コラム

 公開日: 2017-11-26 

「北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない」

小笠原淳『見えない不祥事ーー北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』

 公文書開示請求(情報公開請求)を積み重ね、分析して、北海道警察が警察官の不祥事(犯罪等)を公表してなかったり甘い処分で済ませている実態を明らかにした本です。
 こう書くと、データを分析した本か実務書のようですが、ハードボイルド小説のような書きぶりになっていて、読み物として面白いです。内容は、特に北海道民にとっては、深刻な問題ですが。
 
 道警は、ひき逃げした警察官を1か月10%の減給で済まして、処分やひき逃げ事件を公表せずにいます(19頁)。
 そういう組織が、道民の生命財産を守る役割を負っていたり、また道民を被疑者として捜査対象にするということは非常に恐ろしいことだと思います。つまり、まともに守ってもらえるか期待できない、まともに捜査されないということであれば、犯罪に関わったときに本来であれば守られたはずの”人生”が破壊される危険が大きくなっているということです。


 警察という国民・社会にとって必要な組織をどう適正に運営するかは、法律レベルの問題もあります。
 法律を変えるというところまでいかなくても、報道や住民のチェックや裁判を起こすことで、警察組織への監視と抑制はある程度はできると思います。あとは、報道機関や住民が無関心にならずに行動するかにかかってくるでしょう。


 裁判所に刑事裁判を求める(起訴)役割は検察庁の検事の役割です。
 道警の不祥事の中でも有名な稲葉事件(映画「日本で一番悪い奴ら」にもなった)で出てくるロシア人に銃を密輸させたパキスタン人について、いないと偽証した警察官について、不起訴にした検事が2016年から鳥取地検の次席検事になっているという指摘があります(194頁)。
 文中に名前は出てきません。法務省人事の情報では、同年4月1日付けで鳥取地方検察庁の次席検事になっているのは田畑光行氏です。(田畑氏が不起訴にした担当検事かどうかは不確定です。)
 不起訴処分をした担当検事として名前が出ていたとしても、起訴不起訴の決済は担当検事の一存で決めるわけではない(検事正や次席検事の決済を取るし、事案によっては地検より上つまり高検とも協議するようです。)ので、担当検事だけを取り上げても酷な気がします。
 個別の不起訴処分について検察庁が今さらコメントすることはないとは思いますが、不起訴処分にした当時の札幌地方検察庁の検事正や次席検事が誰で、今どこのポストにいるのか気になるところです。


 稲葉事件に関して銃の密輸で有罪判決を受け服役したロシア人の再審で、無罪判決が出ています。
 この再審事件の審理は1回の審理で結審して証拠調べをせずに無罪判決になったとのことです。
 これは、証拠を調べてしまうと無罪判決の理由の中で警察の違法捜査に触れざるを得ないから、証拠調べを避けたという旨の指摘があります(195頁)。
 そういうことなら、札幌地裁の裁判官も相当なインチキをやっていることになります。
 裁判官は強力な国家権力を扱う公務員なので、実名を挙げて欲しいところでした(判決を検索して確認すれば分かりますが。)。

 
 薬物事件の検挙のノルマをクリアするため、協力者の仲介者や売人は通常は検挙しないで末端の薬物使用者だけを検挙するという話もかなり怖い話です(197頁)。
 この辺のことは、道警だけに限らなそうな気もします。


 組織を適正にしようとか上司の問題行動について意識を持って上層部に煙たがられる警察官だと、付けいる隙がないと遂には「証拠偽造」で検挙されるようです(196頁〜)。
 刑事事件で検挙されるに至らなくても、不当な懲戒処分を受けている警察官・職員は皆無ではないように思えます。不当な処分を受けた場合は、できれば審査請求や訴訟で戦って、組織の膿を少しでも明らかにして欲しいです。


〒060−0003
 札幌市中央区北3西7 1−1 SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所
電話070−5530−0884
弁護士 林 朋寛(札幌弁護士会所属)
http://www.sapporobengoshi.com
審査請求・行政訴訟 https://shinsaseikyuu.jimdo.com/

この記事を書いたプロ

北海道コンテンツ法律事務所 [ホームページ]

弁護士 林朋寛

北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL:070-5530-0884

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
行政問題 他

 税金や行政指導や行政処分で、国(税務署や各省庁)や北海道(その他の都府県)、市町村の対応に不満や疑問がある場合のご相談を重点的にお受けしています。 ...

中小企業の法務サービス

◎債権回収等に関する費用 通知書作成・送付  通常3万円  民事訴訟については、サービス・料金をご参照ください。  仮差押(保全)  相...

 
このプロの紹介記事
林朋寛 はやしともひろ

中小企業が抱える問題を法律的な側面から丁寧にサポート(1/3)

北海道大学植物園のすぐ近く、JR札幌駅や市営地下鉄さっぽろ駅・大通駅から歩いて約10分とアクセスの良い場所にある「北海道コンテンツ法律事務所」。弁護士の林朋寛さんは、中小企業をとりまくさまざまな問題に対応すべく2016年3月に同事務所を設立...

林朋寛プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

柔軟性とスピード感で中小企業の法的問題解決支援に強み

会社名 : 北海道コンテンツ法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL : 070-5530-0884

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

070-5530-0884

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林朋寛(はやしともひろ)

北海道コンテンツ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
飲食店のノーショー(無断キャンセル)やドタキャン

 飲食店で、予約した人(ニュースになるのは大抵は大人数)が来なかったり、予約時間の直前でキャンセルになるこ...

[ 中小企業 ]

「岡野工業」でさえも事業承継できずに廃業

 痛くない注射針などで有名な「岡野工業株式会社」が代表者の岡野 雅行さんが85歳になるのを機に廃業するとの報道...

[ 中小企業 ]

事業承継のセミナー
イメージ

 11月15日に札幌商工会議所で、【事業承継でチェックすべき基本的な法律問題】というセミナーを実施しまし...

[ 中小企業 ]

審査請求・行政訴訟のサイト

審査請求・行政訴訟に限ったシンプルなサイトを作成しました。https://shinsaseikyuu.jimdo.com一昔前は、...

[ 行政 ]

ジジコのコラム一覧

 林のコメントした情報サイトのジジコの記事(平成26年4月〜)を、分野別に整理しました。 【インターネット...

[ 法律問題一般 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ