コラム

 公開日: 2013-02-27  最終更新日: 2014-07-04

三角屋根、スノーダクト屋根、フラットルーフ屋根の違いで屋根の雪はどう積る?

2013年、札幌は記録的な大雪に見舞われました。2013年2月25日、26日に私が第3者工事監理(建て主サポート)や設計・監理で関わった三角屋根(落雪防止屋根)、スノーダクト屋根、フラットルーフ屋根の雪の状態を施主にご協力いただき、撮影、比較してみました。屋根形状の選択の参考にしていきたいと思います。尚、2011年2月同一日に撮影した記録は前掲コラム「屋根の雪 屋根の形よってどうなるか?」に載せていますので、合わせてご覧ください。北海道立北方建築総合研究所からも冊子「戸建住宅の屋根の雪処理計画」が出されています。

三角屋根(落雪防止屋根)
輸入住宅メーカーの設計・施工の住宅ですが、建て主から依頼され私の事務所で工事監理相当の施主サポートをさせていただいたご住宅です。竣工してから今年で14年になります。
コロナルーフという屋根材で、鋼板表面に石粉を吹き付けて表面がザラザラとなっていることで、雪が滑落しないしくみとなっています。 
建設当時は、この屋根材について北海道立寒地住宅都市研究所で落雪状況の研究がされている最中でしたが、現在は、確認申請において札幌市の「落雪防止の機能を備えた屋根材とみなされる工法による場合」の一つになっています。軒先から敷地境界まで1.1m以上の離れをとるとクリップ式雪止め等を設置しなくても確認申請上、「設計者及び建築主が氷雪の落下による危害を防止するために有効な措置であると判断した」として良いことになっています。

道路正面(南) 
雪が落雪しないで屋根に積もっている様子がわかります。
谷のところは氷柱が1mほど成長しています。
軒先と道路正面左側(西側)敷地との離れは0.4mで、西面はクリップ式雪止めを設置しました。

三角屋根 落雪防止屋根 コロナルーフ

道路反対面(北) 
落雪しないで屋根に雪が30㎝程度積もっています。小さな氷柱(つらら)が軒先に下がっていました。奥の屋根端部では1m程の氷柱があります。朝陽で雪が融けやすいせいかもしれません。

三角屋根 落雪防止屋根 北側

竣工当時は、この屋根材について北海道立寒地住宅都市研究所で落雪状況の研究がされている最中でしたが、現在は、確認申請において札幌市の「落雪防止の機能を備えた屋根材とみなされる工法による場合」の一つになっています。
軒先と敷地との離れは1.1mあります。
          
スノーダクト屋根(トイ有のM型屋根)  
設計及び工事監理をさせていただいたご住宅です。
2月25日撮影ですが、その日、写真を撮らせていただいた後、2階の雪庇(せっぴ)落としをされていました。
スノーダクト屋根

フラットルーフ屋根(緩勾配片流れ屋根)
1階車庫、2階ピアノルームの増築部分を設計、工事監理をしたご住宅です。
道路正面(南)
風下側に雪庇(せっぴ)が発達しているのが見受けられました。道路側には雪庇はありませんでした。

フラットルーフ屋根 南側

道路反対側(北) 
設計上ガッチリとした雪止めを設置していますが、予想どおり屋根勾配の水下側に50㎝程度の雪庇(せっぴ)が伸びていました。

フラットルーフ屋根 北側
 
以下札幌市役所ホームページより抜粋
札幌市では、建築確認において「氷雪の落下による危害を防止するための措置」をつぎのとおりとしています。
・軒先から敷地境界線までの水平距離が十分にとれる場合
・屋根面に雪止め金具を有効に設置する場合
・落雪防止の機能を備えた屋根材とみなされる工法による場合
 
「落雪防止の機能を備えた屋根材とみなされる工法による場合」
商 品 名           軒先から敷地境界までの距離
1.スノーストッパールーフ         ―
2.ステイルーフ              ―
3.ルーフヒーティング           ―
4.コロナルーフ             1.1m以上
(アンバサダ、カワラS等を含む)   
5.ローザールーフ            1.3m以上
6.横葺き210S              ―
7.金属屋根材メトロタイル        1.1m以上
8.金属屋根材ディーズルーフィング    1.1m以上
9.ストーンウェイブⅠ型         1.1m以上

なお、「落雪防止の機能を備えた屋根材」については、設計者及び建築主が氷雪の落下による危害を防止するために有効な措置であると判断し設置するものであり、それを前提に建築確認をすることになります。

中島建築設計事務所
http://nakajima-sekkei.com

この記事を書いたプロ

有限会社 中島建築設計事務所 [ホームページ]

一級建築士 中島正晴

北海道札幌市白石区平和通8丁目南3-6 中島ビル2F [地図]
TEL:011-861-3360

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

76

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
中島正晴 なかじままさはる

遊び心のある仕掛けが暮らしを楽しくする(1/3)

 和室の床の間に壺(つぼ)が置かれ、水琴窟(すいきんくつ)の音を優雅に鑑賞できる家。ダイニングテーブルのそばには飾り棚、居間収納の引き戸には額縁式の装飾スペースが設けられ、思い出の品や季節の室礼(しつらい)を楽しむことのできる家。ペットのネ...

中島正晴プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

生活を楽しむための遊び心のある設計が強み

会社名 : 有限会社 中島建築設計事務所
住所 : 北海道札幌市白石区平和通8丁目南3-6 中島ビル2F [地図]
TEL : 011-861-3360

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-861-3360

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中島正晴(なかじままさはる)

有限会社 中島建築設計事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
家づくりの順序2 ~要望の整理の仕方、プラン提案依頼、モデルハウス見学~

 住宅メーカーにプラン提案を依頼する前に  家づくりで実現したいことを家族で話し合った後はもっと詳しく自...

[ 新築 家づくりの順序 ]

家づくりの順序1 ~実現したい夢、資金計画、総予算、土地と建物予算配分~

 家づくりで一番最初にするべきことは?  ご夫婦で「家づくりで一番実現したいことは何か?」をよく話し合っ...

[ 新築 家づくりの順序 ]

北海道移住計画!住みたい街ランキング 札幌市 全国3位
イメージ

 住みたい街ランキング 北海道札幌市 全国3位  北海道に住もう!北海道に家を建てよう!年々北海道に移...

2015年まだ間に合うバレンタインおしゃれインテリア★ラッキーカラー
イメージ

来月はバレンタインデーですね。お部屋のインテリアもバレンタインに向けて、模様替えをしてもいいかもしれませ...

第66回 札幌雪まつり 2015年2月5日(木)〜2月11日(水・祝) Sapporo

 第66回 札幌雪まつり 2015年2月5日(木)〜2月11日 Sapporo snow festival 2015 いよいよ来月から札幌雪ま...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ