コラム

 公開日: 2014-04-15  最終更新日: 2014-09-19

弁護士が法律家を目指す学生に教える~法科大学院 特任教授

私は、平成25年3月末まで北海道大学の法科大学院の特任教授を務めていました。
平成21年4月から、札幌弁護士会の推薦で法科大学院の特任教授を拝命し、4年間、授業を行いました。

特任教授マスダの担当科目:ローヤリング=クリニック

私が法科大学院で教えていたのは、ローヤリング=クリニックという科目です。
ローヤリングは弁護士という意味の「lawyer」に現在進行形の「ing」を付けた造語ですが、『弁護士として必要なスキルやマインドを教える』という科目です。クリニックは『法律相談実務を教える』科目で、この二つが合わさったのが私の授業でした。

毎回の授業の教材は年度初めに準備して用意しておくのですが、学生に事前レポートを出させていた関係で、授業準備はレポートの採点・添削や回答内容の分析など結構大変だったという思いがあります。

授業を受ける側の学生も私の授業のほかにも並行して複数の授業を履修しているので、ほぼ毎回のレポートはかなりの負担だったようです。しかし、授業終了時に行う学生の授業アンケートでは、「レポートの課題は大変だったけど、実務についたときに役立つ知識を学べて良かった。」というような好評価をしてもらえたので、法科大学院の教員の務めは果たせたかなと思っています。

何事にも通じる話だと思いますが、人に教えることを通じて自分自身の学びに繋がることは数多くあります。20年以上も弁護士をしていると当たり前のように思って行っている業務もありますが、その手続きがなぜ必要になるのかといった理屈を理解していないと、学生にきちんと説明することもできません。

そういう意味では、他人に教える機会があるときには。面倒くさがらずに積極的に取り組む姿勢が、結果として自分自身のためになるということも知っておいた方が良いのだと思います。

法律実務家にもっとも求められていること~人間や社会を理解する

私が授業の中で意識したのは、『法的トラブルは人間の営みとして発生するものなので、法律を知っているだけではうまく解決できない』ということを伝えることでした。

私も、司法試験の受験勉強を始めるまでは、法律家の仕事は法律を知っていればやっていけると勘違いしていたところがあったのですが、弁護士のような法律実務家に最も求められているのは、人間や社会を理解することです。

このことに気付けなければ、いつまで経っても社会が求める法曹としては不十分だと思っているのですが、若いうちはどうしても社会経験の不足から人の行動に対する理解が表層的になりがちです。その経験の不足を補うのに最適なのは、小説や人物の評伝、歴史書など一見法律と無関係な読書なのですが、これも時間がないとなかなか手が出せません。

弁護士のように当事者の代理人をする立場であれば、多少の無理があると感じても依頼者の意向を最大限に反映するような活動をしていれば大きなミスにはつながりませんが、裁判官のような判断者が経験不足で事実認定を誤ってしまうと、当事者に多大な迷惑をかけることになります。裁判所は、成績優秀な若くして司法試験に合格した人たちを採りたがる傾向があるのですが、採用の際には、法的知識だけでなく、社会や人をどれだけ理解しているかという尺度も取り入れてくれると良いと思っています。

「事実を見る目」を養うことが重要

批判の多い裁判員制度は、このような裁判官の社会経験不足による誤判を防ぐというのが導入のそもそもの狙いだったのですが、量刑に対する裁判員の負担にばかり目が行ってしまうのは残念なことです。
私たちのところに持ち込まれる法的紛争は、過去にあった事実がどのようなものであったのかを解明できれば、結論は自ずと決まるものがほとんどです。その過去の事実を証明するのが難しいために紛争が長期化するのです。

私の授業では、そのようなことを学生に理解してもらい、『事実を見る目を養うことの重要さ』を伝えて来ました。事実を証明するための技術的な指導ももちろんしているのですが、実際の事件は教科書通りに起こってはくれませんので、教科書的な事例はあくまでも一例に過ぎません。

したがって、実際に目の前にある事案に適切な弁護活動は、その都度、弁護士が自分の責任で決断して、依頼者に説明し、納得してもらって行動に移す必要があります。そのためには、弁護士自身の全人格的な能力が問われることになるのです。

私がこの授業で伝えたかったことを本当に理解して法科大学院を卒業した、あるいは卒業時には理解していなかったとしても、実務を行う中で私が伝えたかったことを実感してくれる、そんな履修者がどれくらいいるのかは、今の時点では分かりません。ただ、いずれにしても、私の授業を受けた学生たちが、より良い法曹として社会に貢献してくれることを心から願っています。

***********************************************************************
弁護士舛田雅彦に相談してみたい!と思った方は
ご連絡の際「マイベストプロ北海道のサイトを見た」と「マスダ」をご指名ください。
*連絡先はこちら 札幌総合法律事務所011-281-8448

この記事を書いたプロ

札幌総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 舛田雅彦

北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL:011-281-8448

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサル弁護士マスダ
イメージ

舛田雅彦(マスダマサヒコ)は弁護士と中小企業診断士の資格を取得している、北海道で最初の弁護士です。弁護士としての法律に関する知識と、中小企業診断士としての...

事務所紹介
イメージ

マスダが所属する札幌総合法律事務所についてご紹介いたします。2001(平成13)年10月に設立した、札幌総合法律事務所はチームワークとフットワークをテーマに、皆様...

 
このプロの紹介記事
札幌総合法律事務所 舛田雅彦

中小企業診断士の資格を持つ“コンサル弁護士”が経営者の孤独に向き合います(1/3)

 弁護士は、トラブルが起きた時に頼るべき専門家、つまり平穏な日常からは遠い存在だと感じていませんか?札幌総合法律事務所のパートナー弁護士、舛田雅彦さんは自身でも「弁護士の世話にならないほうが幸せ」と口にしていた時期があったと言います。しかし...

舛田雅彦プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

北海道で最初の「中小企業診断士資格を持つ弁護士」です

会社名 : 札幌総合法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL : 011-281-8448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-281-8448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舛田雅彦(ますだまさひこ)

札幌総合法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
相続人複数の場合に一部の相続人が同意しないと被相続人の預金は引き出せないの?

遺産分割のトラブルで良くあるパターンは、多くの良識的な相続人は別に特別な分け方を希望していないのに、一人だ...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

あなたの契約書の「契約解除条項」は大丈夫ですか?(1)

仕事柄、顧問先等から契約書の内容のチェックを求められることが少なくありません。今回のコラムでは「契約書」...

[ ビジネス・経営 ]

賃貸居室内の自殺によって発生する家主の損害(1)

テレビのニュースを見ていたら、自分が保証人になっていた家族が賃貸住宅で自殺した直後に家主から多額の損害賠償...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

弁護士費用のお話し(1)~弁護士に事件を依頼したらどのくらい費用がかかるのか

皆さんは、弁護士に事件を依頼するといくら支払わなければならないか、おそらく感覚的に理解することは難しいと思...

[ 弁護士業界勝手に解説 ]

倒産会社代表者の想い~万策尽きる前に対応を
イメージ

自分が経営していた会社が倒産することは、自分の収入の道を断たれることはもちろんですが、従業員を路頭に迷わせ...

[ ビジネス・経営 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ