容です。

来月は、旭川(11月13日)、帯広(11月23日)で開催予定です。
農家の方々、異業種参入をご検討の方々、そして資源循環に関心のある皆様、ぜひお越し下さい。
詳細は、別途お知らせさせていただきます。

   

橋本昭夫(可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

  • 電話:011-897-6209 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい

北海道亜臨界肥料流通機構総会及び公開セミナー開催

  • [ その他 ]
開催日 2015-07-18
概要

私が専務理事を務める北海道亜臨界肥料流通機構の総会及び公開セミナーを下記のとおり行います。

平成26年度、当北海道資源循環研究所による「下水汚泥を原料とする亜臨界アミノ酸液肥化事業」が北海道庁「リサイクル産業創出事業」の認定を受けました。
これを受けて、今年度から北海道亜臨界肥料流通機構が具体的に自治体市町村への事業化普及を目指して活動を開始しますので、バイオマス資源化に関心のある企業、自治体市町村の方々に、事業内容についてご理解を賜りたく告知させていただきます。

また、総会につきましても、北海道亜臨界肥料流通機構会員以外の方の傍聴も歓迎しておりますので、資源化に関心のある方は、ぜひいらしてください。

総会及び公開セミナー詳細


1 日時  平成27年7月18日(土)
      定時総会   14時〜14時50分 定時総会
      公開セミナー 15時〜16時50分
      交流会    17時〜18時半(参加費2,000円)

2 場所  札幌市北区北7条西6丁目北海道クリスチャンセンター
   (011-736-3388  駐車場はありませんので、公共交通機関の利用をお願いします。)
   
3  公開セミナー 
     「TPPと農協改革は農業・農村をどこに導くか?」
        ・講師:飯澤 理一郎氏 北海道大学名誉教授(当機構代表理事)
    
     「緊急現場報告 亜臨界アミノ酸液肥がもたらす病害虫予防効果」
        ・講師:  田口 一昌氏  北海道亜臨界肥料流通機構 旭川支部長
    
     「自治体のバイオマス資源化事業導入課題と北海道亜臨界肥料流通機構への期待」
        ・特別講師:高橋 正夫氏 十勝管内本別町長(前北海道町村会副会長)

連絡先

   
   北海道亜臨界肥料流通機構 事務局 福田
   TEL:011-700-5533 FAX:011-700-1011 メール:m-fukuda @meri-inc.jp

   ⬇️橋本に直接ご連絡いただいても結構です。

橋本昭夫(可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

  • 電話:011-897-6209 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい

「バイオマス資源化を勧める南空知市民の会」が開催されます。お米の試食会もあります。

  • [ その他 ]
開催日 2016-01-24
概要

「バイオマス資源化を進める南空知市民の会」「北海道亜臨界肥料流通機構」共催の学習会開催案内です。


  1 日時  平成28年1月24日(日)13時
  2 場所  岩見沢市4条1丁目3番地 岩見沢市障害学習センター
  3 会費  無料
  4 内容  亜臨界肥料化事業学習会   
     (学習会後亜臨界アミノ酸液肥使用の米の試食会を開催します。)


   1月23日北海道新聞朝刊(空知版)でも案内があります。

関心のある方は、北海道亜臨界肥料流通機構監事でもある岩見沢市・農家作田清さんに問合せするか、直接おいでください。

      作田さん携帯電話 090-5070-0570

 <学習会内容>

 1 ㈱市町村資源化事業団設立
   市町村の生ごみ等の資源化工場建設支援する組織として、㈱市町村資源化事業団が2月
  初旬に設立されます。

   ㈱市町村資源化事業団は、地元農家、市民の皆さんに、自治体市町村が焼却埋め立て
  している生ごみ等を資源化を提案し、地元自治体に合った資源化工場の建設を支援して
  いく北海道亜臨界肥料流通構に参加している企業等で構成されます。
   当北海道資源循環研究所、㈱全国亜臨界肥料管理機構、市民等も出資しています。

 2 新しい資源化技術で製造された亜臨界アミノ酸液肥で栽培された美唄市土屋さん、
  旭川田口さんの自慢のお米の試食会も行われ、新資源化技術・亜臨界アミノ酸液肥化技術
  を学びます。

橋本昭夫(可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

  • 電話:011-897-6209 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい

春です!健康野菜つくりを始めましょう!あの亜臨界アミノ酸液肥を無料提供!

  • [ くらし ]
開催日 2016-04-17
概要

旭川市の田口農場で

 4月17日(日)13時30分から札幌市北区札幌駅北口のエルプラザ2階で自治体バイオマス資源化資源化セミナーが開催されます。
 市民・農家の手で、「生ごみからアミノ酸豊富な亜臨界アミノ酸液肥製造化工場」を地元市町村に作ってもらおうとのセミナーです。
 市町村資源化協会(代表理事 飯澤理一郎北大名誉教授)が主催です。

 当日、栽培効果が確かな「亜臨界アミノ酸液肥」サンプルを希望者の皆さんに提供させていただきます。

 「亜臨界アミノ酸液肥」の高い栽培効果は、前・国立北海道農業試験場や地元農家の栽培試験で既に実証されていますが、是非、「亜臨界アミノ酸液肥」の確かな栽培効果を皆さん自体で実感してみてください。
  
 この「亜臨界アミノ酸液肥」は、皆さんがごみステーションに出される家庭生ごみからもつくれます。

 「亜臨界アミノ酸液肥化工場」を、何とか地元市町村につくつていただいて、家庭生ごみの焼却量を減らしたいものです。
 その手法を皆で考えたい!とのセミナー企画です。

 私、橋本が、このセミナーで基調講演とパネルデスカッションのコーデネータ―を務めます。

 先着順ですので、NPO北海道資源循環研究所のホームページ、セミナー欄から申し込みください。

橋本昭夫(可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

  • 電話:011-897-6209 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい

【地域が潤う地域循環について】亜臨界アミノ酸液肥の本年度栽培結果及び固形燃料化事業の紹介

  • [ その他 ]
開催日 2014-11-13
概要

平成26年10月 愛知県豊橋市での講演風景

亜臨界アミノ酸液肥・固形燃料について、北海道では、札幌に続き2回目の説明会を旭川で実施します。
静岡県浜松、愛知県豊橋での過去2回の説明会とも多くの反響をいただきました。
(←写真は、平成26年10月31日愛知県豊橋市での講演風景です)

水産廃棄物、生ゴミ・下水道汚泥からは栽培効果の高い亜臨界アミノ酸液肥を、紙やプラスチックからは固形燃料を製造し、農家に安価に提供、地域の皆さんに還元したい。
地域が潤う地域循環のあり方について、皆さんと考えていきたいと思います。

・暖房費が高い!ビニール栽培での暖房費高騰にお悩みの方。
・従来市販されているアミノ酸液肥よりも安価にアミノ酸液肥を手に入れたい!

このように感じた経験のある方は、ぜひご参加ください。

今回は、実際に亜臨界アミノ酸液肥を使用している旭川農家の田口一昌さんの他数名の農家さんから栽培結果について報告をいただきます。
米に亜臨界アミノ酸液肥を使用したところ、タンパク質含有量が著しく減るなど、効果が出ているそうです。タンパク質含有量が減ると、ふっくらとして美味しいお米となります。
他作物への効果についても当日お話がありますので、お楽しみに。

日時:平成26年11月13日(木) 16時〜
場所:JAあさひかわ 旭正支所 2階会議室
   旭川市東旭川旭正118番地 0166−32−2231

参加ご希望の方は、お名前、住所、電話番号、参加人数、所属団体等をご記入の上、
⬇の「問い合わせたい」より、お申し込みください。

次回は、12月上旬、帯広での説明会を予定しています。

橋本昭夫(可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

  • 電話:011-897-6209 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい

【白老:地域が潤う地域循環】農水産業者必見!!亜臨界アミノ酸液肥化及び固形燃料化事業

  • [ その他 ]
開催日 2014-12-07
概要

イメージ

廃棄物(水産廃棄物や家庭生ごみ等)から栽培効果の高いアミノ酸液肥を製造する【亜臨界アミノ酸液肥化事業】、紙・廃プラスチックから固形燃料を製造する【固形燃料化事業】について、白老町で説明会を開催します。
道内では、岩見沢・札幌・旭川・帯広に続く5度目の開催。各地で多くの反響を頂いてきました。
旭川では、農家の方達が研究会を立ち上げ、資源化事業導入を地元市町村に働きかけていくこととなり、私も支援を行っていく所存です。写真は、旭川での説明会風景です。

・従来市販されているアミノ酸液肥よりも安価にアミノ酸液肥を手に入れたい!
・暖房費が高い!ビニール栽培での暖房費高騰が悩み・・
・肥料、燃料、ボイラー装置の事業を拡大したい!
・異業種参入を考えている!
・事業で排出されるほたてのウロの処理に悩んでいる・・
・市民の手で、ごみ焼却・埋め立てを止めて、資源化を進めたい。

このような方はぜひご参加ください。

今回伺う白老町は、全国でも数少ない亜臨界アミノ酸液肥を製造できる亜臨界水処理装置を有する「ECOリサイクルセンター白老」があります。
しかし、残念ながら、この価値の高い施設が有効に活用されていない現状があります。
この施設を有効に活用して、地元市民・農水産業に健康に循環・還元していける方策は何か。
「ECOリサイクルセンター白老」の活用案も提案させていただきます。

また、西胆振地方は、ホタテの漁獲量が多く、カドミウムを含有するほたてのうろの処理が社会問題となっています。亜臨界水処理を行うと、このカドミウムが大幅に除去されることが北海道大学との協同研究で分かっています。
この地域に適した資源化事業を共に考えていきましょう!

日時:平成26年12月7日(日)
場所:白老町中央公民館(白老郡白老町元町1丁目1−1)

参加ご希望の方は、お名前、住所、電話番号、参加人数、所属団体、業種などお書きの上、⬇の「問い合わせたい」よりお申し込み下さい。

今年最後の説明会となります。多くの方のご参加お待ちしております。

亜臨界肥料化事業の歩みについては、こちらをご覧ください → http://h-sigen.jimdo.com

橋本昭夫(可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

  • 電話:011-897-6209 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい

【地域が潤う地域循環!空知地方】第6回「バイオマス・リサイクル事業の展望」

  • [ その他 ]
開催日 2015-01-31
概要

イメージ

廃棄物(水産廃棄物や農作物廃棄物、家庭生ごみや下水道汚泥など)から栽培効果の高いアミノ酸液肥を製造する【亜臨界アミノ酸液肥化事業】、紙・廃プラスチックから固形燃料を製造する【固形燃料化事業】について、岩見沢市で説明会を開催します。
岩見沢市や美唄市など空知地方を対象としたお話をさせていただきますので、近隣市町村の方もぜひお越し下さい。
当セミナーも早いもので国内8度目、道内では6度目の開催となります。

先日の帯広での説明会では、液肥取扱い国内トップメーカーである(株)OAT(旧名:大塚アグリテクノ)からアミノ酸液肥の専門家をお招きし、農家さんのご質問にもお答えいただきました。(株)OATは、亜臨界肥料化工場建設を決定しています。
当日は多くの方にお集り頂き、旭川に続き、帯広でも有志の方達で研究会が設立されました。
白老での説明会の様子はこちらでご覧ください。http://h-sigen.jimdo.com/活動報告/

写真は帯広でのセミナー風景です。

・従来市販されているアミノ酸液肥よりも安価にアミノ酸液肥を購入したい!
・暖房費が高い!ビニール栽培での暖房費高騰が悩み・・
・肥料、燃料、ボイラー装置の事業を拡大したい!
・異業種参入を考えている。
・やむを得ず廃棄している農作物(廃棄タマネギなど)を有効に活用したい!
・市民の手で、ごみ焼却・埋めたてを止めて、資源化を進めたい!

このようにお思いの方はぜひご参加下さい。

今回伺う岩見沢市、美唄市は、市民・議員が市のごみ処理政策について大きく方向転換をさせた町です。
私は、『空知地方から排出される廃棄物を亜臨界アミノ酸液肥、固形燃料に転換を!』と提案いたします。資源循環のあり方について、広く、多くの皆様と意見交換させていただきたいと思います。

日時:平成27年1月31日(土)13時半〜16時
場所:まなみーる岩見沢市民会館 多目的室1・2
参加料:無料

参加ご希望の方は、お名前、住所、電話番号、参加人数、所属団体、業種等をお書きのうえ、⬇の「問い合わせたい」よりお申し込み下さい。

多くの皆様とお会いできることを楽しみにしています。

セミナー詳細・亜臨界肥料化事業の歩みについてはこちらをご覧ください。
http://h-sigen.jimdo.com/

橋本昭夫(可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

  • 電話:011-897-6209 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい

【帯広】【岩見沢】亜臨界アミノ酸液肥化研究会開催のお知らせ

  • [ その他 ]
開催日 2015-02-09
概要

①【帯広(十勝地方):第1回亜臨界アミノ酸液肥化等研究会】の開催が決定しました。

日時:平成27年2月9日(月) 18:30〜
場所:帯広市民文化ホール 特別会議室
    〒080−0015 帯広市西5条南11丁目48番地2

地域から排出される廃棄物(下水道汚泥、家庭生ごみ、水産廃棄物など)から栽培効果が高く安心安全な亜臨界アミノ酸液肥を製造、安価で農家に供給し、地域内循環のシステムを創る。
また、廃棄物(紙・廃プラスチック)から固形燃料を製造、安価に地域内に供給し、ビニールハウス燃料など地域で有効に活用いただく。

上記事業についての研究会を、岩見沢・旭川に続き、帯広でも十勝地方の有志メンバーにより立ち上げることとなりました。

当日、ご参加いただけます。
ご興味のある方は、事前に以下連絡先にご連絡ください。



②【岩見沢:バイオマスリサイクルを進める南空知市民の会(研究会)】開催

日時:平成27年2月16日(月) 13:00〜
場所:岩見沢駅 赤レンガ

「バイオマスリサイクルを進める南空知市民の会」は、既に活動4年目となります。
先日(1/31)岩見沢で開催したセミナーには、岩見沢だけではなく美唄や近隣市町村から70名を超える方々にお越し頂き、当地方の皆様の資源化事業への関心の高さが伺えました。
今後は、亜臨界肥料化・固形燃料化事業について、岩見沢市に導入を働きかけるべく活動を本格化してまいります。

自治体に働きかけを行うためにも、岩見沢市民と農家の方の参加を積極的に呼びかけています。
ご興味のある方は、ぜひご参加下さい。

橋本昭夫(可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

  • 電話:011-897-6209 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい

【帯広:地域が潤う地域循環】亜臨界アミノ酸液肥化及び固形燃料化事業について

  • [ その他 ]
開催日 2014-12-04
概要

イメージ

廃棄物から栽培効果の高いアミノ酸液肥を製造する【亜臨界アミノ酸液肥化事業】、紙・プラスチックから固形燃料を製造する【固形燃料化事業】について、11月の旭川に続き、帯広でも説明会を開催します。

・従来市販されているアミノ酸液肥よりも安価にアミノ酸液肥を手に入れたい!
・暖房費が高い!ビニール栽培での暖房費高騰が悩み・・
・肥料、燃料、ボイラー装置の事業を拡大したい!
・異業種参入を考えている。

↑こう感じた経験のある方はぜひご参加下さい。

前回の旭川での説明会では多くの農家さんにお集り頂き、説明会の様子については建設新聞・日本農業新聞に取り上げていただきました。(↑写真は、旭川での説明会の様子です)
「地元自治体に事業化の働きかけをしていきたい」とのアンケート回答が多く寄せられたことは、とても心強いものでした。

今回伺う十勝地方は、押しも押されぬ農業大国。
TPPで揺れる北海道農業にあって、農家の方々の負担軽減に繋がる地域循環とは。
地域が潤う健全で効果的な地域循環について、皆で考えていきましょう。

日時:平成26年12月4日(木) 18時〜20時半
場所:とかちプラザ(JR帯広駅近く)
   帯広市西4条南13丁目1

参加ご希望の方は、お名前、住所、電話番号、参加人数、所属団体等をご記入の上、⬇の「問いわせたい」より、お申し込みください。

次回は、12月上〜中旬、白老町での説明会を予定しています。

亜臨界肥料化事業の歩みについては、こちらをご覧ください → http://h-sigen.jimdo.com

橋本昭夫(可燃ごみやバイオマスを生かす資源リサイクルのプロ)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

  • 電話:011-897-6209 (お電話の際、「マイベストプロを見た」とお伝えください!)
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土曜日・日曜日・祝日

このプロに問い合わせたい

最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
橋本昭夫 はしもとあきお

市民・農家の皆さんと共に北海道を資源循環の先進地に(1/3)

 「近年、地球環境問題がますます深刻化しています。中でもごみの問題が大きな割合を占め、道内の自治体も減量やリサイクルに取り組んでいますが、あまり進展していません。また、北海道には豊かなバイオマス(生物資源)がありますが、例えばホタテの業界で...

橋本昭夫プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

先駆的技術と現場経験から資源循環のトータルマネジメントを担う

会社名 : NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団
住所 : 北海道札幌市厚別区もみじ台7丁目11-9   [地図]
TEL : 011-897-6209

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-897-6209

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橋本昭夫(はしもとあきお)

NPO法人 北海道資源循環研究所 / 株式会社 市町村資源化事業団

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
オーストラリアのシドニーから報告(2)

シドニーの各地のゴルフ場で顔にまとわりつく、ハエは、どこから来るのか?1月末のコラム記事掲載から、もう1...

[ シドニーの家庭生ごみ資源化 ]

亜臨界肥料化工場建設企業が確定しました。

 地域のバイオマス廃棄物を原料として亜臨界アミノ酸肥料化工場建設を地元農家・市民の皆さんと共に自治体市町村...

[ 自治体市町村のごみ資源化支援 ]

オーストラリアのシドニーからの報告 (3)

シドニー市内ゴルフ場で、顔に、纏わりつくハエはどこから来るのか?シドニーから車で40分程のところに民間の...

[ シドニーの家庭生ごみ資源化 ]

オーストラリアのシドニーからの報告 (1)

11月から、南半球 オーストラリアのシドニーに来ています。人口400万人で、国内最大の都市ですが、首都は完全計...

[ シドニーの家庭生ごみ資源化 ]

市民・農家の交流会の案内
イメージ

9月12日(土)岩見沢地区の市民と旭川農家の交流会開催  参加希望の方は、下記岩見沢農家作田さんにご連絡く...

[ 交流会 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ