コラム

 公開日: 2018-04-06 

不倫の慰謝料請求を煽る広告

ネットの広告


 全国各地に支店を出している某A法律事務所が、最近、不倫相手に対する慰謝料請求を勧めるインターネット広告を出しています。

 配偶者(夫・妻)が浮気(不倫)をした場合に、その浮気相手に対して怒りを覚えるのは、自然なことかもしれません。
 その気持ちも分からないわけではありません。
 配偶者に浮気をされた夫あるいは妻としては、一般論として、不倫の相手に対して慰謝料請求をすることは法的には可能です。

 だからといって、慰謝料請求を煽るような広告を法律事務所が出すのはいかがなものかと思います。
 さらに、その広告では、「解決事例」として、慰謝料請求の事案としては比較的高額な慰謝料を獲得できた事例をいくつか掲載しています。
 300万円などといった具体的数字を出している事例を見ると、「自分もそれくらい取れるのでは」と期待したり、誤認したりする相談者もいるように思えます。


広告に踊らされない


 不倫の慰謝料は、不倫相手と不倫した配偶者が、他方の配偶者に対して共同で責任を負うものです(共同不法行為)。
 不倫相手にだけ、慰謝料請求して支払を受けたとしても、後で不倫相手から不倫した配偶者に対して支払った慰謝料のうちで相当部分を求償請求されることがあります。
 
 また、慰謝料請求をした場合は、既に結婚が破綻していた等の聞きたくない反論を受けることもあります。

 慰謝料請求が示談で解決せず、訴訟になって、請求額の一部でも判決で認められたとしても、
必ずしもその金額の支払を受けられることにはなりません。
 相手方の財産が無ければ、そもそも支払は期待できません。
 強制執行しようとしても、相手方の財産について有益な情報がないと実効性がありません。

 一口に慰謝料請求をしようと言っても、色々と覚悟しないとならないことがありますので、
広告を見て、まとまったお金を慰謝料名目で得られるものと過度に期待するのは避けましょう。


不倫事案についてのスタンス


 私の不倫事案についての考えは、基本的には、不倫問題は夫婦間の問題であって、
不倫相手に対する慰謝料請求は認めるべきではないと考えています。
 しかし、現在の日本の裁判実務では、不倫相手に対する慰謝料は認められていますので、
ご依頼があれば、きっちり請求して、判決を得れば強制執行して回収を図っています。


慰謝料請求を受けたら


 上記の法律事務所のように慰謝料請求をすることを勧めるところもあることから、
慰謝料請求を受ける立場にある人ももしかしたら増えるかもしれません。
 万一、そのような請求を受けた場合は、自分で抱え込まずに弁護士に相談することをお勧めします。
 過剰に高額な請求かもしれませんし、反論すべきこともあるかもしれません。
 依頼するかどうかはともかく、弁護士の相談は受けた方がいいです。



〒060−0003
 札幌市中央区北3西7 1−1 SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所
電話070−5530−0884
弁護士 林 朋寛(札幌弁護士会所属)
http://www.sapporobengoshi.com
審査請求・行政訴訟 https://shinsaseikyuu.jimdo.com/

この記事を書いたプロ

北海道コンテンツ法律事務所 [ホームページ]

弁護士 林朋寛

北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL:011-600-2701

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
行政問題 他

 税金や行政指導や行政処分で、国(税務署や各省庁)や北海道(その他の都府県)、市町村の対応に不満や疑問がある場合のご相談を重点的にお受けしています。 ...

中小企業の法務サービス

◎債権回収等に関する費用 通知書作成・送付  通常3万円  民事訴訟については、サービス・料金をご参照ください。  仮差押(保全)  相...

 
このプロの紹介記事
林朋寛 はやしともひろ

中小企業が抱える問題を法律的な側面から丁寧にサポート(1/3)

北海道大学植物園のすぐ近く、JR札幌駅や市営地下鉄さっぽろ駅・大通駅から歩いて約10分とアクセスの良い場所にある「北海道コンテンツ法律事務所」。弁護士の林朋寛さんは、中小企業をとりまくさまざまな問題に対応すべく2016年3月に同事務所を設立...

林朋寛プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

柔軟性とスピード感で中小企業の法的問題解決支援に強み

会社名 : 北海道コンテンツ法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL : 011-600-2701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-600-2701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林朋寛(はやしともひろ)

北海道コンテンツ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
甘い解説という批判には甘んじて受けます(「そだねー」の商標登録出願)

 コメントした記事が公開されました。ご覧いただければ幸いです。六花亭や北見工大生協が出願した「そだねー」...

[ 知的財産 ]

犯則調査

 国税局に脱税を疑われた場合は、犯則調査の対象になりえます。 犯則調査の対象になる、つまり犯則嫌疑者とな...

[ 税務 ]

審査請求・行政訴訟のサイト

審査請求・行政訴訟に限ったシンプルなサイトを作成しました。https://shinsaseikyuu.jimdo.com一昔前は、...

[ 行政 ]

フリーランスの移籍制限

 コメントした記事が公開されました。【芸能人等の移籍制限や芸名の使用禁止は「優越的地位の濫用」で法律違...

[ 中小企業 ]

ジジコのコラム一覧

 林のコメントした情報サイトのジジコの記事(平成26年4月〜)を、分野別に整理しました。 【著作権】 ...

[ 法律問題一般 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ