コラム

 公開日: 2018-04-28  最終更新日: 2018-04-29

「メンバー」という変な言い方も、「容疑者」というマスコミ用語もやめたら。

「メンバー」と言う違和感


 山口達也氏の強制わいせつ事件で、山口氏の肩書きを「メンバー」として「山口メンバー」という表現で報道がされています。
 この「メンバー」という職業なのか肩書きなのかよく分からないものには違和感があります。


 山口氏の所属するジャニーズ事務所に過去に所属していた芸能人が、公務執行妨害事件や公然わいせつ事件を起こした際にも、「メンバー」という言い方がされていました。
 他に「メンバー」というこのような使われ方が事件報道でマスコミに用いられたのは覚えがありません。

 この「メンバー」という言い方について、言い訳を述べている記事も散見しますが、
今ひとつスッキリ理解できません。


 書類送検だからつまり逮捕されていないから、という言い訳もあるようです。
 ただ、上記の公務執行妨害事件や公然わいせつ事件は現行犯逮捕されていたと思います。


 書類送検だと通常は実名報道しないからという言い訳もマスコミの側にあるようです。
 また、書類送検だと「容疑者」という言い方はしないというマスコミの用語の説明も見掛けました。

 私は、「容疑者」というマスコミの造語は、偏見に満ちた「被疑者」の言い換えだと思っていました。
 しかし、「容疑者」は逮捕された場合の言い方だというのであれば、今後はその用語の使い方に注意をしたいです。


 「メンバー」というのは、何のメンバーかというと所属するアイドルグループないしバンドのTOKIOのメンバーということなのでしょう。
 しかし、今回の事件は、TOKIOというグループには直接関係のない事件です。被害者と知り合った仕事は、TOKIOとしても仕事ではないでしょう。
 そうであれば、グループに関係ないのに「メンバー」と言うのは繋がらないように思えます。
 「メンバー」あるいは「バンドメンバー」を職業だと言うのも違和感があります。職業として言うなら「芸能人」「歌手」「タレント」「アイドル」と表現するのが自然で、何かの構成員を意味するだけの「メンバー」というのは不自然な表現です。

 不自然な「メンバー」を使う背景には、マスコミの日常的な犯人視報道・犯人扱い、犯人であればぞんざいに扱って良いという意識の裏返しで、山口氏の芸能人としての価値やTOKIOの価値を傷つけたり、番組の打ち切り等につながったり、所属事務所の経営者の不興を買うことのないように、犯人扱いしないという過剰な配慮が「メンバー」という表現を生んだように思います。


「容疑者」もおかしな用語


 警察などの捜査機関に、犯罪を犯したと「疑われている者」という意味の法律用語として、「被疑者」があります。
 「被疑者」というのは、単に警察等が疑っている「だけ」の話ですから、真実として犯罪を犯したかどうかとは関係ありません。合理的な根拠無く警察が疑っている場合もありますし、でっち上げような場合もありえます。

 しかし、「容疑者」というのは、疑いを容れる者、疑いを容認できる者というニュアンスです。

 「容疑者」というのは、あくまで捜査機関が疑いをもっている段階に過ぎません。
 そのような段階で、「容疑者」という呼称を用いるのは、警察の判断が正しいわけではないし、犯罪を犯したかどうかを決めるのは警察でもマスコミでもないわけですから、適切ではありません。

 被疑者を呼び捨てにして報道していた数十年前に、「人権保護」の観点から「容疑者」が使われ出しそうです。
 ただ、マスコミの認識や報道内容が適切になったようには思えません。

「さん」とか「氏」でいいでしょう

 刑事事件の被疑者や被告人に、特殊な呼称を付けようとしているから「容疑者」のような造語が必要になり、
忖度しないとならない事情があると、「メンバー」のような言い方をして、マスコミの欺瞞が露わになるのでしょう。

 仮に、実際に犯罪を犯した人であっても、マスコミから乱暴に扱われてよいことにはなりません。
 犯罪行為や態度等については厳しく非難されるとしても、個人としては敬意をもって扱われるべきです。
 今回の山口達也氏の件に限ったことではなく、今後は、「山口さん」とか「山口氏」という言い方でいいのではないかと思います。


〒060−0003
 札幌市中央区北3西7 1−1 SAKURA-N3
北海道コンテンツ法律事務所
弁護士 林 朋寛(札幌弁護士会所属)
お問い合わせフォーム https://bit.ly/2itpJhA
事務所HP http://www.sapporobengoshi.com
審査請求・行政訴訟 https://shinsaseikyuu.jimdo.com/

 

この記事を書いたプロ

北海道コンテンツ法律事務所 [ホームページ]

弁護士 林朋寛

北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL:011-600-2701

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
行政問題 他

 税金や行政指導や行政処分で、国(税務署や各省庁)や北海道(その他の都府県)、市町村の対応に不満や疑問がある場合のご相談を重点的にお受けしています。 ...

中小企業の法務サービス

◎債権回収等に関する費用 通知書作成・送付  通常3万円  民事訴訟については、サービス・料金をご参照ください。  仮差押(保全)  相...

 
このプロの紹介記事
林朋寛 はやしともひろ

中小企業が抱える問題を法律的な側面から丁寧にサポート(1/3)

北海道大学植物園のすぐ近く、JR札幌駅や市営地下鉄さっぽろ駅・大通駅から歩いて約10分とアクセスの良い場所にある「北海道コンテンツ法律事務所」。弁護士の林朋寛さんは、中小企業をとりまくさまざまな問題に対応すべく2016年3月に同事務所を設立...

林朋寛プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

柔軟性とスピード感で中小企業の法的問題解決支援に強み

会社名 : 北海道コンテンツ法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北3条西7丁目1-1 SAKURA-N3 [地図]
TEL : 011-600-2701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-600-2701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

林朋寛(はやしともひろ)

北海道コンテンツ法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
海賊版サイトとブロッキングについて

 林のコメントした記事が公開されましたので、お読みいただければ幸いです。違法海賊サイト「漫画村」等は許せ...

[ インターネットの問題 ]

甘い解説という批判には甘んじて受けます(「そだねー」の商標登録出願)

 コメントした記事が公開されました。ご覧いただければ幸いです。六花亭や北見工大生協が出願した「そだねー」...

[ 知的財産 ]

犯則調査

 国税局に脱税を疑われた場合は、犯則調査の対象になりえます。 犯則調査の対象になる、つまり犯則嫌疑者とな...

[ 税務 ]

フリーランスの移籍制限

 コメントした記事が公開されました。【芸能人等の移籍制限や芸名の使用禁止は「優越的地位の濫用」で法律違...

[ 中小企業 ]

ジジコのコラム一覧

 林のコメントした情報サイトのジジコの記事(平成26年4月〜)を、分野別に整理しました。 【著作権】 ...

[ 法律問題一般 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ