プロTOP:舛田雅彦プロのご紹介

中小企業診断士の資格を持つ“コンサル弁護士”が経営者の孤独に向き合います(1/3)

札幌総合法律事務所 舛田雅彦

企業経営をサポートすることは弁護士ができる人権活動のひとつ

 弁護士は、トラブルが起きた時に頼るべき専門家、つまり平穏な日常からは遠い存在だと感じていませんか?札幌総合法律事務所のパートナー弁護士、舛田雅彦さんは自身でも「弁護士の世話にならないほうが幸せ」と口にしていた時期があったと言います。しかしある時「果たしてそうだろうか」と思い立ち、大きな問題を抱えていなくても相談していただいて、その結果、現状からより良い状態に導ける弁護士の在り方を追求するようになりました。そこで、以前から関心が深かった中小企業の経営支援を軸に据え、中小企業診断士の資格を取得。道内でこの資格を持つ唯一の弁護士になりました。

 「私が弁護士になった当時、弁護士会は基本的人権を守ることを第一と考える人権派弁護士が中心で、企業活動を支援する弁護士を経済派弁護士として一段下に見る傾向がありました。でも、一つひとつの企業を丁寧に支援して健全に伸ばしていくことは、そこで働く人々の生活を支えることになり、ひいては経済全体を好転させ人々の生活を安定させることにも繋がっていく。それはまさに人権活動ではないでしょうか。弁護士はその支援業務も担えるはずです。でも、弁護士に相談するというだけでマイナスのイメージがあり、『特にトラブルはありません』と敬遠されてしまう。そこで中小企業診断士というもう一つの顔を持つことで、その垣根を取り払えたらという考えがありました」

 経営状態が悪化してからでは、手遅れになって手の施しようがなくなってしまうこともあります。そういう事例を見てきた経験から、中小企業向けに勉強会などを開いて啓蒙に努めてきた舛田さん。好調の時にこそ手を打っておくことが大事だと趣味のゴルフに例えて説明してくれました。
「アメリカのトッププロは、ほとんどがプロのコーチと契約しています。その理由の一つは、ベストな状態のスイングを知ったうえで、スイングが崩れてきたときに適切なアドバイスをしてくれる存在が必要だからです。同様に経営者にも経営状態を常に客観的にチェックして、的確に改善に導ける良き相談役の存在は重要だと思うのです。私は弁護士としてそういう存在を目指したい。“経営者は孤独”とよく言われますが、弁護士は守秘義務を負う専門家です。だから安心して全てをオープンに相談していただきたいのです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 マンパワーが自慢の弁護士集団がどんな事案にもしっかり寄り添います

最近投稿されたコラムを読む
コンサル弁護士マスダ
イメージ

舛田雅彦(マスダマサヒコ)は弁護士と中小企業診断士の資格を取得している、北海道で最初の弁護士です。弁護士としての法律に関する知識と、中小企業診断士としての...

事務所紹介
イメージ

マスダが所属する札幌総合法律事務所についてご紹介いたします。2001(平成13)年10月に設立した、札幌総合法律事務所はチームワークとフットワークをテーマに、皆様...

舛田雅彦プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

北海道で最初の「中小企業診断士資格を持つ弁護士」です

会社名 : 札幌総合法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL : 011-281-8448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-281-8448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舛田雅彦(ますだまさひこ)

札幌総合法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
相続人複数の場合に一部の相続人が同意しないと被相続人の預金は引き出せないの?

遺産分割のトラブルで良くあるパターンは、多くの良識的な相続人は別に特別な分け方を希望していないのに、一人だ...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

あなたの契約書の「契約解除条項」は大丈夫ですか?(1)

仕事柄、顧問先等から契約書の内容のチェックを求められることが少なくありません。今回のコラムでは「契約書」...

[ ビジネス・経営 ]

賃貸居室内の自殺によって発生する家主の損害(1)

テレビのニュースを見ていたら、自分が保証人になっていた家族が賃貸住宅で自殺した直後に家主から多額の損害賠償...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

弁護士費用のお話し(1)~弁護士に事件を依頼したらどのくらい費用がかかるのか

皆さんは、弁護士に事件を依頼するといくら支払わなければならないか、おそらく感覚的に理解することは難しいと思...

[ 弁護士業界勝手に解説 ]

倒産会社代表者の想い~万策尽きる前に対応を
イメージ

自分が経営していた会社が倒産することは、自分の収入の道を断たれることはもちろんですが、従業員を路頭に迷わせ...

[ ビジネス・経営 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

舛田雅彦のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は舛田雅彦さんが更新している外部メディアサイトです。

twitter
マスダのTwitter
2016-09-24
facebook
Facebook
ページの先頭へ