コラム

 公開日: 2017-06-12 

指導者のための「インストラクター研修」

インストラクター養成研修


ブロッサムでは、研修のインストラクター養成のプログラムがあります。

プログラムは重要だと、私は考えています。

なぜなら、適当にはできないのが、そして適当にしてはいけないのが、
『講師・インストラクター』という仕事だと捉えているからです。

私自身も、大手生命保険会社に在職中に、
「マナーインストラクター養成」なるものに抜擢され、送りこまれ、


“受ける”だけではない“できるようになる”というハードな研修を経験しました。

勿論、ビジネスパーソンとしての経験も大いに役に立ちます。
が、経験則からの自己流だけでは、もちろん通用するはずがないのです。


そして、ブロッサムでは、企業の中の指導者・指導係に向けた研修も実績があります。


「新人がそただないんだよ、指導が悪いのでは?」


今回は、某企業のベテランの新人指導の担当者3名を対象に、
『インストラクター研修』を実施させて頂く事が出来ました。
皆さんは受付と電話交換のベテランでもあり、指導者でもあり、「プレーイング・マネージャ―」です。

きっかけは、上司の方から
「指導が悪いせいか、新人が育たないんだ。どうしたものか・・・」との相談から。
「もうベテランばかりなんだが、指導の仕方を教え直すことはできないだろうか?」
そんなところから始まりました。

一般的に新人指導の担当者は、
担当にはなっても、実際は「基本・基礎」を教わっているわけではなく、
自分に備わっている知識と技術を、新人に伝えている、と言うのが現実かもしれません。

そして、ベテランの社員さんであれば、もう既にそれは「教育・指導」として成り立っていると思います。

1対大勢に教えるティーチングであれば、
そのなかで黙っていても必ず伸びる人がいるので問題と感じることが少ないのですが、
1対1で指導するという現実は、こちらの教え方ではなく、相手の受け止め方で結果が変わります。
相手の特徴を把握して、教え方を変えない事には、「指導」とならず、相手は吸収をしてくれません。
むずかしい部分です。


合わせるのは相手の“能力”ではなく“性格”


そして、把握するのが相手の“能力”以上に相手の“性格”である場合が多いのです。
昔には考えられなかった事です。
でも、これが現実。

今回は弊社の『ビジネスTA』の一部分を使用し、「自己理解からの他者理解」を深めてもらいました。

「自己理解」は自分の指導の癖や感情的になるツボを振り返ります。

「他者理解」は相手の性格やコミュニケーションの特徴がわかります。


今回の1日半の研修で、
「あー、そういうことだったんだ!」という目からうろこの状況が生まれたのは言うまでもありません。
自分と相手のコミュニケーションの違いを把握すれば、
同じことを言うのにも、表現を変えることができ、そのかえるツボもよくわかるのです。


『指導』と言っても、何を誰に教えるか、
どんなシチュエーションで教えるかで、その方法・テクニックを変えなければなりません。

初めに、指導しているトレーナーの声を聞きだしたことが、
今回の研修の結果にもつながったと感じています。


指導するということは、自分の仕事以外に、プラスで責任を負うという事です。
けむたがられることもあれば、自分の本来の性格を出せないときもある。
しかも相手を適切にジャッジすることまで求められるのです。
そして、ベースは「指導する、育てる」なのです。

ご苦労が伝わってきます。
真面目に取り組めば組むほど、責任を感じ、辛くなってしまう事さえあります。


たいへんだからこそ、やりがいも持てる仕事です!!


そんな素敵な女性指導者さんたちと、熱い時間を共有できました。


//////////////////////////////////////////////////////////
■株式会社BLOSSOM
■■人材育成コンサルタント 井島 恵子
■■■札幌市中央区南4条東1丁目4-1
             フォーシーンBLD910
■■■TEL:011-261-8055  FAX:011-261-8056
■■■■E-mail ijima@blossom.org.uk
■■■■URL http://www.blossom.org.uk/
//////////////////////////////////////////////////////////

この記事を書いたプロ

株式会社ブロッサム [ホームページ]

キャリアコンサルタント 井島惠子

北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL:011-261-8055

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
サービス案内&特徴

企業全体の利益アップ・売上アップにビジネスマナーやコミュニケーションは不可欠です。企業のイメージや評価は社員の言動一つで決まることも少なくありません。BLOSSO...

いじまの想い

札幌のライフマガジン「POROCO」4月号(’08年3月20日発売)の「美人の作り方」にて、BLOSSOMのイメージコンサルティングが紹介されました。ご掲載後には、たくさんの...

 
このプロの紹介記事
井島惠子 いじまけいこ

自己流を一流の企業人へと育てる、マナー&イメージコンサルティング(1/3)

 初対面で、「信頼できそう」「誠実そう」「優しそう」などと感じる第一印象は、たった5〜15秒で決まると言われています。いわゆる「初頭効果」とも呼ばれており、その短時間で私たちは、「敵か味方か」「好きか嫌いか」といった区別をしています。 ...

井島惠子プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

NLPを取り入れた研修でメンタルを強化し人間力を伸ばす

会社名 : 株式会社ブロッサム
住所 : 北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL : 011-261-8055

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-8055

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
コミュニケーションを効果的にする秘訣!!

仕事柄「コミュニケーション」というカテゴリーのニーズは高いと感じています。今回は心理チックな捉え方で「コ...

[ コミュニケーション・人間関係 ]

新入社員フォロー研修の勧め

 新入社員の早期離職を抑制する 苫小牧市主催の「新入社員フォロー研修」を担当させていただきました。い...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

ワーク・ライフバランスを理解しよう
イメージ

 一億総活躍時代とワーク・ライフバランス 人口オーナス期の今とこれからに向かい、安倍内閣が「一億総活躍...

[ 日常 ]

[言葉を選べる]ということ

 ある日の体験談 「上司や先輩に『あなた、これができなかったら、次には進めないわよ。これができなかったら...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

“目的”が無いと、最後に得るものは“達成感”ではなく、 “結果”でしかない

 “大学進学”の意味 NHKの朝の連続テレビ小説【あさが来た】は、今女子大学校の開校に向けて、いよいよ、という...

[ 日常 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ