コラム

 公開日: 2017-12-07 

民事訴訟の裁判の期日に被告が来ないのが”普通”

 準強姦の被害を主張している伊藤詩織氏が、山口敬之に対して起こした損害賠償請求訴訟の第1回口頭弁論期日が12月5日に東京地裁で開かれました。
 被告の山口氏本人と被告代理人の弁護士は出席しなかったそうです。


 民事訴訟では、被告は、争う旨の答弁書を出して、初回の裁判の期日に欠席するのは通常よくあることです。
 裁判所で取材している新聞社やテレビ局などは、このことは知っているはずなのに、民事訴訟の手続として普通のことなのに、その点には触れずに、被告側が欠席したということを事件によっては強調して伝えていたりします。
 

 民事訴訟に関わったことのない方は、裁判は初回から裁判の当事者(原告・被告)本人が出席しなければならないものだと思われているかもしれません。

 しかし、裁判の期日には、代理人の弁護士を依頼していれば、弁護士が出席すれば良いので、原告・被告それぞれの本人自ら裁判所に行く必要はありません。本人尋問など、当事者本人が来る必要がある時にだけ出席するということで問題ありません。

 そして、初回の裁判の期日は、裁判所と原告側で日程調整をして決定するのが通常です。原告が出席できる日時でないと裁判の手続が進みませんし、初回は被告側は出席する必要がないからです。
 被告には、訴状等と一緒に初回期日の呼出状が裁判所から郵送されます。

 被告は、初回の期日に出席しても構いませんし、欠席しても裁判を争う旨の答弁書を提出しておけば裁判を争わないと扱われて敗訴ということにはすぐにはなりません。
 この答弁書は、たいていの裁判では原告の請求に対して「請求棄却を求める」という形式的な答弁が記載されたものですから、民事訴訟の報道で「被告側は全面的に争う姿勢を示した」などと言っているのは、意味のある報道ではないです。形式的に全面的に争う(請求棄却を求める)と言っておかないとすぐに全部敗訴となってしまうからに過ぎないからです。


 私は、被告側で依頼を受けた場合は、基本的に初回の期日は出席しません。他に予定があればその予定を変更する必要はありませんし、特に予定がなくても他の仕事をする時間に充てればいいからです。
 民事訴訟の初回期日は、手続的なことで数分で終わる場合が多いです。ただ、事務所から裁判所に移動する時間等がもったいないです。ですから、多くの弁護士は、被告側になれば初回期日は行きません。



 上記の伊藤氏の裁判で、伊藤氏は、「被告(山口氏)が来るかもしれないと聞いていて緊張した」と感想を言っているそうです。ご自身の依頼した弁護士からどのような説明を受けているのかいないのか分かりませんが、被告の代理人弁護士が出てくれば済むので、被告本人はこの後の期日も出てはこないと思います。


 民事訴訟の実態に即した報道をしてもらいたいものです。


〒060−0003
 札幌市中央区北3西7 1−1 SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所
電話070−5530−0884
弁護士 林 朋寛(札幌弁護士会所属)
http://www.sapporobengoshi.com
審査請求・行政訴訟 https://shinsaseikyuu.jimdo.com/

この記事を書いたプロ

北海道コンテンツ法律事務所 [ホームページ]

弁護士 林朋寛

北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL:070-5530-0884

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
行政問題 他

 税金や行政指導や行政処分で、国(税務署や各省庁)や北海道(その他の都府県)、市町村の対応に不満や疑問がある場合のご相談を重点的にお受けしています。 ...

中小企業の法務サービス

◎債権回収等に関する費用 通知書作成・送付  通常3万円  民事訴訟については、サービス・料金をご参照ください。  仮差押(保全)  相...

 
このプロの紹介記事
林朋寛 はやしともひろ

中小企業が抱える問題を法律的な側面から丁寧にサポート(1/3)

北海道大学植物園のすぐ近く、JR札幌駅や市営地下鉄さっぽろ駅・大通駅から歩いて約10分とアクセスの良い場所にある「北海道コンテンツ法律事務所」。弁護士の林朋寛さんは、中小企業をとりまくさまざまな問題に対応すべく2016年3月に同事務所を設立...

林朋寛プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

経営革新等支援機関として中小企業の法的問題解決支援に強み

会社名 : 北海道コンテンツ法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL : 070-5530-0884

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

070-5530-0884

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林朋寛(はやしともひろ)

北海道コンテンツ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
るろ剣の北海道編の連載中止は妥当か

 漫画の『るろうに剣心』の作者が10代前半の女児の裸の動画の移ったDVDを所持していたとして、児童買春・児童ポル...

[ エンターテインメント法 ]

事業承継のセミナー
イメージ

 11月15日に札幌商工会議所で、【事業承継でチェックすべき基本的な法律問題】というセミナーを実施しまし...

[ 中小企業 ]

審査請求・行政訴訟のサイト

審査請求・行政訴訟に限ったシンプルなサイトを作成しました。https://shinsaseikyuu.jimdo.com一昔前は、...

[ 行政 ]

サッポロビールの極ゼロの訴訟について

 サッポロビールが国を相手に115億円の酒税についての取消訴訟を起こしたことについて、弁護士ドットコムニュー...

[ 税務 ]

ジジコのコラム一覧

 林のコメントした情報サイトのジジコの記事(平成26年4月〜)を、分野別に整理しました。 【インターネット...

[ 法律問題一般 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ