コラム

 公開日: 2014-04-01  最終更新日: 2014-09-19

次世代の弁護士育成~弁護修習指導担当弁護士

弁護士会も新年度となり、弁護士会内部の各委員会もそれぞれの委員長を中心に本格的な活動が始まりました。私も昨年度(今年の3月末)まで司法修習委員会の委員長を務めていましたが、これが結構大変な職務です。
何が一番大変なのかというと、毎年11月末から始まる「弁護修習指導担当弁護士」を依頼するための電話をかけることです。

『指導担当弁護士』依頼する側になってわかるその大変さ

司法修習生の受け入れは、司法研修所から各地の地裁・地検・弁護士会に人数が割り振られ、受け入れる弁護士会ではその修習生の人数分の指導担当弁護士を確保する必要があります。札幌弁護士会では、伝統的に指導担当をお引き受けいただく連絡は司法修習委員長の役割で、実は、この電話かけが司法修習委員長の最大の難仕事かもしれないのです。

私も平成24年4月から司法修習委員長を拝命し,その年の秋に初めて「電話かけ」をしました。普段からのお付き合いの度合いでお願いを聞いてもらえるかどうかが決まる部分もあるので、断られたときには自分の仁徳のなさを感じたりして、少しへこむこともあります。

私が司法修習委員長初年度の札幌弁護士会の司法修習生の割り当て人数は60名でしたので、最低でも60回は電話をかける必要があります。こちらとしては、指導担当をお願いしたい弁護士の空いていそうな時間帯を見計らって電話をかけるようにしてはいるのですが、それでも外出中や打ち合わせ中などの理由で話ができないことは少なくありません。

普通の電話であれば、「折り返し電話をいただきたい。」という伝言をしてその折り返しを待つという対応も可能ですが、何しろこちらからのお願いごとの電話ですから、そのような失礼なことは基本的にはできませんので、相手の弁護士が電話口に出てくれるまで何度も電話を掛け直すことになります。

そうすると、60名の指導担当弁護士を確保するために100回以上は電話をかけることになります。メールを使えるような内容であれば、相手の手が空いているかどうかは気にせずに、とりあえずメールを送って返信を待てばよいのですが、お願いの連絡なのでいきなりメールという訳にもいかず、かなり気を使うことになるのです。

修習生の指導担当今昔

そういったことで、電話をかけるのには結構エネルギーがいります。
電話に出てもらえないだけでなく、電話で話をできたとしても断られることも少なからずあります。特に昨今は、指導担当をお願いする先の弁護士の方も、修習生を受け入れる余裕がなく、できれば避けたいと思っている様子がありありとうかがえますので、お願いする方も無理強いはできないという気持ちもあります。

私が修習生だった20数年前には、修習生の指導担当をお願いされるということは、仲間内からそれなりの信頼を得ているということでもあったので、名誉に感じることもあるとともに、時間的にも余裕があったので、弁護士の執務時間以外の所でも修習生との接点を持ってくれ、社会勉強をする機会も与えてもらえました。

それが今では、司法修習生、指導担当弁護士ともに数が飛躍的に増えているため、名誉に感じるよりも負担感の方が大きいので、引き受け手を確保するのはとても難しくなってきています。

次世代の弁護士育成のために

60名のうち、半分以上の指導担当候補は趣旨を理解してご快諾いただけるのですが、残り10名を切ったころから候補者はとても少なくなり、苦戦します。

皆さんも、弁護士に電話をかけたことがある方なら分かるかもしれませんが、弁護士は自分のデスクでじっとしていることの方が少ない仕事なので、なかなか電話に出てもらえません。折り返し連絡をお願いしていても、いろいろな業務に追われてついつい電話をかけるのを忘れてしまうこともあります。

そんな事情も分かっているので、こちらも気を遣って連絡をしているのですが、二つ返事で了解してもらえると、とてもありがたい気分になります。

そんなことを経験すると、同じ引き受けるなら、勿体付けずに気持ちよく引き受けることがお互いのためにプラスになることを痛感します。勿体付けることで自分の価値が上がるように勘違いしている人もいますが、実は逆効果だということに気付いて欲しいところです。

今、修習生である人たちが弁護士になり、指導担当弁護士を依頼されるようになった時、自分たちも指導担当弁護士にお世話になったことで今日があるということを思い出して欲しいものです。

***********************************************************************
弁護士舛田雅彦に相談してみたい!と思った方は
ご連絡の際「マイベストプロ北海道のサイトを見た」と「マスダ」をご指名ください。
*連絡先はこちら 札幌総合法律事務所011-281-8448

この記事を書いたプロ

札幌総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 舛田雅彦

北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL:011-281-8448

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサル弁護士マスダ
イメージ

舛田雅彦(マスダマサヒコ)は弁護士と中小企業診断士の資格を取得している、北海道で最初の弁護士です。弁護士としての法律に関する知識と、中小企業診断士としての...

事務所紹介
イメージ

マスダが所属する札幌総合法律事務所についてご紹介いたします。2001(平成13)年10月に設立した、札幌総合法律事務所はチームワークとフットワークをテーマに、皆様...

 
このプロの紹介記事
札幌総合法律事務所 舛田雅彦

中小企業診断士の資格を持つ“コンサル弁護士”が経営者の孤独に向き合います(1/3)

 弁護士は、トラブルが起きた時に頼るべき専門家、つまり平穏な日常からは遠い存在だと感じていませんか?札幌総合法律事務所のパートナー弁護士、舛田雅彦さんは自身でも「弁護士の世話にならないほうが幸せ」と口にしていた時期があったと言います。しかし...

舛田雅彦プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

北海道で最初の「中小企業診断士資格を持つ弁護士」です

会社名 : 札幌総合法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL : 011-281-8448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-281-8448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舛田雅彦(ますだまさひこ)

札幌総合法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
相続人複数の場合に一部の相続人が同意しないと被相続人の預金は引き出せないの?

遺産分割のトラブルで良くあるパターンは、多くの良識的な相続人は別に特別な分け方を希望していないのに、一人だ...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

あなたの契約書の「契約解除条項」は大丈夫ですか?(1)

仕事柄、顧問先等から契約書の内容のチェックを求められることが少なくありません。今回のコラムでは「契約書」...

[ ビジネス・経営 ]

賃貸居室内の自殺によって発生する家主の損害(1)

テレビのニュースを見ていたら、自分が保証人になっていた家族が賃貸住宅で自殺した直後に家主から多額の損害賠償...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

弁護士費用のお話し(1)~弁護士に事件を依頼したらどのくらい費用がかかるのか

皆さんは、弁護士に事件を依頼するといくら支払わなければならないか、おそらく感覚的に理解することは難しいと思...

[ 弁護士業界勝手に解説 ]

倒産会社代表者の想い~万策尽きる前に対応を
イメージ

自分が経営していた会社が倒産することは、自分の収入の道を断たれることはもちろんですが、従業員を路頭に迷わせ...

[ ビジネス・経営 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ