コラム

 公開日: 2018-06-04 

社員一人あたりに掛ける教育研修費は?

社員研修と研修にあてる額


社員研修を実施している企業は多いはずだ。
社内の教育担当者が実施するもの、外部講師を依頼するもの、又は階層とニーズに合った講座へ参加させたり、通信とかインターネットでも受講は可能だ。

産労総合研修所が毎年発表している企業の教育研修の傾向を数値にしているものがある。

今は就活生たちの企業を選ぶ大きなポイントが「教育制度」と言われている。
自分達を会社がどのように成長させてくれるのか、が大きなポイントなのだ。
そのせいもあるのか、
2016年よりも2017年の方が、各企業が教育研修にあてる金額もアップし、
社員一人に掛ける教育研修費は45,310円だという。
https://www.e-sanro.net/research/research_jinji/kyoiku/kyoikukenshu/pr_1710.html

そして、一番費用をかけるのが新入社員研修。そしてフォロー研修と続く。

45,310円は妥当なのか?


現実と照らし合わせると、確かにそうだ。
新入社員研修というビジネスマナー研修は、すたれることは無く、継続されている。
弊社も、新入社員が現場に出た後のフォロー研修を提案している。
残念なことに、こちらは「忙しくて・・・」という理由で、なかなか思うようには浸透していない。

産労総合研修所が調査した結果の「一人当たり45,310円」という教育研修費。
この金額は月収30万円の職員の企業が負担する一月の社会保険料と同じくらいらしい。
考え方によっては、高い金額ではない。
とはいえ、安いとも言えない。

なぜなら本来であれば、金額ではなく「成果」「結果」が問われるからだ。
社員の成長という「変化」が問われるからだ。

教育研修の有り方、考え方


私は、教育研修というのは、1回きりではできないと思っている。
新入社員のマナー研修は、トレーニングなので、1回でもそれなりの効果はでる。
それ以上の階層になると、研修には『分析する』『判断する』『選択する』『決断する』等々の考える力をあげていくのが目的だ。

ブロッサムでは直接企業の担当者と納得のいくまで打ち合わせをする。
それでも、初めての企業の場合は、どことなくしっくりこない研修の雰囲気を感じることも無きにしも非ずだ。

そして弊社ブロッサムの場合は、リピートを頂くことが多いので、年を重ねるごとに、双方が満足する結果につながっている実感がある。

弊社は必ず「数回、または数年のパターンで計画してほしい」と提案する。
本当に社員の変化と成長を期待し考えているのであれば、“たまたま1回”という研修はビジネスのマナー以外はあり得ない。

弊社は営業力や接遇、部下の指導、マネジメント等の研修も提供している。
これらはフィードバックが無ければその変化もわからないし、それ以上に社員たちのホンネという意見が出てこない。
社員の方も「どうせ今年のこの1回きりの研修だし、講師だし・・・」ということで、しっかり頭を使って考えることをしない理由を見つけている。

現場の雰囲気がわかるので、一期一会にならない研修を提案もし、お願いもしている。
実は研修打ち合わせの時点で、リピートされるかどうか99%わかる。
熱心に研修内容等について要望を入れてくる担当者と会社は、1度の研修も、WIN-WINになることが多く、だからこそ次の課題も明確になり、研修のリピートに繋がる。

良い研修 VS 良くない研修 この差は?


「コミュニケーションの研修なら何でもいいです」と言われ、「お任せします」と持ち上げられるのはいいが、実は研修カリキュラムを作成するためのヒアリングでも現状が把握できていなく、決められているので研修を実施しなくてはならないというニュアンスの打ち合わせ、また担当者からはリピートが無い。
正直、1度の研修時にも担当者と受講者の間のシラケた雰囲気がわかる。
ここは、45,310円はムダ金になっているかもしれない。

企業研修の講師として20余年。
実績と経験から伝えたいことがある。
○研修は人材育成・人格育成と考えること。
○人材育成は中期計画を持たなければ意味がない
○しっかり腹を割って打ち合わせができる講師・研修会社を決める

時代がいくら変化しても、ベースは「企業は人なり」ではないだろうか。
人を動かせなければ、企業の発展はないような気がする。

ブロッサムを設立して13年。
13年間ずっとお客様でいくださっている会社が多い。
途中からご縁ができ、その後ずっとお客様でいてくださっている会社も多い。
本当にありがたいご縁を感じる。

一度きり、又はや担当者の交代などで、疎遠になってしまっている会社さんの、小さな不祥事の発生を聞くと、「あーやっぱり・・・」と、どこか思い当たる節が出てくる。

様々な場所で、様々な形態で講師として教えているからこそ、言えると思っている。

今、本当に企業が人財について考えるとしたら・・・


45,310円。
この教育研修費は経費ではいけない。
教育研修費は人材・人格育成費であり、企業として大事な社員への貴重な『投資』。

早期離職のない、安定した雇用と人材の確保には、この投資をいかに大きく強い成果に出来るかがカギではないだろうか。


//////////////////////////////////////////////////////////
株式会社ブロッサムは、企業の人財育成のコンサルティングが強みです!
 ■株式会社BLOSSOM
 ■■人材育成コンサルタント 井島 恵子
 ■■■札幌市中央区南4条東1丁目4-1
             フォーシーンBLD910
 ■■■TEL:011-261-8055  FAX:011-261-8056
 ■■■■E-mail ijima@blossom.org.uk
 ■■■■URL http://www.blossom.org.uk/

 ■マイベストプロ北海道
      http://mbp-hokkaido.com/blossom/
//////////////////////////////////////////////////////////

この記事を書いたプロ

株式会社ブロッサム [ホームページ]

キャリアコンサルタント 井島惠子

北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL:011-261-8055

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
サービス案内&特徴

企業全体の利益アップ・売上アップにビジネスマナーやコミュニケーションは不可欠です。企業のイメージや評価は社員の言動一つで決まることも少なくありません。BLOSSO...

いじまの想い

札幌のライフマガジン「POROCO」4月号(’08年3月20日発売)の「美人の作り方」にて、BLOSSOMのイメージコンサルティングが紹介されました。ご掲載後には、たくさんの...

 
このプロの紹介記事
井島惠子 いじまけいこ

自己流を一流の企業人へと育てる、マナー&イメージコンサルティング(1/3)

 初対面で、「信頼できそう」「誠実そう」「優しそう」などと感じる第一印象は、たった5〜15秒で決まると言われています。いわゆる「初頭効果」とも呼ばれており、その短時間で私たちは、「敵か味方か」「好きか嫌いか」といった区別をしています。 ...

井島惠子プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

NLPを取り入れた研修でメンタルを強化し人間力を伸ばす

会社名 : 株式会社ブロッサム
住所 : 北海道札幌市中央区南4条東1丁目4-1 フォーシーンBLD 910 [地図]
TEL : 011-261-8055

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-8055

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井島惠子(いじまけいこ)

株式会社ブロッサム

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
Vゾーンのルール ~シーンによってネクタイを選ぶという常識~
イメージ

 Vゾーンのルール 社会的な地位のある人でも、こんな過ちをしてしまうのか!某大学の男性の不祥事の説明・...

[ ビジネスマナー・人材教育 ]

人付き合いをラクにするには

 人付き合いでイライラしてしまうのは当たり前のこと 人がたくさん集まるお正月というイベント。家族・親戚...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

仕事に差が出る42.5歳
イメージ

 42.5歳 ビジネスパーソンの出世意欲が変化し、「出世したいと思わない」人の割合が「出世したい」人を上回る...

[ 生き方・キャリア ]

心の動きを把握するとメンタルが強くなる

 ストレス社会を生き抜くために 私は、社員のメンタルヘルスやメンタルタフネスの講話をさせて頂いています...

[ 心理・気持ち・メンタル ]

コミュニケーションを効果的にする秘訣!!

仕事柄「コミュニケーション」というカテゴリーのニーズは高いと感じています。今回は心理チックな捉え方で「コ...

[ コミュニケーション・人間関係 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ