コラム

2016-04-10

When to give it up..

もともと動物看護師であった私には、今までのトレーニング内容というのは、ほとんど「経験」からである。もちろんアメリカにいた頃に培った知識や技術、そして動物病院で働いていたときの飼い主さんとのやり取りや犬猫の保定(いかに動物にストレスかけることなくじっと治療をさせてもらえるように、動物の体をコントロールすること)が基本。
だからちまたでの「訓練士」というものではない。経験を基軸に、いろいろな訓練士のやり方や、いろいろなトレーナーのやり方、トレーニングのバイブルと言われる本でのやりかたを盗み、試し、そぎ落としてきて、残っている方法が今の私が行う「トレーニング技術」である。

そうして今までの人生の中で、1000頭以上もの犬達に出会い、飼い主さんと交わってきた。そしてその交流の中で、こういう時にはこうしたほうがいい、こういう時にはこれをしちゃいけない、というトレーニングルールの法則を見出してきたわけであるが・・・。

やはり結果が出ないのももちろんある。

飼い主が悪いわけでもない。もちろん犬は悪くない。
・・・悪いのは、すべて私である。
飼い主にうまく方法を伝えられていない、伝えていても相手に理解をさせられていない、一方的にしゃべりすぎ相手をドン引きさせる、・・・いろいろ失敗経験はある。

しかしなにより自分の中で難しいのは、「自分では結果を出すことができない、といつ認めるか」である。敗北を認めたくないから、結果が出なければ意地になって他のやり方を模索し続ける。プロなのに、プロだから、「自分では無理」と認めるのが・・・とにかくむずかしい。

今まで何年もの間、とてもよくしていただいていた飼い主がいた。今までずっと飼い犬の問題行動に対する相談を受けていた。アドバイスはしていたものの、ただ、その飼い犬達の行動がなかなか変わらない。「お金を取っているわけではないから・・」「友達感覚で教えて頂けだけら・・」なんていうのは、実は自分への言い訳だった。いろいろやってみてもらってはいたが、どうしても変化が見られなかった。

そうこうしているうちに、その人は他のドッグトレーナーに依頼をしていることが判明。しかも、今まで私がこんなにも頭を悩ませていた行動に対して、あたかも数回のトレーニングで結果が出ているという。
・・・ショックでしかなかった。完全なる敗北感を味わった。
その飼い主にとっても、きっと私ではない人に助けを求めるなんて、バツが悪かったに違いないと思うし、私も私で、穴があったら入りたい気分であった。

でも。
「敗北だ」と言っている自分がいかに小さな人間なのだろうか。どうしてこうも自分よがりに考えていたのだろうか。犬や飼い主のためにやっているはずのこの仕事。いつのまに「自分のために」になっていたことだったろうか。いつのまに、こんなに自己中心的な考えに陥っていたのだろうか。

その犬とその飼い主のためには、自分のできる範囲のことを目一杯して、それでももし結果が出ない場合は、自分はもうこれ以上できないと認め、すぐに他のプロへとバトンタッチをしてあげる。そして、いつかその新しいトレーニング方法を身につけられるように精進していく。

それが、プロとしてプライドが出てしまうとなかなか難しい。線引きができなくなってしまうのが一番怖い。
わからないことがあれば、そして自分ではもう無理と感じたときには、いさぎよく他のプロへの橋渡しをする。これを恐れない自分を目指していきたいと思っている。

人間が心も身体も健康でいられる生活のために。犬に関するお手伝いをさせていただきます。
札幌のプロフェッショナルなドッグケア施設、ワントゥハウンズ。
www.one-to-hounds.com

この記事を書いたプロ

1/2Hounds(ワン トゥ ハウンズ) [ホームページ]

ドッグトレーナー 橘和子

北海道札幌市南区石山2条6丁目7-83 [地図]
TEL:011-301-5552

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
橘和子 たちばなかずこ

犬と飼い主がベストパートナーになれるお手伝いを(1/3)

 愛犬をドッグホテルに預けて旅行に出かけたものの、愛犬のことが気になって、心の底から楽しむことができなかったり、自分たちだけが楽しんでいることに罪悪感を覚えたり……。なかには「ワンちゃんと離れられないから旅行はしない」という人さえいます。で...

橘和子プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

犬と飼い主の心のケアを重視したドッグ関連サービスに強み

会社名 : 1/2Hounds(ワン トゥ ハウンズ)
住所 : 北海道札幌市南区石山2条6丁目7-83 [地図]
TEL : 011-301-5552

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-301-5552

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

橘和子(たちばなかずこ)

1/2Hounds(ワン トゥ ハウンズ)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
Reflex..between human and animals

以前、ネットで何万回も観閲されていたと話題になり、ニュースにまで取り上げられた動画がある。「こちょこちょ、...

Exam!

熟女子大生となり、3か月がすぎた。最初の1ヶ月はとにかく戸惑う毎日が続き、一週間経つのがまるで一年かかって...

Mounting, Humping, Com'on Baby!! (上)〜腰を振る理由

”どうして犬って腰を振るの?” ”やめさせなきゃいけない行動?” などなど、私自身、飼い主さんからよく聞かれる...

Back Then, and Now...

むかーしむかし、学生だったのは、さかのぼることウン十年前の話。でもあと数日後には、「学生生活」が過去形か...

[ 「熟」女子大生 ]

足、つべたいの

今朝、居候のちーちゃんをお散歩につれて出た。・・・このちーちゃんはお店で唯一、毎日のお散歩に「いかない」...

[ ドッグトレーニング ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ