コラム

 公開日: 2013-10-15  最終更新日: 2014-09-19

指導とパワハラの分かれ目~信頼関係、ありますか

2012年の厚生労働省のワーキング・グループがまとめたパワハラに関する報告書のなかに、ひどい暴言や遂行不可能なことの強制などに加えて、無視や仕事を与えないといった行為が挙げられています。

パワハラがなぜ問題になるかというと、組織内における力関係を背景に不合理な嫌がらせが行われ、それが、被害者の人格と尊厳を傷つけるだけでなく、就労環境を悪化させることになるからです。

雇用者は、労働契約上、労働者の就労の対価として賃金を払う義務ばかりでなく、労働者に対して健全な就労環境を提供する義務を負っています。

もし企業の側がパワハラを見過ごしていれば、そのことが「雇用契約に伴う付随義務違反」として、損害賠償責任に発展することもあります。

パワハラの類型

厚生労働省の関連団体はパワハラの類型として以下のような事案を挙げています。
①「公開叱責(多数の面前での叱責)、人格否定」
②「感情を丸出しにするモンスター上司、給料泥棒呼ばわりする」
③「退職勧奨や脅し」
④「無視の命令」
⑤「困難な仕事を与えて低評価にする、過剰なノルマ」
⑥「パワハラの訴えを聞き流す」

暴力行為は論外として、正当な叱責の場合でも、大声での罵倒、多数の面前で懲罰的な「公開叱責」や人格否定など、方法を間違えばパワハラと評価されることになります。

そのことによって、被害者が身体的な傷害を負うだけでなく、うつ病やPTSDといった精神疾患を発症した場合も、労災の問題だけでなく、ときには傷害罪や暴行罪といった刑事事件に発展する可能性もあります。

職務上の指導とパワハラ

一方で、職務上の上下関係にある場合には、部下を適切に指導してその能力を引き上げることも上司の大切な仕事です。部下が仕事の上でミスをしたときにはその原因を究明して、二度と同じ失敗をしないよう指導する必要がありますし、能力を引き上げるために、実力以上の仕事を敢えて与えることが必要になる場合もあります。

ときには、繰り返してはいけない職務上の失敗について、意識を共有させる意味で、他の部下も交えて原因究明することもあるかもしれませんが、失敗をした当人にとっては、「公開叱責」と受け取られるおそれもあります。

このように、世間でパワハラに関する関心が高まると、中には、パワハラと言われるのを怖れて、部下に対して「職務上の指導ができなくて悩む上司」も出てくることになります。このようなことも、近年職場におけるメンタルヘルス上の問題として指摘されています。

日常的にコミュニケーションを取りましょう

指導とパワハラの限界事例の場合、争いになった場合には、上司の言動について、前後の状況や職場の環境などを総合的に判断してパワハラが認定されるかどうかということになるので、「行為時にどこまでが許されるか」ということを一義的に判断することは難しいのですが、恋人とのスキンシップがセクハラと言われないのと同様、お互いのコミュニケーションが円滑な状況下であれば、多少きびしい指導がなされたとしても、そのことがパワハラと指弾されることはまずありません。

その意味では、パワハラ防止のためには、日頃からの円滑なコミュニケーションが求められるとともに、強い指導をした後に、その理由を説明するなどの適切なフォローが必要になる訳です。

経営の神様と言われた松下幸之助氏は、部下に対して厳しく指導したことでも知られていますが、厳しい指導のあとには必ずフォローを忘れなかったといいます。
また、その厳しい指導において、「個人的な感情」をさしはさむこともありませんでした。それが、多くの部下に慕われた所以であり、家族的経営によって大企業を作り上げた原動力となっていたのです。

先にあげた例にある「無視や仕事を与えない」ということになれば、そもそも信頼関係の基礎となる「コミュニケーションを拒否することになる」訳ですから、パワハラと評価される可能性は高まります。

そんなことにならないように、普段からさりげない言葉がけなどを心がける必要があるのです。

******************************************
弁護士舛田雅彦に相談してみたい!と思った方は
ご連絡の際「マイベストプロ北海道のサイトを見た」と「マスダ」をご指名ください。
*連絡先はこちら 札幌総合法律事務所011-281-8448

この記事を書いたプロ

札幌総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 舛田雅彦

北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL:011-281-8448

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサル弁護士マスダ
イメージ

舛田雅彦(マスダマサヒコ)は弁護士と中小企業診断士の資格を取得している、北海道で最初の弁護士です。弁護士としての法律に関する知識と、中小企業診断士としての...

事務所紹介
イメージ

マスダが所属する札幌総合法律事務所についてご紹介いたします。2001(平成13)年10月に設立した、札幌総合法律事務所はチームワークとフットワークをテーマに、皆様...

 
このプロの紹介記事
札幌総合法律事務所 舛田雅彦

中小企業診断士の資格を持つ“コンサル弁護士”が経営者の孤独に向き合います(1/3)

 弁護士は、トラブルが起きた時に頼るべき専門家、つまり平穏な日常からは遠い存在だと感じていませんか?札幌総合法律事務所のパートナー弁護士、舛田雅彦さんは自身でも「弁護士の世話にならないほうが幸せ」と口にしていた時期があったと言います。しかし...

舛田雅彦プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

北海道で最初の「中小企業診断士資格を持つ弁護士」です

会社名 : 札幌総合法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL : 011-281-8448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-281-8448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舛田雅彦(ますだまさひこ)

札幌総合法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
相続人複数の場合に一部の相続人が同意しないと被相続人の預金は引き出せないの?

遺産分割のトラブルで良くあるパターンは、多くの良識的な相続人は別に特別な分け方を希望していないのに、一人だ...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

あなたの契約書の「契約解除条項」は大丈夫ですか?(1)

仕事柄、顧問先等から契約書の内容のチェックを求められることが少なくありません。今回のコラムでは「契約書」...

[ ビジネス・経営 ]

賃貸居室内の自殺によって発生する家主の損害(1)

テレビのニュースを見ていたら、自分が保証人になっていた家族が賃貸住宅で自殺した直後に家主から多額の損害賠償...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

弁護士費用のお話し(1)~弁護士に事件を依頼したらどのくらい費用がかかるのか

皆さんは、弁護士に事件を依頼するといくら支払わなければならないか、おそらく感覚的に理解することは難しいと思...

[ 弁護士業界勝手に解説 ]

倒産会社代表者の想い~万策尽きる前に対応を
イメージ

自分が経営していた会社が倒産することは、自分の収入の道を断たれることはもちろんですが、従業員を路頭に迷わせ...

[ ビジネス・経営 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ