コラム

 公開日: 2015-03-30 

挨拶はできていますか?挨拶をしていますか?

私はビジネスマナーのインストラクターです。
ですから、ビジネスマナーの中で、挨拶の重要さについて、教えます。
礼儀でもあり、人間関係を構築するためにも、役にたつからです。

そして、『挨拶』だけをピックアップして、教えることも少なくありません。

クライアント様からのリクエストも多いので、
それほどいつの時代も『重要なマナー』として認識されているのだと思います。
同時に、「わかっていると思っているほど、現実にはできていない!」ということでもあるようです。

思い起こせば、人が親から最初に教わるマナーが、『挨拶』かもしれません。

朝起きて、「おはよう」
食事の時、「いただきます」「ごちそうさまでした」
人から何かをもらったら 「ありがとう」
そして就寝 「おやすみなさい」

先日も、『マナー教室』という2時間の研修を某企業にてさせて頂きました。

私の「挨拶とは、なんでしょう?」というアバウトな問いに対し、
一人の男性職員の方(少々年配の方)が「挨拶は心のマナーです!私はそう思います!」と言いました。

私の研修は、参加者の言葉を繋いで進めるので、
「挨拶は心のマナー」をその研修の最初の大きなテーマにします。

常識とか礼儀というより、自分の相手に対する心配りや、マナーを伝えるのが挨拶。
『あなたに気が付きましたよ、どうぞ宜しくお願いします』
または
『私はここにいます。気付いてくださいね』
そのような意味を込めて、挨拶は相手に伝えます。

心理学的には、挨拶は『ストローク』となり、
「認めています」「あなたを大事に思っています」という愛のメッセージです。
このストロークを受け取って、嫌な気持ちになる人はいません。
「認められている」「愛されている」という安心感になるのです。

さて、では具体的に、どの様に挨拶をするとよいでしょう。

1.挨拶を送る相手を見て
2.挨拶敬語、例えば「おはよう!」に合う、声のトーンと抑揚をつけて
3.大事な人が目の前に居るイメージを強化して、表情をつけて
4.はっきりと声を出して「お・は・よ・う!」と言います。
5.相手が返事をし終わったら、目を離して、その場から移動します。

出来ていますか?
はっきり言わないと、「おはよう」が「お・・う」に聞こえてしまいます。

さて、挨拶をされた側は、
ただうなづくだけだったり、声を出さないというのは言語道断。
「おはよう!」には「おはよう!」と返事をするのが、ルールです。

出来れば、互いの共通の話題について、一言添えることができたら、人間関係の距離も近づいていきます。
または、相手が「そうだね!」と気軽に応えられるような一言です。

その昔、江戸では、「世辞が言えたら一人前」と言われていました。

『世辞』とは、人に会った時、挨拶の次に言うべき、「ご機嫌伺いの言葉」です。
例えば、「こんにちは」や「おはよう」のあとにいう、「近頃、すっかり春の陽気ですね」のような言葉です。
江戸時代、このような世辞は、人間関係をスムーズにするための外交辞令だったのでしょう。

江戸時代、子を持つ親は、『9歳前後までにいっぱしの世辞が言えるように』躾たといいます。
当時の9歳といえば、江戸商人の卵のようなもの。大人と対等に挨拶ぐらいできなくては話にもならなかったのでしょう。
いっぱしの世辞が言えたら、この子は周りの大人に可愛がられて、ちゃんと生活していける、という親としての安堵感もあったとか。

さあ、現代では人と人とのコミュニケーションは十分にとれているでしょうか?
仕事や私生活でメールでのやりとりが多くなり、人と人との温もりのある関係が希薄になってきていることは否めません。
家庭内の挨拶や町内会での挨拶も、忘れかけているのでは?

語りかけた側が人間らしい温もりのある表現を使ったのなら、やはり返事をする側も、人間らしく対応をするべきでしょうか。
どちらか片方のみが心を遣って語りかけても、相手がそっけない反応をしたら、それは一方通行です。

会話もしかり、そしてその前に挨拶もしかり、です。
親に教わった挨拶…ちゃんと実践できているか、見直すにはちょうど良い時季かもしれません。

この記事を書いたプロ

株式会社ブロッサム [ホームページ]

キャリアコンサルタント 井島惠子

北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL:011-261-8055

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
サービス案内&特徴

企業全体の利益アップ・売上アップにビジネスマナーやコミュニケーションは不可欠です。企業のイメージや評価は社員の言動一つで決まることも少なくありません。BLOSSO...

いじまの想い

札幌のライフマガジン「POROCO」4月号(’08年3月20日発売)の「美人の作り方」にて、BLOSSOMのイメージコンサルティングが紹介されました。ご掲載後には、たくさんの...

 
このプロの紹介記事
井島惠子 いじまけいこ

自己流を一流の企業人へと育てる、マナー&イメージコンサルティング(1/3)

 初対面で、「信頼できそう」「誠実そう」「優しそう」などと感じる第一印象は、たった5〜15秒で決まると言われています。いわゆる「初頭効果」とも呼ばれており、その短時間で私たちは、「敵か味方か」「好きか嫌いか」といった区別をしています。 ...

井島惠子プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

NLPを取り入れた研修でメンタルを強化し人間力を伸ばす

会社名 : 株式会社ブロッサム
住所 : 北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL : 011-261-8055

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-8055

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新入社員フォロー研修の勧め

 新入社員の早期離職を抑制する 苫小牧市主催の「新入社員フォロー研修」を担当させていただきました。い...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

ワーク・ライフバランスを理解しよう
イメージ

 一億総活躍時代とワーク・ライフバランス 人口オーナス期の今とこれからに向かい、安倍内閣が「一億総活躍...

[ 日常 ]

[言葉を選べる]ということ

 ある日の体験談 「上司や先輩に『あなた、これができなかったら、次には進めないわよ。これができなかったら...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

“目的”が無いと、最後に得るものは“達成感”ではなく、 “結果”でしかない

 “大学進学”の意味 NHKの朝の連続テレビ小説【あさが来た】は、今女子大学校の開校に向けて、いよいよ、という...

[ 日常 ]

御餞別のマナー

3月は様々な移動の時期。周囲には、転勤や転職、退職、引っ越しなどをする方も多いのでは?そんな方に、これ...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ