コラム

 公開日: 2013-09-27 

土下座

巷では、阿部サダヲの「謝罪の神様」という映画が話題を呼んでいるようですね。
テレビでも、「半澤直樹」の中では、謝罪というか、土下座のシーンがありました。
札幌市内でも、全国チェーンのお店での土下座事件があり、かなり話題になったとか。

そんな中、「土下座」について、お問合せを頂きました。

土下座は、礼儀(お辞儀)で言うと、一番深く丁寧な心を込めた礼と言えるのかもしれません。

私は、ビジネスマナーを教えていますが、国際マナーの中にも私の教えるビジネスマナーの中にも、『土下座』はありません。(欧米では、いつも靴を履いていますので、床に座り込むのはありません)

『敬礼』という45度の深々としたお辞儀が、感謝も謝罪もきちんと伝えることが出来ると教えます。
そして上半身の角度よりも、上半身を折った低い位置での静止の時間で、丁寧さや心情を表すと教えています。

『土下座』と聞くと、何とも芝居がかっているように感じてしまいます。

本来、江戸から明治・大正期までの日本人は、地べたに座ったりしゃがんだりする動作をすべて土下座と言っていました。
地べたにあぐらをかいて座るのも、いわゆるうんこ座りもすべて土下座だったのだそうです。
ということは、そもそも、土下座に謝罪のイメージはなかったということでしょう。

『土下座』をするのは、誠意では伝わらない相手に、早く決着をつけてその場を収めたいという気持ちが働くのかもしれません。
土下座をした、床に就きそうな顔面は、本当に真摯な表情なのでしょうか・・・?

『土下座』をさせるのは、優越感・威嚇等、勝ち誇った事実を自分はもちろん、相手にも周囲にも見せつけたいからかもしれません。

通常、健全な精神を持っている人間同士であれば、気持ちのこもった反省の言葉と表情が伝われば、それ以上の何を謝罪に求めるでしょう?
責任賠償のようなものが存在ことも多々ありますが、それでも最終的には、いえ、一貫して「誠意が欲しい、誠意が伝われば・・・」が唯一無為なのでは。

感情や精神は、肉体と繋がっているので、感情があふれると必ず表情をはじめあらゆる身体の部分に現れます。謝罪はそれが、できれば、そして伝わってくると、そこで一件落着にしたいものですね。

「問い合わせをうけた」と言いました。
北海道の大手企業の不祥事も毎日のようにメディアに流されているので、そういう謝罪時のマナーについてのコメントを求められているのかと思いました。
ですが、話が進むにつれて、土下座の仕方とマナーを知りたい、という話になってしまい、残念なことに私には、協力できなくなってしまいました。
(インターネットで調べたら、“土下座の作法”的な解説を見つけたので、そういうことが存在はするのでしょうけど・・・)

お辞儀のマナーは確かにあり、上半身の角度で、種類分けをしています。
どんな時に、どんな気持ちでその礼を使うか、を教えます。
私は、多少角度が違っても、気持ちがにじみ出るように、伝えます。
『土下座』は・・・私の中では存在させたくないですね。

心や人の感情より、情報で世の中が面白おかしく振り回されているようで、怖い・・・私だけでしょうか?

この記事を書いたプロ

株式会社ブロッサム [ホームページ]

キャリアコンサルタント 井島惠子

北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL:011-261-8055

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
サービス案内&特徴

企業全体の利益アップ・売上アップにビジネスマナーやコミュニケーションは不可欠です。企業のイメージや評価は社員の言動一つで決まることも少なくありません。BLOSSO...

いじまの想い

札幌のライフマガジン「POROCO」4月号(’08年3月20日発売)の「美人の作り方」にて、BLOSSOMのイメージコンサルティングが紹介されました。ご掲載後には、たくさんの...

 
このプロの紹介記事
井島惠子 いじまけいこ

自己流を一流の企業人へと育てる、マナー&イメージコンサルティング(1/3)

 初対面で、「信頼できそう」「誠実そう」「優しそう」などと感じる第一印象は、たった5〜15秒で決まると言われています。いわゆる「初頭効果」とも呼ばれており、その短時間で私たちは、「敵か味方か」「好きか嫌いか」といった区別をしています。 ...

井島惠子プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

NLPを取り入れた研修でメンタルを強化し人間力を伸ばす

会社名 : 株式会社ブロッサム
住所 : 北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL : 011-261-8055

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-8055

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新入社員フォロー研修の勧め

 新入社員の早期離職を抑制する 苫小牧市主催の「新入社員フォロー研修」を担当させていただきました。い...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

ワーク・ライフバランスを理解しよう
イメージ

 一億総活躍時代とワーク・ライフバランス 人口オーナス期の今とこれからに向かい、安倍内閣が「一億総活躍...

[ 日常 ]

[言葉を選べる]ということ

 ある日の体験談 「上司や先輩に『あなた、これができなかったら、次には進めないわよ。これができなかったら...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

“目的”が無いと、最後に得るものは“達成感”ではなく、 “結果”でしかない

 “大学進学”の意味 NHKの朝の連続テレビ小説【あさが来た】は、今女子大学校の開校に向けて、いよいよ、という...

[ 日常 ]

御餞別のマナー

3月は様々な移動の時期。周囲には、転勤や転職、退職、引っ越しなどをする方も多いのでは?そんな方に、これ...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ