コラム

 公開日: 2013-12-17  最終更新日: 2014-09-19

北海道新幹線札幌延伸に思う~20年後のビジネスプラン

平成23年末、北海道新幹線の札幌延伸が政府決定され、最近では北海道が札幌市に地元負担分の半分を持つように求めているという報道もなされていますが、今後20年余りで札幌まで新幹線が延伸されることが決まっています。

20年余り先となると、私もまだ死んでいたくはありませんが、おそらく現役からほとんど退いているでしょうから、仕事でこの新幹線に乗ることはないと思います。

それでも、完成したときに新幹線が社会・経済に与える影響はとても気になるところです。
完成までにつぎ込まれる工事費の大半は私たちの税金なのですから、その投資に見合うリターンがどの程度のものかということは意識しておく必要があるでしょう。


マスダが考える、北海道新幹線札幌延伸による経済的影響

北海道新幹線が札幌まで延伸されると、札幌から新函館(仮称)までが1時間以内、東京までが最速でとりあえず5時間を切るくらいになると言われています。

そうなると予想されるのは以下の2点が考えられます。
・札幌・函館間の旅行は日帰り圏内となり、函館の宿泊施設がかなりのダメージを受けるということ
・本州方面からの観光客が函館を素通りして札幌に向かうことで、函館の経済界にマイナスの影響が出てしまいそうだということ
新幹線の札幌延伸に函館の経済界が最後まで反対したのは当然の反応で、函館にとってはまさに死活問題ではないかというのが私の印象です。

一方で、札幌にとってはどうかというと、東京まで新幹線で行くこともさることながら、東北との移動時間が大幅に短縮されることで、札幌を中心とする道央圏と仙台を中心とする東北がより密接な経済関係に立つことになります。

そのため、お互いの地域を拠点とする企業にとっては、ビジネスを広げるチャンスであると同時に、他地域の企業に侵食されるリスクも生じるでしょう。北海道、東北という地域の枠を超えてお互いのビジネスが交流することになるからです。
したがって、その時期に向けて自社の体質強化に努めておく必要があります。

プロ野球の世界では、昨年は日本ハム、今年は楽天と、札幌と仙台のチームがパリーグの覇権を握ったことで、両チームの対戦はそれぞれ地元意識を刺激することになりますが、両都市間の移動がしやすくなることで相互に応援ツアーを実施することも期待できます。

20年後の未来に向け、「自分が時代を切り開く」意識を高めるべき

それでは、この北海道新幹線札幌延伸がもたらす功罪はどちらが大きいかということなのですが、私は、トータルで考えると(個別には大きな不利益をこうむる人たちがいるということを割り引いたとしてもという意味です。)「プラス」の効果の方が大きいと思っています。

人々の移動に要する時間の短縮は、新たな人との交わりを生み、そこに新たなビジネスアイディアが生まれる可能性が広がります。
また、新幹線は移動中も飛行機と違って携帯電話等の通信機器が使用できるので、私であれば、東京までの所要時間が30分程度多いくらいであれば、「飛行機よりも新幹線を利用したい」と思うからです。

公共工事は一度動き出すと後戻りしない性質のものですから、札幌延伸が決まった以上は、それを前提に対策を立てる必要があります。

新幹線を利用した新たなビジネスの展開を構想するとともに、負の影響を受ける地域に対してどのような対策を打ち出していくかが大きな課題となりますが、そこに求められるのは、これまでの発想の焼き直しではなく、新たな時代に対応した新鮮な構想力ではないかと考えています。

今から20年以上先のビジネスプランを考えるのは気が早い気もしますが、現在40歳くらいまでの人たちであれば、現役でいる間に『自分たちが中心になって時代を切り開かなければならない時期』が到来する訳ですから、今からその時に向けた意識を高めておく必要はあるのではないでしょうか。

***********************************************************************
弁護士舛田雅彦に相談してみたい!と思った方は
ご連絡の際「マイベストプロ北海道のサイトを見た」と「マスダ」をご指名ください。
*連絡先はこちら 札幌総合法律事務所011-281-8448

この記事を書いたプロ

札幌総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 舛田雅彦

北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL:011-281-8448

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサル弁護士マスダ
イメージ

舛田雅彦(マスダマサヒコ)は弁護士と中小企業診断士の資格を取得している、北海道で最初の弁護士です。弁護士としての法律に関する知識と、中小企業診断士としての...

事務所紹介
イメージ

マスダが所属する札幌総合法律事務所についてご紹介いたします。2001(平成13)年10月に設立した、札幌総合法律事務所はチームワークとフットワークをテーマに、皆様...

 
このプロの紹介記事
札幌総合法律事務所 舛田雅彦

中小企業診断士の資格を持つ“コンサル弁護士”が経営者の孤独に向き合います(1/3)

 弁護士は、トラブルが起きた時に頼るべき専門家、つまり平穏な日常からは遠い存在だと感じていませんか?札幌総合法律事務所のパートナー弁護士、舛田雅彦さんは自身でも「弁護士の世話にならないほうが幸せ」と口にしていた時期があったと言います。しかし...

舛田雅彦プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

北海道で最初の「中小企業診断士資格を持つ弁護士」です

会社名 : 札幌総合法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL : 011-281-8448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-281-8448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舛田雅彦(ますだまさひこ)

札幌総合法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
相続人複数の場合に一部の相続人が同意しないと被相続人の預金は引き出せないの?

遺産分割のトラブルで良くあるパターンは、多くの良識的な相続人は別に特別な分け方を希望していないのに、一人だ...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

あなたの契約書の「契約解除条項」は大丈夫ですか?(1)

仕事柄、顧問先等から契約書の内容のチェックを求められることが少なくありません。今回のコラムでは「契約書」...

[ ビジネス・経営 ]

賃貸居室内の自殺によって発生する家主の損害(1)

テレビのニュースを見ていたら、自分が保証人になっていた家族が賃貸住宅で自殺した直後に家主から多額の損害賠償...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

弁護士費用のお話し(1)~弁護士に事件を依頼したらどのくらい費用がかかるのか

皆さんは、弁護士に事件を依頼するといくら支払わなければならないか、おそらく感覚的に理解することは難しいと思...

[ 弁護士業界勝手に解説 ]

倒産会社代表者の想い~万策尽きる前に対応を
イメージ

自分が経営していた会社が倒産することは、自分の収入の道を断たれることはもちろんですが、従業員を路頭に迷わせ...

[ ビジネス・経営 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ