コラム

 公開日: 2013-06-20  最終更新日: 2014-09-19

業際問題のお話し(5)~他の士業の人たちも注目!相続に関する事件の対応

「業際問題」の第5回は、他の士業の人たちも注目している相続事件についてです。
前回のコラムはこちら

クレジットやサラ金を対象とした債務整理事件が既に下火になってきているということはすでに何度かお伝えしてきているとおりですが、法曹関係者の関心は、債務整理事件が下火になった後の収入源となる事件のトレンドは何かというところに移っています。

知人の司法書士から、多くの事務所が債務整理の宣伝をしなくなったけれども、競争相手が減ったせいか、積極的に宣伝している事務所にはいまだに結構な数の依頼が来ているという話を聞いたこともありますが、グレーゾーン金利の撤廃から年数が経過すれば、必然的に事件は無くなりますので、業務の中心をいかにスムースにシフトさせるかは、事務所経営にとっても大事な視点です。

そこで注目されている事件の一つが相続事件という訳です。

行政書士・司法書士・税理士の人たちの相続事件の業務範囲は?

相続事件の分野に進出しているのは行政書士・司法書士に加えて税理士といった士業の人たちですが、これらの士業者は家庭裁判所の代理権を持っている訳ではないので、相続事件の相談を受けることが法的に全く問題ないとも言い切れないのですが、彼らはむしろ積極的に相続事件を扱うようになっています。

司法書士は、被相続人が不動産を所有したまま亡くなった場合の相続登記や遺産分割協議書の作成、事件当事者が本人として家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てる際の申立書の作成代行はできますので、それらの業務に関連して一般の方から相談を受けるということは以前から行っていました。

税理士も、相続となると相続税の問題が発生する可能性があるので、相続に関する相談を受けることは日常的にあります。顧問先の企業の関係で事業承継のアドバイスを求められることもあり、そのプロセスに相続が絡むことも少なくありません。

そういう意味で、もともと司法書士や税理士は相続事件となじみがあったわけですが、昨今ではこれまでの相談の枠を超えて、事実上代理人として行動しているのではないかと思しき事例が増えてきています。

例えば、司法書士が遺産分割協議書の作成をすることは良いのですが、ここで認められているのは、関係者が遺産分割の中身について合意したものを書面化するために作成することです。当事者間の遺産分割協議で話が付いていないのに、一方当事者の意向に基づいて遺産分割協議書の形に書面化したものを相手に送りつけて、署名捺印しなければ調停等の法的手続をすることになるという通知をすることは、文書作成の枠を超えて相手方との交渉そのものになりますので、司法書士の職務権限外ということになります。

このような業務は、実は行政書士も参入してきていますが、行政書士の法律事務取扱には司法書士よりもはるかに限定的な権限しか与えられていませんので、行政書士が同様の行為を行った場合にはさらに違法と評価される可能性が高くなります。

税理士に関しては、私自身も、相手方当事者から依頼されたという税理士から、相続税申告のために相続財産の調査に協力して欲しいとの連絡を受けたことがあります。このときには、相続財産確定のために限定して協力はしましたが、それ以上の交渉にわたることに関しては、当該税理士を介しては対応しないと明言したので、その後この税理士は事件から全く手を引いてしまいました。

合法的に対処できる案件もある~遺言執行者

一方で、合法的に対処できる案件として、司法書士が遺言執行者に就任するような場合があります。遺言執行者については、法的に資格制限がある訳ではなく、誰でもなれることになっていて、司法書士に限らず、行政書士や税理士だってなることは可能です。その報酬も、遺言書に定めてあれば合法的に取得することができます。

そのため、インターネットで遺言書に関する検索をしたときに、検索上位に来るのはほとんどが行政書士で、たまに司法書士がヒットするような状況になっています。そんな状況があるので、遺言書の作成は行政書士の業務であって、弁護士はあまり行わないと勘違いしている人もいるほどです。

遺言書作成に関しても、相続人を含めた利害の調整や遺言者の真意を確認した遺言書の作成をするなど、専門的知識を必要とする点も少なくありません。その点は措くとしても、遺言執行にも相続財産の換価を巡るトラブルや遺言執行者自身と相続人とのトラブルなどもあります。相続事件ともなれば、扱う相続財産の額が大きくなることもありますので、信頼のおける法的知識をもった有資格者に委任する方がトラブルを回避できる可能性は高いと思いますが、いかがなものでしょうか。

ちなみに、多くの弁護士は、事件に関して何らかのミスをしたときに賠償できるよう弁護士賠償保険に加入しています。遺言執行者も弁護士の本来業務として受任することになりますので、この保険でカバーされることになります。他の士業がどのような賠償保険に加入しているのかまでは承知していませんが、仮にそれらの士業者が職務に関する賠償保険に入っていたとしても、遺言執行者はその本来業務として受任することになりませんので、おそらく保険の対象にはならないでしょうから、その辺の安全対策も考えておく必要があるのではないかと思っています。

相続事件にかかる費用は

相続事件は、低価格で簡易迅速に対処すべき事件というよりも、被相続人の相続財産という大きな資産を確実に相続人に分配するという点では、ある程度コストがかかっても的確かつ厳正に行われなければなりません。

また、遺言書作成に関する弁護士費用は、相続財産や人間関係の複雑さに応じて金額は変わりますし、事務所によっても基準は異なりますが、私の事務所では、内容が簡明なものであれば5万円から15万円くらい、複雑なものであれば、相続財産の額に応じますが5000万円くらいの遺産総額であればその1%未満の額になります。

その額が高いか安いかは、依頼者の方が判断することではありますが、弁護士に頼むと法外な金額を請求されていると思っている方には、意外な低価格と思われるのではないでしょうか。

5回にわけて語ってきました業際問題については今回で終了といたします。

************************************
弁護士舛田雅彦に相談してみたい!と思った方は
ご連絡の際「マイベストプロ北海道のサイトを見た」と「マスダ」をご指名ください。
*連絡先はこちら 札幌総合法律事務所011-281-8448

この記事を書いたプロ

札幌総合法律事務所 [ホームページ]

弁護士 舛田雅彦

北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL:011-281-8448

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
コンサル弁護士マスダ
イメージ

舛田雅彦(マスダマサヒコ)は弁護士と中小企業診断士の資格を取得している、北海道で最初の弁護士です。弁護士としての法律に関する知識と、中小企業診断士としての...

事務所紹介
イメージ

マスダが所属する札幌総合法律事務所についてご紹介いたします。2001(平成13)年10月に設立した、札幌総合法律事務所はチームワークとフットワークをテーマに、皆様...

 
このプロの紹介記事
札幌総合法律事務所 舛田雅彦

中小企業診断士の資格を持つ“コンサル弁護士”が経営者の孤独に向き合います(1/3)

 弁護士は、トラブルが起きた時に頼るべき専門家、つまり平穏な日常からは遠い存在だと感じていませんか?札幌総合法律事務所のパートナー弁護士、舛田雅彦さんは自身でも「弁護士の世話にならないほうが幸せ」と口にしていた時期があったと言います。しかし...

舛田雅彦プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

北海道で最初の「中小企業診断士資格を持つ弁護士」です

会社名 : 札幌総合法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL : 011-281-8448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-281-8448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舛田雅彦(ますだまさひこ)

札幌総合法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
相続人複数の場合に一部の相続人が同意しないと被相続人の預金は引き出せないの?

遺産分割のトラブルで良くあるパターンは、多くの良識的な相続人は別に特別な分け方を希望していないのに、一人だ...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

あなたの契約書の「契約解除条項」は大丈夫ですか?(1)

仕事柄、顧問先等から契約書の内容のチェックを求められることが少なくありません。今回のコラムでは「契約書」...

[ ビジネス・経営 ]

賃貸居室内の自殺によって発生する家主の損害(1)

テレビのニュースを見ていたら、自分が保証人になっていた家族が賃貸住宅で自殺した直後に家主から多額の損害賠償...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

弁護士費用のお話し(1)~弁護士に事件を依頼したらどのくらい費用がかかるのか

皆さんは、弁護士に事件を依頼するといくら支払わなければならないか、おそらく感覚的に理解することは難しいと思...

[ 弁護士業界勝手に解説 ]

倒産会社代表者の想い~万策尽きる前に対応を
イメージ

自分が経営していた会社が倒産することは、自分の収入の道を断たれることはもちろんですが、従業員を路頭に迷わせ...

[ ビジネス・経営 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ