コラム一覧 :弁護士業界勝手に解説

1件~15件(33件)

過去の15件

弁護士は何を考えて和解するのか(その1) 建物の明け渡しは結構大変

弁護士に事件を依頼した経験のある方で、裁判を起こして判決になれば勝てそうなのに、弁護士に説得されて譲歩して和解したという経験がある人は少なくないと思います。そんなときに、依頼者の利益を無視して弁護士どうしで談合しているんじゃないかと感じる方も少なくないのではないでしょうか... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2016-04-23

「道弁連大会」~北海道内の弁護士が終結~

 北海道弁護士会連合会(道弁連)とは 今週は、年に一度、北海道内の弁護士が一堂に会する道弁連大会の週です。北海道の弁護士であれば「道弁連」という略称はすんなり耳に入ってきますが、正式名称は「北海道弁護士会連合会」なので、本州の弁護士の中には「北弁連」と呼ぶ人もいます。関東弁... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2014-07-08

弁護士の不祥事と懲戒

今日は残念な内容のことを書いてみることにします。弁護士の横領事件に関する報道がここ数年目立つようになってきました。札幌でも以前、札幌弁護士会に所属していた元弁護士が業務上横領で起訴されたということがありました。この事件が報道された時点で「元弁護士」とされていたのは、こ... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2014-04-30

弁護士が法律家を目指す学生に教える~法科大学院 特任教授

私は、平成25年3月末まで北海道大学の法科大学院の特任教授を務めていました。平成21年4月から、札幌弁護士会の推薦で法科大学院の特任教授を拝命し、4年間、授業を行いました。 特任教授マスダの担当科目:ローヤリング=クリニック 私が法科大学院で教えていたのは、ローヤリング=クリ... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2014-04-15

次世代の弁護士育成~弁護修習指導担当弁護士

弁護士会も新年度となり、弁護士会内部の各委員会もそれぞれの委員長を中心に本格的な活動が始まりました。私も昨年度(今年の3月末)まで司法修習委員会の委員長を務めていましたが、これが結構大変な職務です。何が一番大変なのかというと、毎年11月末から始まる「弁護修習指導担当弁護士」を依... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2014-04-01

【勝手に解説番外編】裁判官はどうやって判決の結論に至るのか 2

前回のコラムでは、実際に起こった事件の概略をお話しいたしました。今回のコラムでは、この事件をもとに、裁判官がどのように考えて判決を出すのかをマスダの分析を交えてお話しいたします。 どうして敗訴になったのか 今回の事件で、地裁の裁判官は、本人尋問のために裁判所に出頭した被告... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-08-06

【勝手に解説番外編】裁判官はどうやって判決の結論に至るのか 1

今回のコラムでは実際にマスダが扱ったある事件を元に、「裁判官がどのようにして判決の結論に至るのか」をお話しいたします。 地裁敗訴からの逆転勝訴判決 数年前のことですが、ある貸金請求事件の控訴審で地方裁判所(以降、地裁といいます)敗訴の後、逆転勝訴判決をもらいました。私か... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-08-01

弁護士が考える「法律の裏ワザ」 2

前回のコラムでは、「法律の裏ワザ」と「法の抜け道」の違いについてお話しいたしました。今回は相続に関する事件で考えた、法的テクニックとして使える裏ワザについて、少しご説明します。 法的テクニック~時効を利用する土地の名義変更 もう十数年前になりますが、地方のある組合から不動... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-07-30

弁護士が考える「法律の裏ワザ」 1

弁護士は法律のプロとして知られていますが、法律のプロというと「法の抜け道」を知っている人と誤解されることがあります。 法の抜け道 < 社会常識 法律を知っているということから、法の不備があれば、そのことを知ったうえで「抜け道」もアドバイスしてもらえると思われるのかもしれま... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-07-25

弁護士の夏休み

イメージ

そろそろ子どもたちも夏休みが始まるころですね。と、いうわけで今回は「弁護士の夏休み」についてお話しいたします。 休廷期間と夏休み 私たち弁護士の業界はというと、はっきりと夏休みと表示する弁護士は少ないと思いますが、裁判所の期日が入りにくくなるために、この時期はどうしても... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-07-23

離婚事件のお話し(6)~迅速な解決のためにはどうしたらよいか

前回の離婚事件のお話では、はじめてご相談されるときはこんな準備があるとなお良いというお話しをいたしましたが、今回は、実際にご依頼を受けたときのお話しをいたします。 クイックレスポンスが事件準備をスムーズに! そして、実際に事件を受任して感じるのは、レスポンスの速度です。... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-07-18

離婚事件のお話し(5)~事前準備の資料があるとアドバイスも具体的

弁護士の業務は非常に雑多で、離婚や相続などの家事事件、債務整理や企業の倒産処理、交通事故、労働事件、刑事事件や少年事件などなど非常に多くの種類を扱う訳ですが、そのなかでも、過去に起きた事実について、損害賠償などの法的責任を争うような事案は、代理人としても、その事実を的確に理解... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-07-16

離婚事件のお話し(4)~離婚事件の解決への近道を探る2

今回は、係争例をもとに具体的に「どうすることが解決の近道なのか」を解説していきます。前回のお話しはこちら 係争1 ~親権~ 難しい事案の一例として親権を巡るトラブルがあります。父親から依頼を受けたときに、事前の打ち合わせの段階から、「子供の年齢や現在の養育環境を考えると... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-07-11

離婚事件のお話し(3)~離婚事件の解決への近道を探る1

離婚事件のお話し3回目は、離婚事件で遭遇する依頼者のお話です。前回のお話しはこちら 離婚事件ならではの難しさ どのような事件でも、弁護士は依頼者から提供された情報をもとに相手方と対峙することになりますし、依頼者と協力しなければ良い結果に結びつかないものです。そんな原則が... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-07-09

離婚事件のお話し(2)~家庭裁判所の調停制度と弁護士費用

今回は、家庭裁判所の調停制度と離婚事件にかかる弁護士費用について解説していきたいと思います。前回までのお話しはこちら 弁護士費用と家庭裁判所の調停制度 前回のコラムの最後で私は弁護士が介入しなくても当事者同士で解決できそうな状況であれば、以下のようなアドバイスをする。と... 続きを読む

弁護士業界勝手に解説

2013-07-04

1件~15件(33件)

過去の15件

RSS
コンサル弁護士マスダ
イメージ

舛田雅彦(マスダマサヒコ)は弁護士と中小企業診断士の資格を取得している、北海道で最初の弁護士です。弁護士としての法律に関する知識と、中小企業診断士としての...

事務所紹介
イメージ

マスダが所属する札幌総合法律事務所についてご紹介いたします。2001(平成13)年10月に設立した、札幌総合法律事務所はチームワークとフットワークをテーマに、皆様...

 
このプロの紹介記事
札幌総合法律事務所 舛田雅彦

中小企業診断士の資格を持つ“コンサル弁護士”が経営者の孤独に向き合います(1/3)

 弁護士は、トラブルが起きた時に頼るべき専門家、つまり平穏な日常からは遠い存在だと感じていませんか?札幌総合法律事務所のパートナー弁護士、舛田雅彦さんは自身でも「弁護士の世話にならないほうが幸せ」と口にしていた時期があったと言います。しかし...

舛田雅彦プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

北海道で最初の「中小企業診断士資格を持つ弁護士」です

会社名 : 札幌総合法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区北5条西11丁目17-2 [地図]
TEL : 011-281-8448

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-281-8448

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

舛田雅彦(ますだまさひこ)

札幌総合法律事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
相続人複数の場合に一部の相続人が同意しないと被相続人の預金は引き出せないの?

遺産分割のトラブルで良くあるパターンは、多くの良識的な相続人は別に特別な分け方を希望していないのに、一人だ...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

あなたの契約書の「契約解除条項」は大丈夫ですか?(1)

仕事柄、顧問先等から契約書の内容のチェックを求められることが少なくありません。今回のコラムでは「契約書」...

[ ビジネス・経営 ]

賃貸居室内の自殺によって発生する家主の損害(1)

テレビのニュースを見ていたら、自分が保証人になっていた家族が賃貸住宅で自殺した直後に家主から多額の損害賠償...

[ マスダの解説~実際の事件から ]

弁護士費用のお話し(1)~弁護士に事件を依頼したらどのくらい費用がかかるのか

皆さんは、弁護士に事件を依頼するといくら支払わなければならないか、おそらく感覚的に理解することは難しいと思...

[ 弁護士業界勝手に解説 ]

倒産会社代表者の想い~万策尽きる前に対応を
イメージ

自分が経営していた会社が倒産することは、自分の収入の道を断たれることはもちろんですが、従業員を路頭に迷わせ...

[ ビジネス・経営 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ