コラム

 公開日: 2013-06-29  最終更新日: 2017-05-01

相続の基礎知識 ~寄与分~

 みなさんは、相続の際、被相続人の介護をしたり、面倒をみたという人が特別に優遇されるべきであると思いますか?
 これは、多くの人が何となく「そうかもしれない」と感じるところなのではないでしょうか。
 両親を引き取って介護したのだから、相続のときにはその分が考慮されるのではないか・・・そう思うことは、おかしいことではありません。

寄与分とは

 実際、相続の制度には「寄与分」という制度があります。

 寄与分とは、特定の相続人が、被相続人の財産の維持または形成に特別の寄与、貢献した場合に、その相続人に対して寄与に相当する額を加えた財産の取得を認める制度をいいます。
 このとおり、寄与分といえるためには、被相続人の「財産」の維持または形成に特別の寄与、貢献があったことが必要となるので、①特定の相続人の寄与行為によって被相続人の財産の維持又は増加があること、②寄与行為が「特別の寄与」といえることの双方が必要となります。

 具体例でいいますと、最も認められやすいのは、ある特定の相続人が両親に財産を贈与したようなケースです。
 これによって両親の遺産が増えていたということになれば、寄与分として認められやすいと思います。

 場合によっては認められる可能性があるケースとしては、両親の事業を手伝ったり、両親の賃貸不動産を管理したようなケースです。
 このような場合、無償で手伝っていれば認められやすくなりそうですが、両親から給与をもらっていたりすると「特別の寄与」と認めてもらえない可能性があるため、常に寄与分が認められるとまではいえないのです。

介護で寄与分は認められるか?

 そして、もっとも難しいのが、介護になります。

 介護が「寄与分として考慮される=相続する財産が増える」こともあります。
 ですが、配偶者や親子など扶養義務のある人同士では「扶養の一環」とされてしまい、「特別の寄与」と認めてもらえず、相続で全く考慮されないこともあるのです。

 このとおり、寄与分によって、両親の介護をしたことが相続の際に有利に考慮されることもありますが、必ずそうなるとは限りません。
 場合によっては、介護についてほとんど考慮されずに、他の相続人と全く同じ相続分でしか相続できないこともあるのです。

 「介護をすれば自分に財産が来る」とは限りません。このことは、ぜひ知っておいてください。

****************************************************
紛争予防のため、備えのため、ぜひ早めにご相談ください。

私が所属する札幌おおぞら法律事務所のHPはこちらです。
ぜひご覧ください。
http://www.ozoralaw.com/
****************************************************

この記事を書いたプロ

札幌おおぞら法律事務所 [ホームページ]

弁護士 川島英雄

北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL:011-261-5715

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事務所紹介
おおぞら事務所が入っているビルです。

 私の事務所を紹介します。 札幌おおぞら法律事務所は、平成12年8月に、私の先輩弁護士である太田賢二弁護士と田中貴文弁護士が開設しました。 目指したの...

こんなときにご相談ください

 おおぞら事務所では、基本的には「どんな事件の相談も」受け付けています(*)。 みなさんは、弁護士に相談する問題なのかどうかわからない、誰に相談してよい...

 
このプロの紹介記事
川島英雄 かわしまひでお

何でも気軽に相談できる身近な弁護士でありたい(1/3)

「弁護士は、敷居が高いと思われている方も多いと思います。大きなトラブルや裁判の時に頼むものだと……。でも、その段階というのは、お医者さんに置き換えると、入院や手術に相当します。出来ればそうなる前に、“風邪かもしれないから、取りあえず近くの病...

川島英雄プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

すぐれた対話力と医療知識を生かし交通事故・医療分野に強み

事務所名 : 札幌おおぞら法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL : 011-261-5715

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
法定相続情報証明制度について

 久しぶりの投稿です。 法定相続情報証明制度をご存知ですか?  新聞などでも紹介されていますが、本...

[ 相続問題 ]

交通事故 ~最近の保険会社の傾向~

 以前のコラムで、相手方が強気な主張をする傾向を感じると書きました。 交通事故の事案でいえば、相手方の保...

[ 交通事故 ]

医療事件 ~医療事故調査制度の利用~

 今年の10月から、医療事故調査制度が始まりました。 制度の内容はいろいろなところで解説されているので、...

[ 医療事故 ]

弁護士のこと ~最近の弁護士の傾向?~

 すっかりコラム執筆をご無沙汰していました。 今年度は4月から本業がかなり忙しく、執筆する余裕がなかなか...

[ 弁護士・士業のこと ]

世論調査について ~「景気・雇用対策」を並べるのはおかしい~

 以前も世論調査についての疑問を書いたことがありますが、他にも以前からずっと感じ続けている疑問が一つあるの...

[ 近況・雑感 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ