コラム

 公開日: 2016-10-06 

週休3日制とワーク・ライフ・バランス

「週休3日制」がくる

政府による働き方改革が動き出している中で、
ヤフーが数年内に週休3日制を導入することを検討しているという発表がありました。
話題になっています。

ワーク・ライフ・バランスを進めていく大きな意味は、柔軟な働き方の導入で優秀な人材の確保につなげていくことでもあります。
「週休3日制」を導入する主な目的も働き方の多様化を進めるためです。

「週休3日」にするために

週休をふやすということは、日常の仕事を今以上に効率化して
「時短」で仕事を進めていくことが実現していなければ、ムリな話になってしまいます。

また私のようなワーカーホリック人間も少なからず存在します。
余暇の使い方も考えておかなければ、休みを与えられても結局は『なんとなく出社してしまった・・・』などということも起こりそうです(笑)


時代は本当に進んでいて、
私もワーク・ライフ・バランスのコンサルテントとして「仕事効率化」と「タイムマネジメント」の話をする機会が増えました。
多くの役割を持ちながら働かなくてはならない人材の能力を活かし、活用するためにも、ワーク・ライフ・バランスは重要です。
どの役割もおろそかにするわけにはいきません。
親であり、配偶者であり、子供であり。
子どもの面倒をみ、配偶者になにかあれば支え、親の看護や介護もしてやりたい。
少子化の現代、肩にのっている役割とその責任は重く、大きくなっているのです。

当たり前ですがそれらの実現のためには、現状の『無駄な時間』を徹底して見直していくことから開始するのです。
自分でもやってみて、
「メールチェックと言いながら、ネットサーファーになっていたわ」
「会議にとられている時間が多い。実際に会議の場で初めて議題を知らされて、いい意見が交わせるわけないじゃないの」
「あら、隣の席の同僚とちょっとした雑談の時間も結構ある。あ、喫煙ルームに行っている時間も、集めれば結構あるんだ~」
と、まあまあ『無駄な時間』のあること、あること。

自分にとっての「時間」を考える

簡単な話、『無駄な時間』だと感じたところを『有益な時間・仕事の時間』に変えて行けば、
仕事のスピードや時間の使い方はかなり変化していきます。
もしかすると、これを一週間で考えれば、8時間くらいの時短が可能になってくるかもしれません。

休みが増えますね。

そして、アフターファイブに、同僚と社外で話をしたり、自分の好きな趣味に時間を当てていくとよいのです。

そのような割り振り、割り切りが必要です。

但し、『仕事をしていない時間』が全て『無駄な時間』とは言い切れません。
何が、どこが『無駄な時間』であるかを、自分の基準と会社の基準で、しっかり考える事、決めることが大事なのです。

何気なく開いたインターネットのサイトから、仕事のヒントを得ることがあります。
普段話すことの無い同僚や上司と、会議の席だからこそ会って近況を話せるというメリットもあります。
隣の席の部下や同僚との雑談からも、仕事の進捗や悩みを聞くことがよくあるものです。

「週休3日」になっても、大事に残したいこと

だからこそ「仕事の効率化」を盾に、コミュニケーションやビジネスマナーの崩壊にならないように気を引き締めることも重要だと、
私は考えています。

ちょっと泥臭い、人や気持ちのしがらみも、人として成長するには不可欠な事だと思っています。
自分のビジネスモデルも、目の前に存在してくれているからこそ、目標になりモチベーションアップにもなるはず。
人と人が支え合って、大きな仕事が達成できていく、そのチームワークや組織の良い面が、失われないようにだけは、したいものです。

「週休3日」はすぐには手に入らなくても、
残業や休日出勤が減らせるように、本当に真剣に考えなければならない時代です。
今の自分の会社の勤務状況で、新入社員は夢を持って入ってくるでしょうか?

#ワーク・ライフ・バランス
#週休3日
#ヤフー
#仕事効率化

//////////////////////////////////////////////////////////
■株式会社BLOSSOM
■■人材育成コンサルタント 井島 恵子
■■■札幌市中央区南4条東1丁目4-1
             フォーシーンBLD910
■■■TEL:011-261-8055  FAX:011-261-8056
■■■■E-mail ijima@blossom.org.uk
■■■■URL http://www.blossom.org.uk/

 ホームページがリニューアルしています!
//////////////////////////////////////////////////////////

この記事を書いたプロ

株式会社ブロッサム [ホームページ]

キャリアコンサルタント 井島惠子

北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL:011-261-8055

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
サービス案内&特徴

企業全体の利益アップ・売上アップにビジネスマナーやコミュニケーションは不可欠です。企業のイメージや評価は社員の言動一つで決まることも少なくありません。BLOSSO...

いじまの想い

札幌のライフマガジン「POROCO」4月号(’08年3月20日発売)の「美人の作り方」にて、BLOSSOMのイメージコンサルティングが紹介されました。ご掲載後には、たくさんの...

 
このプロの紹介記事
井島惠子 いじまけいこ

自己流を一流の企業人へと育てる、マナー&イメージコンサルティング(1/3)

 初対面で、「信頼できそう」「誠実そう」「優しそう」などと感じる第一印象は、たった5〜15秒で決まると言われています。いわゆる「初頭効果」とも呼ばれており、その短時間で私たちは、「敵か味方か」「好きか嫌いか」といった区別をしています。 ...

井島惠子プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

NLPを取り入れた研修でメンタルを強化し人間力を伸ばす

会社名 : 株式会社ブロッサム
住所 : 北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL : 011-261-8055

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-8055

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新入社員フォロー研修の勧め

 新入社員の早期離職を抑制する 苫小牧市主催の「新入社員フォロー研修」を担当させていただきました。い...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

ワーク・ライフバランスを理解しよう
イメージ

 一億総活躍時代とワーク・ライフバランス 人口オーナス期の今とこれからに向かい、安倍内閣が「一億総活躍...

[ 日常 ]

[言葉を選べる]ということ

 ある日の体験談 「上司や先輩に『あなた、これができなかったら、次には進めないわよ。これができなかったら...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

“目的”が無いと、最後に得るものは“達成感”ではなく、 “結果”でしかない

 “大学進学”の意味 NHKの朝の連続テレビ小説【あさが来た】は、今女子大学校の開校に向けて、いよいよ、という...

[ 日常 ]

御餞別のマナー

3月は様々な移動の時期。周囲には、転勤や転職、退職、引っ越しなどをする方も多いのでは?そんな方に、これ...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ