コラム

 公開日: 2017-06-05 

昼休みの電話当番は休憩時間? 労働時間?

「昼休みには日替わりで数人の社員がオフィスに残り、電話当番を担当する」

こんなケースは中小企業なら珍しくありません。
では、電話当番の時間は、休憩時間、労働時間のどちらに該当するのでしょうか?

■昼休みの電話当番は労働時間に該当
結論からいうと、昼休みの電話当番は労働時間に該当し、休憩時間とはみなされません。
労働基準法第34条3項で示しているように、
使用者は「休憩時間を自由に利用させなければならない」と規定されているのです。

昼休みの電話当番を命じられた場合、オフィスでの場所的拘束を受けます。
電話がかかってきたら即座に対応しなければならず、
社員が労働から離れることが保障されていないので、休憩時間とはいえません。

「もし、昼休み中に電話がかかって来なかった場合は、休憩になるのでは?」と考えてしまいがちですが、これは違います。電話当番をしている以上、外出ができず、休憩時間を自由に利用させている状態とはならないからです。

■「実は労働時間に該当する」事例
他にも以下のようなケースなどが労働時間とみなされています。実際の裁判例を挙げておきます。

・飲食店の店員が休憩時間中でも来客時には対応することを義務付けられた
・ビル内巡回監視員が休憩時間と仮眠時間に、電話応対や警報に対応した必要な措置を義務付けられた
・ホテル従業員が休み時間にフロントで食事をすると決められ、モニターのチェックや電話対応が求められた
・観光バス運転手が目的地到着後の休憩時間中でも、利用客との打ち合わせや車両点検等を義務付けられた

■休憩時間には賃金が発生しないが、業務から完全に離れていないと賃金が発生する
基本的には休憩時間中には賃金は発生しません。
それゆえ、休憩時間を自由に利用させなければなりません。

休憩の合間に電話を取るなど、業務から完全に離れていない行為は労働時間とみなされ、
賃金発生の対象となるので、気をつけてください。

この記事を書いたプロ

岡﨑正毅税理士事務所 岡﨑麻美社会保険労務士事務所 [ホームページ]

税理士 岡﨑正毅

北海道札幌市中央区大通西10丁目4 NYビル2F [地図]
TEL:011-215-1681

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相続でお困りの方へ

◆初回のご相談は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。◆相続税の申告・納付は、相続開始から10ヶ月以内です。 ◆「相続税試算」「生前対策」「相続税申告」はお任せ...

会計・税務・労務

◆貴方の「夢」を実現するために、会計・税務・労務等の専門家として常にサポート。◆「立ち上げ支援」から「経理指導」や「労務手続き」そして「決算・申告」まで。 ◆...

 
このプロの紹介記事
岡﨑正毅 おかざきまさき

経営業績や資産状況を「見える化」して分かりやすくサポート(1/3)

 岡﨑正毅税理士事務所は、税務相談や経営相談、財務会計、節税、相続対策など法人、個人に関わらず総合的に対応しています。中でも、企業の税務会計業務では経営状況を数値化し、強み、弱みを客観的なデータに基づいて分析。「ただし数字ありきではなく、企...

岡﨑正毅プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

会社設立から相続まで「税の町医者」として分かりやすく対応

事務所名 : 岡﨑正毅税理士事務所 岡﨑麻美社会保険労務士事務所
住所 : 北海道札幌市中央区大通西10丁目4 NYビル2F [地図]
TEL : 011-215-1681

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-215-1681

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

岡﨑正毅(おかざきまさき)

岡﨑正毅税理士事務所 岡﨑麻美社会保険労務士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
同じ契約でも印紙税額が5分の1になる!

契約書を交わす度に度に必要になってくるのが、印紙税。 誰だって節約できるなら節約したいものです。 同一...

[ 税金 ]

今、改めて決めておこう!「経費に対するブレない考え方」

最近では、スマホで領収書を撮影してアップロードすれば経費データに登録されるといった便利なサービスもあります...

[ ビジネス ]

まずはこれだけ押さえておこう! 税務調査への対応ポイント

毎年、訪れる税務申告に加えて「税務調査」は、経営者の皆さんにとってプレッシャーに感じることでしょう。そん...

[ 税金 ]

平成25年度税制改正で相続税の基礎控除額が引き下げ

3月の年度末ギリギリに平成25年度税制改正が国会で成立しました。今回の税制改正のトピックの1つが、相続税の実質...

[ 税金 ]

子どもや孫への教育資金1500万円は非課税

平成25年度税制改正のトピックの1つとして注目されているのが、「教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税規定の...

[ 税金 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ