コラム

2016-09-07

今、改めて決めておこう!「経費に対するブレない考え方」

最近では、スマホで領収書を撮影してアップロードすれば経費データに登録されるといった便利なサービスもあります。
ただし、「どの支出がどの経費、どの科目にあたるのか」、あるいは「この領収書は経費として計上できるのか」といった判断は相変わらずアナログで、当事者自身が下すものです。

今回は、たとえ税務調査に踏み込まれた場合でもきちんと対応できる「経費に対するブレない考え方」について、ポイントを解説します。

<経費として認められるものは何だろう?>
皆さんは、どういうものが経費だと思いますか?
一般的な経費として、地代家賃や光熱費、新聞図書費、交通費などと判断し、処理しているものも多いことでしょう。

ですが、個人事業主や社長によっては、これは経費だと自分では判断しているけれども、税理士とは意見が異なる、あるいは、税務調査が入った場合に厳しく問い詰められてしまう、といったこともあるかもしれません。

有名な元プロ野球選手の話です。
ある時、税務調査が入り、申告漏れが指摘されました。そこで経費として認められないとされたのが「かつら」ではなく、「植毛」でした。

国税局によると、「かつらは経費として認められるが、植毛は美容整形にあたるので認められない」という説明があったそうです。
しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

<業務上必要といった認識をはっきり持っておくこと>
植毛が経費に認められるかどうかは、専門家でも見解が分かれるところです。

ある税理士は「芸能人が見栄えを良くして仕事を得るためにつけるかつらは、衣装や小道具と同じ。プライベートで外すなら経費にしても構わないでしょう。
しかし、植毛は着脱ができないので、美容整形の一種と考えるのが妥当」と解釈しています。

美容整形は「容姿を変化し、容ぼうを変えるためのもの」で、医師による治療行為を受けたものではないため、原則として医療費控除の対象になりません。
つまり、植毛は経費にも医療費控除の対象にもならないとしています。

一方、元国税局勤務の専門家は、次のような個人的見解をしています。
「芸能人は、紅白歌合戦などで豪華な衣装を着ることで話題となり、仕事が取れることがあります。よって、衣装は明らかに経費になると判断できます。
 かつらは、とらえ方によっては衣装と同じ。テレビ出演のためにかつらを購入する。頭髪が薄いまま出演をすれば仕事が来なくなると考えるのであれば、かつらは経費になるでしょう。
 かつらと植毛にあまり違いがないと考えれば、かつらが経費で、植毛が経費ではないとは言えないのでは。顧問税理士と一緒に『植毛しなければ仕事が来ない。これは経費です!』とはっきり主張していれば、国税局の判断も変わっていた可能性があるでしょう」

<税理士との意思疎通、すり合わせが大切>
そこで、税務調査で何かあったときに矢表に立ってもらうのが顧問税理士です。
日頃から何が必要な経費で、どういう根拠があるのかを顧問税理士と話し合っておくことが大切です。
業界によって特有な経費のバリエーションも自分なりにきちんと理由付けし、「これは業務上必要なものだ」というブレない意識さえ持ってさえいれば、顧問税理士や調査官の理解を得られるケースが多いのです。

この記事を書いたプロ

岡﨑正毅税理士事務所 岡﨑麻美社会保険労務士事務所 [ホームページ]

税理士 岡﨑正毅

北海道札幌市中央区大通西10丁目4 NYビル2F [地図]
TEL:011-215-1681

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相続でお困りの方へ

◆初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。◆相続税の申告・納付は、相続開始から10ヶ月以内です。 ◆「相続税試算」「生前対策」「相続税申告」はお任せ...

会計・税務・労務

◆貴方の「夢」を実現するために、会計・税務・労務等の専門家として常にサポート。◆「立ち上げ支援」から「経理指導」や「労務手続き」そして「決算・申告」まで。 ◆...

 
このプロの紹介記事
岡﨑正毅 おかざきまさき

経営業績や資産状況を「見える化」して分かりやすくサポート(1/3)

 岡﨑正毅税理士事務所は、税務相談や経営相談、財務会計、節税、相続対策など法人、個人に関わらず総合的に対応しています。中でも、企業の税務会計業務では経営状況を数値化し、強み、弱みを客観的なデータに基づいて分析。「ただし数字ありきではなく、企...

岡﨑正毅プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

会社設立から相続まで「税の町医者」として分かりやすく対応

事務所名 : 岡﨑正毅税理士事務所 岡﨑麻美社会保険労務士事務所
住所 : 北海道札幌市中央区大通西10丁目4 NYビル2F [地図]
TEL : 011-215-1681

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-215-1681

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡﨑正毅(おかざきまさき)

岡﨑正毅税理士事務所 岡﨑麻美社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
まずはこれだけ押さえておこう! 税務調査への対応ポイント

毎年、訪れる税務申告に加えて「税務調査」は、経営者の皆さんにとってプレッシャーに感じることでしょう。そん...

[ 税金 ]

平成25年度税制改正で相続税の基礎控除額が引き下げ

3月の年度末ギリギリに平成25年度税制改正が国会で成立しました。今回の税制改正のトピックの1つが、相続税の実質...

[ 税金 ]

子どもや孫への教育資金1500万円は非課税

平成25年度税制改正のトピックの1つとして注目されているのが、「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税規定の...

[ 税金 ]

平成25年度新入社員はルンバ(ロボット掃除機型)。能力を発揮させる環境整備が必要

財団法人社会経済生産性本部の「職業のあり方研究会」は、ちょっと前に、今年度・平成25年度の新入社員の特徴を発...

[ ビジネス ]

朝礼や待機時間は労働時間に含む?

始業前に朝礼や準備体操を実施している会社は多いと思われます。朝から気持ちを高めて、社員が一丸となって仕事...

[ 労働法 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ