コラム

 公開日: 2017-12-02 

札幌市職員の不祥事と処分の厳罰化について

 札幌市の職員のいわゆる不祥事が多発・続出していると報道されています。
 「不祥事」と言っても、同僚へのわいせつ行為があったという事案は強制わいせつ罪等の犯罪に当たるものであったのかもしれませんし、万引きは窃盗の犯罪です。懇親会費の着服は横領罪ですし、交通局の職務乗車証の不正利用は、行為態様によっては窃盗か横領か背任等の犯罪になりそうです。

 札幌市は、懲戒処分の指針の厳格化をして不祥事を抑止する方針ということのようです。

厳罰化で抑止できるのか

 不祥事の予防のために、懲戒処分を厳格化する、つまりは懲戒免職にする対象を広げるというようなことになると思います。
 ただ、いわゆる不祥事とくに犯罪になるようなことを故意に行っている場合は、発覚すれば免職になるかもしれないことは現状でも職員は意識できるはずです。にもかかわらず、不祥事とされる行為をしているのは、処分が重くないからというわけではないと思います。

 札幌市の幹部の認識は、現在の札幌市の職員は、軽い処分だと不祥事とされる行為をしてしまう程度の者なので、処分が重い処分になれば懲戒を恐れて行動を規制すると考えているのでしょう。
 そうであれば、その程度の職員を公務員にとどめておくべきではないでしょう。


 処分の厳格化のほか、副市長たちが役所を巡って再発防止を呼びかけるそうです。
 お偉いさんが講話して回るのは、むしろ不祥事の隠蔽をする圧力になるような気もします。

公務員の判断を信頼すべきではない

 札幌市の職員に限った話ではないのかもしれませんけれど、公務員の遵法意識や判断力は信用できないということを住民・国民は認識すべきでしょう。

 不祥事ばかりの役所の行う行政処分は、その事実認定や法律構成の正当性も疑わしいです。

 札幌市役所の処分を受けた場合は、少しでもおかしなところがあれば、遠慮することなく、審査請求や取消訴訟などでどんどん異議の声を出した方がいいです。


厳罰化で過度な懲戒処分も

 懲戒処分の厳格化をすることで、従来は同様の行為に対してなされていた懲戒処分がより重くなる場合があるでしょう。
 重い懲戒を受けた人が不服を申立てて訴訟で争った場合、裁判所の判断としては重すぎる懲戒処分として取り消される可能性もあります。

 また、不祥事に厳しい札幌市役所あるいは市長をアピールするために、人身御供のように、不当に重く懲戒される人も出てくる可能性もあります。
 重くなった懲戒処分を利用して、役所の上司に批判的な職員を排除することもあるかもしれません。
 

 単に不祥事を起こした職員を重く処分すれば済むという単純なものではないでしょう。


不祥事対策として

 不祥事にもいろいろな種類があって、全てに効果的な対策ということは難しいでしょう。
 職員の個人の精神的なケアが必要な場合もあるかもしれません。

 一般的になされるべき対策としては、記録の管理や情報公開がしっかりされていることや公益通報しやすい職場作りが大事だと考えます。
 役所の外からきちんとチェックされる、記録が残されていてチェックされやすくなっているということや、職場内から問題行為が明かにされやすくなれば、不祥事への抑止としては効果的だと思います。
 処分が重くてもバレないという甘い認識があるから、おかしな不祥事がなされやすくなります。

 ただ、役所としては、外からチェックされたり、内部から指摘が出るような状況は好ましくないのかもしれません。




〒060−0003
 札幌市中央区北3西7 1−1 SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所
電話070−5530−0884
弁護士 林 朋寛(札幌弁護士会所属)
http://www.sapporobengoshi.com
審査請求・行政訴訟 https://shinsaseikyuu.jimdo.com/

この記事を書いたプロ

北海道コンテンツ法律事務所 [ホームページ]

弁護士 林朋寛

北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL:070-5530-0884

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
行政問題 他

 税金や行政指導や行政処分で、国(税務署や各省庁)や北海道(その他の都府県)、市町村の対応に不満や疑問がある場合のご相談を重点的にお受けしています。 ...

中小企業の法務サービス

◎債権回収等に関する費用 通知書作成・送付  通常3万円  民事訴訟については、サービス・料金をご参照ください。  仮差押(保全)  相...

 
このプロの紹介記事
林朋寛 はやしともひろ

中小企業が抱える問題を法律的な側面から丁寧にサポート(1/3)

北海道大学植物園のすぐ近く、JR札幌駅や市営地下鉄さっぽろ駅・大通駅から歩いて約10分とアクセスの良い場所にある「北海道コンテンツ法律事務所」。弁護士の林朋寛さんは、中小企業をとりまくさまざまな問題に対応すべく2016年3月に同事務所を設立...

林朋寛プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

柔軟性とスピード感で中小企業の法的問題解決支援に強み

会社名 : 北海道コンテンツ法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL : 070-5530-0884

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

070-5530-0884

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林朋寛(はやしともひろ)

北海道コンテンツ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
飲食店のノーショー(無断キャンセル)やドタキャン

 飲食店で、予約した人(ニュースになるのは大抵は大人数)が来なかったり、予約時間の直前でキャンセルになるこ...

[ 中小企業 ]

「岡野工業」でさえも事業承継できずに廃業

 痛くない注射針などで有名な「岡野工業株式会社」が代表者の岡野 雅行さんが85歳になるのを機に廃業するとの報道...

[ 中小企業 ]

事業承継のセミナー
イメージ

 11月15日に札幌商工会議所で、【事業承継でチェックすべき基本的な法律問題】というセミナーを実施しまし...

[ 中小企業 ]

審査請求・行政訴訟のサイト

審査請求・行政訴訟に限ったシンプルなサイトを作成しました。https://shinsaseikyuu.jimdo.com一昔前は、...

[ 行政 ]

ジジコのコラム一覧

 林のコメントした情報サイトのジジコの記事(平成26年4月〜)を、分野別に整理しました。 【インターネット...

[ 法律問題一般 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ