コラム

2014-09-01

「人の目が気になる」心理

「人の目」が気になるとき。

十人十色で、人はそれぞれ。
分かっちゃいるけど・・・わかろうとしてるけど・・・。
なぜか人の目が気になり、『私は私!!』とぶれずにいることは、簡単ではありません。

例えば、
フェイスブックに投稿する時、
『私は私!』というより
『ねえ、ねえ、私ってすごいでしょ?!』と実は言いたいのかもしれない。

私、こんな所に行ってきた
⇒こ~んな所に行ける私ってすごくない!?

私、こんなお店でこれ食べました
⇒こ~んなお店を知ってる私ってどう!こんなスゴイものを食べられる私ってどう?!

フェイスブックでついつい、他人の投稿を読んでいる時、
『私は私!』というより
『私の方がこの人より、すごいはず!』と確信したいのかもしれない。

あの人こんなお店に行ったんだぁ
⇒ああ、私も行ったことがある、へぇ、あの人は初めて行ったんだぁ。

あの人こんなお店であれ食べたんだぁ
⇒えっ、それどこ?えっ、私、知らない…。やだぁ。


こんなふうに、「人の目」を気にしてしまっている時はありませんか。

「人の目」とは、自分の心が作り出した自分の影のようなものかもしれません。
やけに、自分の影が気になることがあるものです。
例えば、
ちょっと落ち込んでいたり、自信がなくなっているとき、わけもなく不安なとき等です。

そんな時は「人の目」が気になります。
自分はどう思われているのだろうかと気になります。
そしてしまいには、自分の影を気にして恐れたりイヤがったりしてしまうのです。

もしかすると、「人の目」とは、
“人が自分のことをどう考えているか”というよりも、
“自分が自分のことをどう考えているか”のほうが近いのかもしれません。


私たちが「人の目」が気になる時には、2つのパターンがあります。

1つは、「嫌われている」「責められている」「バカにされている」「悪く思われている」などと、自分のことを否定的に見られたり、低く見られることが気になるというもの。

まわりの人からそのように見られると、腹が立ったり、悲しかったり、淋しかったり、みじめな感じがしたりと、嫌な感情を感じます。

そしてもう1つは、「うらやましがられている」というように、自分のことを良く見られたり、高く見られることが気になるというものです。

自分のことを良く見られる優越感、同時に相手を上から目線で見下すことで、誇らしい、勝ったという感情を感じます。


どちらにしても、そこにあるのは、「人の目」でみた現実ではなく、
自分の目で見た妄想です。自分の心が創りだした自分の影なのです。

この記事を書いたプロ

株式会社ブロッサム [ホームページ]

キャリアコンサルタント 井島惠子

北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL:011-261-8055

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス案内&特徴

企業全体の利益アップ・売上アップにビジネスマナーやコミュニケーションは不可欠です。企業のイメージや評価は社員の言動一つで決まることも少なくありません。BLOSSO...

いじまの想い

札幌のライフマガジン「POROCO」4月号(’08年3月20日発売)の「美人の作り方」にて、BLOSSOMのイメージコンサルティングが紹介されました。ご掲載後には、たくさんの...

 
このプロの紹介記事
井島惠子 いじまけいこ

自己流を一流の企業人へと育てる、マナー&イメージコンサルティング(1/3)

 初対面で、「信頼できそう」「誠実そう」「優しそう」などと感じる第一印象は、たった5〜15秒で決まると言われています。いわゆる「初頭効果」とも呼ばれており、その短時間で私たちは、「敵か味方か」「好きか嫌いか」といった区別をしています。 ...

井島惠子プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

NLPを取り入れた研修でメンタルを強化し人間力を伸ばす

会社名 : 株式会社ブロッサム
住所 : 北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL : 011-261-8055

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-8055

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ワーク・ライフバランスを理解しよう
イメージ

 一億総活躍時代とワーク・ライフバランス 人口オーナス期の今とこれからに向かい、安倍内閣が「一億総活躍...

[ 日常 ]

[言葉を選べる]ということ

 ある日の体験談 「上司や先輩に『あなた、これができなかったら、次には進めないわよ。これができなかったら...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

“目的”が無いと、最後に得るものは“達成感”ではなく、 “結果”でしかない

 “大学進学”の意味 NHKの朝の連続テレビ小説【あさが来た】は、今女子大学校の開校に向けて、いよいよ、という...

[ 日常 ]

御餞別のマナー

3月は様々な移動の時期。周囲には、転勤や転職、退職、引っ越しなどをする方も多いのでは?そんな方に、これ...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

職場の人間関係
イメージ

『職場の人間関係』は働いていれば、必ずぶつかる悩みの一つです。本日発売の札幌の情報雑誌『poroco』の2月号...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ