コラム

2016-06-13

[言葉を選べる]ということ

ある日の体験談

「上司や先輩に『あなた、これができなかったら、次には進めないわよ。これができなかったら、あなたに仕事を任せることはできないの!』と言われることがあります。
今までは、その言葉や言い方にひどく傷つき、落ち込んでばかりいたのです。
でも最近は『これができたら、次に進める。これができたら仕事を任せる』って言ってくれたらいいのに、とちょっと落ち着いて相手の言葉を聞けるようになりました。
NLPを学んでから“言葉を選ぶことが大切なんだ”と気づけるようになりました。」


私はNLPという実践心理学のトレーナです。
授業の中で、学びに来ている受講生さんから、いつもたくさんの“気づき”を共有させてもらっています。

先日も、とっても物静かでおとなしく見えるTさんが、授業の前に必ずする『グッド&ニュー』で、言葉を選ぶことの意味を話してくれた時、なんだか感動してしまいました。

Tさんは授業の最初のほうは、暗いイメージで薄いガラスのように見えました。
職場での悩みや不安も抱え、声にならないため息でお話をするような印象でした。
しかし、授業が進むにつれ、下を向いていた顔が上がり、かすれた声が力を増し、暗く見えた顔に明るい表情がもどりました。
そして、言葉のもつパワーを感じ取ってくれた今、Tさんは本来の自分らしさを取り戻したようです。

肯定的な言葉と、肯定的な表現を

NLPの授業では、最初に受講生の皆さんに約束をしてもらいます。
「否定的な言葉は使わない、肯定的な言葉で肯定的に表現しよう」です。

例えば、
「不幸にならないように頑張る」のではなく、「幸せになるために頑張る」のです。
「転ばないように歩く」のではなく「上手に歩く」です。

えっ!?という、あまりに簡単なことなのです。
でも、人は否定的な言葉をついつい当たり前のように使い、他社も自身までもを嫌~な気分にさせてしまっていることが多いのが現状なのです。

そして、このあまりに簡単な「肯定的な言葉を使って表現する」ということは、実は結構難しく、うまくできていないことも事実なのです。

NLPは実感できると、その内容や理論が自分の中にぐわ~っと入ってきます。
Tさんは、よいことに気が付いたのです。

私はトレーナーとしてTさんに言いました。
「今度は、そう感じたら、Tさんが否定的な表現をバックトラックして、肯定的な表現にリフレーミングして伝えてあげたら、その相手をリーディングできそうだね!」

「これができなかったら、次には進めない」と言われたら
「これができなかったら次には進めないんですね?ということはこれができたらどんどん次に進んでいけるってことですね!?」という具合に。
相手も、「そうね、そういうことね!」ということになるでしょう。
相手が本当に言いたいことは、『次に進みましょう』ということではないでしょうか?
お互いホンネで素直に表現したいですね。
Tさんだってグチグチ嫌味チックにいわれるより、すっきりさわやかに励まされたほうが気分よく仕事が進むはず。

そう、これが「言葉の力」なのです。

人をダメにしてしまう言葉

先日、植松電機の植松努さんの講演を聞く機会がありました。
その中で、
「たくさんの夢を持っていても、その夢を持つ人を殺す言葉がある。
それは「どーせ、無理!」。その一言で夢を持った人を殺してしまうのです」
とお話しされていた。

当初は植松努さんが「ロケットを作る」といったとき
周りからは、「そんなことできるわけない!」と、
社長からは「金にならん、もったいない」と
社員からは「やったことがないから出来ない」と

「できない、できない」「無理だ」「金がもったいない」否定的な言葉の雨嵐。

普通ならばここで「やっぱりやめとこおうかな・・・」と思ってしまうところですが、
そんな状況の中でも、植松努さんは宇宙開発をスタートさせました。

「無理だ、できない」という否定的、疑い、不安な空気が支配する中で、
「60年も前の人たちができたんだから、僕たちにもきっとできるだろう」と。

言葉は言霊

「どーせ、無理」じゃなく、
「いいじゃん!」
「やってみたらいいよ!」
と言えたら、言われたらどうだろう?

その人が発する言葉には、その人の人間性が現れる、と言います。

言葉はしっかり選んで、そして意図をもって使えたら、素直に表現できたら、きっと自分も周囲の人も豊かにする言葉になるのです。

o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■
株式会社ブロッサム
代表取締役 井島恵子
札幌市中央区南4条東1丁目4-1
      フォーシーンBLD910
 ☎011-261-8055

この記事を書いたプロ

株式会社ブロッサム [ホームページ]

キャリアコンサルタント 井島惠子

北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL:011-261-8055

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス案内&特徴

企業全体の利益アップ・売上アップにビジネスマナーやコミュニケーションは不可欠です。企業のイメージや評価は社員の言動一つで決まることも少なくありません。BLOSSO...

いじまの想い

札幌のライフマガジン「POROCO」4月号(’08年3月20日発売)の「美人の作り方」にて、BLOSSOMのイメージコンサルティングが紹介されました。ご掲載後には、たくさんの...

 
このプロの紹介記事
井島惠子 いじまけいこ

自己流を一流の企業人へと育てる、マナー&イメージコンサルティング(1/3)

 初対面で、「信頼できそう」「誠実そう」「優しそう」などと感じる第一印象は、たった5〜15秒で決まると言われています。いわゆる「初頭効果」とも呼ばれており、その短時間で私たちは、「敵か味方か」「好きか嫌いか」といった区別をしています。 ...

井島惠子プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

NLPを取り入れた研修でメンタルを強化し人間力を伸ばす

会社名 : 株式会社ブロッサム
住所 : 北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL : 011-261-8055

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-8055

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ワーク・ライフバランスを理解しよう
イメージ

 一億総活躍時代とワーク・ライフバランス 人口オーナス期の今とこれからに向かい、安倍内閣が「一億総活躍...

[ 日常 ]

“目的”が無いと、最後に得るものは“達成感”ではなく、 “結果”でしかない

 “大学進学”の意味 NHKの朝の連続テレビ小説【あさが来た】は、今女子大学校の開校に向けて、いよいよ、という...

[ 日常 ]

御餞別のマナー

3月は様々な移動の時期。周囲には、転勤や転職、退職、引っ越しなどをする方も多いのでは?そんな方に、これ...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

職場の人間関係
イメージ

『職場の人間関係』は働いていれば、必ずぶつかる悩みの一つです。本日発売の札幌の情報雑誌『poroco』の2月号...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

決断の時に

『人生は選択と決断の繰り返し』本当にその通りで、だからこそより多くの選択肢の中からベストの決断をしたいと...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ