コラム

 公開日: 2017-03-20 

人材を育てる

新入社員の現状

フレッシュマンの入社時のビジネスマナー研修は一つの“慣わし”になってしまっていると感じる。
もちろん、悪いことではなく良いことだ。
ただ、できれば研修というものは有効に活用し、効果を出していきたいはずだ。

余談だが、
私がマナーインストラクターになった頃は、北海道に素晴らしい先輩がいた。
マナーインストラクターの第一人者だと思う。
その方は当時NTTに在籍されていた伊藤さんだ。
20年もたつのに、まだお目にかかったことがない。
でも今でも私にとって大きな存在で、その背中を追っている感覚を大事にしたいと思っている。
平成5年の頃には、ビジネスマナー研修は新人教育のスタートとして行われ、今に至っている。

新人研修の今・昔

さて、話を20年前の新人研修に戻すと、
右も左もわからない新人たちは、覚えなければならないという業務命令のような気持で、
マナー研修を受けているように見えた。
一人前になる登竜門が新人研修。
学校では教えてくれないビジネスマナーが新鮮でもあり、興味を引き、そして必須だった。

あれから20年。
大学でも「就活のためのビジネスマナーセミナー」は当たり前のように行われるので、
入社時の研修は“ほぼわかっている”ことが多い。
そつなく、理屈を理解してもらえる。

研修が本当に必要な時期

とはいえ、「知っていること」が「できる」とは限らない。
が、4月の時点では、「知っている」ので「できそう」に思えている。

実際にビジネスマナーを復習したくなるのは、半年後から10か月後かもしれない。

独り立ちする時期に、急に不安になる。「これでいいんだっけ?」と。
名刺の交換も、席次も、会話の仕方も、報告のあげかたも。
ところが、「今更聞けない・・・」雰囲気を感じるのだ。

弊社では新人のフォロー研修をご提案し続けているが、
「時期が合わない」「現場に任せている」等々の理由で、なかなか実現しない。
現場力が本当にあればいいのだが・・・。

「1年目の同窓会」ある業界での取り組み

そんな中、建設業協会様の人材育成プログラムの「1年目の同窓会」の講演をさせていただく機会があった。
二回目の取り組みなのだそうだが、早期離職を防ぎ、モチベーションを維持し、
同期の関係の継続を考えての、建設業の業界一致の熱い想いを感じることができた。

3~5年先輩の体験談と交流もあり、身近なロールモデルを見つけることができそうだ。

講演は「自分の明日を考えよう!」というテーマで目標を持ち、自分を変えていく習慣力の話をした。
そのあとはグループワークで、実際に起こりうることを題材にしたケーススタディを考えてもらう。

私は、1年目に向けて、後輩を受け入れる心の準備のためにも、この建設業協会様のような取り組みに賛成だ。

正直、1年目の社員でも、現代はまだまだ言動に幼さがあることは否めないが、
確実に成長していることも確かなのだ。
普段と違う環境の中で、新たな気づきがあるに違いない。

今回は実践的なビジネスマナーの話はなかったが、
会社の顔としての自覚を裏付けるビジネスマナーやコミュニケーションの手法について、教えたくてうずうずしてしまった。

人材を本腰入れて育てる時代が来た

ここ1~2年は売り手市場といわれる。
学生側から見ると、ラッキーなことだ。
企業側からすると、人材確保が大変だ。
もしかすると、若干の妥協もありで人材を確保しなければならないかもしれない。
そして、その人材は育てなくてはならない。

売り手市場の時ほど、きちんとした教育を併用していかなければ無駄な損失を生んでしまう。
採用した以上、一定のレベルに育てなければならない時代だ。やめられたら簡単には代わりの人材は見つからないからだ。

勝手に自助努力で育っていく人材はごくごく一部だ。
多くは手を取り足を取りしても、上司の思ったようには育ってくれないかもしれない。
早期に手を打ち、モチベーションを維持させ、そして研修を通して学びから自信へ、そして意欲へとつなげていきたい。

「1年目の同窓会」100名以上の同窓生が集まった。
漫然と日々の業務をこなすのこともできるが、
何か目標を持ち、そのための努力をするのが、2年目だと思う。
努力は面倒で大変だが、継続していくうちにそれは「習慣」となる。
自分を成長させ、変えていくには、大きな面倒なことは不要だ。
小さいことを確実に継続することだけなのだ。
成功は良い習慣をしっかり身に着けることに限る。
小さな習慣の差が大きな成果の差となる。
・・・そんな当たり前の話をしてみた。


何かを感じ、明るい目をして帰っていく若者たちの顔が、かっこよかった。

手をかけた分、必ず人は大きくなるはず。

o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■o□o■
株式会社ブロッサム
代表取締役 井島恵子
札幌市中央区南4条東1丁目4-1
      フォーシーンBLD910
 ☎011-261-8055

この記事を書いたプロ

株式会社ブロッサム [ホームページ]

キャリアコンサルタント 井島惠子

北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL:011-261-8055

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
サービス案内&特徴

企業全体の利益アップ・売上アップにビジネスマナーやコミュニケーションは不可欠です。企業のイメージや評価は社員の言動一つで決まることも少なくありません。BLOSSO...

いじまの想い

札幌のライフマガジン「POROCO」4月号(’08年3月20日発売)の「美人の作り方」にて、BLOSSOMのイメージコンサルティングが紹介されました。ご掲載後には、たくさんの...

 
このプロの紹介記事
井島惠子 いじまけいこ

自己流を一流の企業人へと育てる、マナー&イメージコンサルティング(1/3)

 初対面で、「信頼できそう」「誠実そう」「優しそう」などと感じる第一印象は、たった5〜15秒で決まると言われています。いわゆる「初頭効果」とも呼ばれており、その短時間で私たちは、「敵か味方か」「好きか嫌いか」といった区別をしています。 ...

井島惠子プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

NLPを取り入れた研修でメンタルを強化し人間力を伸ばす

会社名 : 株式会社ブロッサム
住所 : 北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL : 011-261-8055

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-8055

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
コミュニケーションを効果的にする秘訣!!

仕事柄「コミュニケーション」というカテゴリーのニーズは高いと感じています。今回は心理チックな捉え方で「コ...

[ コミュニケーション・人間関係 ]

新入社員フォロー研修の勧め

 新入社員の早期離職を抑制する 苫小牧市主催の「新入社員フォロー研修」を担当させていただきました。い...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

ワーク・ライフバランスを理解しよう
イメージ

 一億総活躍時代とワーク・ライフバランス 人口オーナス期の今とこれからに向かい、安倍内閣が「一億総活躍...

[ 日常 ]

[言葉を選べる]ということ

 ある日の体験談 「上司や先輩に『あなた、これができなかったら、次には進めないわよ。これができなかったら...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

“目的”が無いと、最後に得るものは“達成感”ではなく、 “結果”でしかない

 “大学進学”の意味 NHKの朝の連続テレビ小説【あさが来た】は、今女子大学校の開校に向けて、いよいよ、という...

[ 日常 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ