プロTOP:石田和彦プロのご紹介

人事・労務で悩む経営者の良き相談役に(1/3)

石田和彦 いしだかずひこ

労使協調できる社風づくりが、トラブルを防ぐ

「社会保険労務士といえば、社会保険などの書類作成や届け出など、『事務代行』のイメージが強いかもしれませんが、当事務所では、加えて労務相談に力をいれています」と話すのは、「社会保険労務士法人 北海道賃金労務研究所」の代表で特定社会保険労務士の石田和彦さん。
 経営者にとっての一番の悩みは、やはり「人」。採用、賃金、サービス残業、退職などのトラブルが経営者を悩ませ、会社経営を揺るがすケースもあります。
 本来、会社と社員は敵対関係でなく、信頼関係で結ばれるもの。「労使協調できる社風づくりができれば、トラブルは発生しない」と、石田さんは確信しています。
 札幌市中央区にある北海道賃金労務研究所のオフィスには、相談ブースが2つとセミナールームが設けられています。顧問先企業の、幹部会議や相談・コンサルを開く時には、このセミナールームに集まってもらい、本音で語り合えるよう、石田さんが会議の進行役を務めます。
 「労使トラブルは、感情論に走っては禍根が残ります。冷静なジャッジと法的エビデンス(根拠)、そして何より大切なのは、両者の立場を踏まえて、“どういう対応をすれば振り上げた拳を収めることができるのか”を考えることです。労使問題は法律論の前に心理学なのです」。
例えば、いきなり解雇を言い渡すのと、「あなたにはお世話になった。ありがとう。しかし残念ながら……」と話しかけ、ときには再就職支援等の配慮を示すのでは、解雇という結果は同じでも、社員の反応は違うものになるでしょう。同事務所では、社員や家族の心情を気遣い、できる限り命令調の「解雇通知書」は作成せず、「お知らせ」スタイルにしているとのこと。こういった些細な積み上げと、経営者の思いを込めた就業規則づくりや、会社の意図をくんだ社会保険、労働保険の手続き代行を通して、労使トラブルの防止に努めているそうです。

<次ページへ続く>

【次ページ】 スタッフを大切にすることは、質の高い仕事につながる

石田和彦プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

労使トラブルを防ぎ会社を守る労務経営コンサルティングに強み

会社名 : 社会保険労務士法人 北海道賃金労務研究所
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西12丁目322番地 新永ビル6F [地図]
TEL : 011-271-1802

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-271-1802

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

石田和彦(いしだかずひこ)

社会保険労務士法人 北海道賃金労務研究所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ