コラム

 公開日: 2013-09-12  最終更新日: 2016-05-06

医療事件 ~医師の過失(ミス)が疑われるケース~

 医療事故事件の中で、お医者さんの過失(ミス)がかなり疑われるというケースや、最終的に過失(ミス)を前提とした解決ができたケースは、ある程度類型化できます。
 絶対のものではありませんが、参考にしていただきたいと思います。

1 異物が体内に残っていた
 これは特にコメントするまでもありません。よくあるのは、手術中に使用したガーゼを体内に置き忘れてしまったというケースです。
 このケースでは、医師の過失(ミス)はほぼ争いがないことが多いですが、因果関係といって「その医師の過失(ミス)で発生した損害なのかどうか」ということが争われることがあります。

2 定期的な検査や通院をしていたのに重大な病気が発見されなかった
 これは、ある病気のために定期的な検査や通院をしていたのに、別の重大な病気が発見されず、後になって発見された時には手遅れかその一歩手前であったりするケースです。
 このケースでは、医師の見落としが疑われるのですが、そうはいっても必ず見落としだったと断言できるわけではなく、一般の医療水準ではどうしても発見できなかったという場合もあります。
 ですから、そのお医者さんがどんな検査や診察などをしていたのか、一般の医療水準に合致した対応をしていたのかということが重要な判断要素となります。

3 手術中や手術直後、または入院管理中の急変
 簡単な手術だと聞いていたのに急変したというケースや、入院中で毎日の兆候や検査データなどを管理していたはずなのに急変してしまったというケースです。
 このケースも、手術の手技ミスや、術中術後管理の不備、医師の見落としなどが考えられます。
 ですが、上記同様、一般の医療水準ではどうしても避けられなかった不幸な結果だったという場合もあるので、やはりそのお医者さんがどんな検査や診察などをしていたのかなどをよく検討する必要があります。

4 説明不足
 手術や検査の際に、リスクの説明をきちんとせずに実施して重大な結果が生じてしまったケースなどがあたります。
 本来、きちんとリスクを説明して同意を得てから手術などをするのが原則なので、きちんとした説明がなされなければ患者の自己決定権を侵害したということになるはずです。
 もっとも、緊急の場合など、医師の判断でその治療方法を選択することがやむをえないと考えられる場合や、たとえリスクがあっても他の選択肢を選択させることが相当ではないと思われる場合などでは、説明を尽くさなかったことが医師の過失(ミス)とはいえないケースもあります。
 さらに、医師には、患者さんが病気や治療方法の全てを理解するほどまでに説明を尽くす義務はないとされているので、患者さんが「自分はわからなかった」というだけでは、必ずしも説明義務違反とは限りません。

5 過失(ミス)を指摘しにくいケース
 過失(ミス)を指摘しにくい典型的なケースは、縫合不全のケースと、細菌感染症のケースです。
 どちらも、お医者さんが最善を尽くしていても、一定の確率で悪い結果が生じてしまう可能性があるためです。つまり、悪い結果が生じたとしても、それだけでは医師の過失(ミス)がすぐに疑われるという関係にないのです。
 もっとも、これらのケースでも、医師の過失(ミス)で悪い結果が生じることもありますから、いきなり泣き寝入りすることはありません。過失(ミス)を問うことが難しいケースであることを一定承知していただき、それでもなお「今回はおかしいのではないか?」と医師の過失(ミス)を疑うということであれば、何らおかしいことではありません。

***********************************************************
私が所属する札幌おおぞら法律事務所のHPはこちらです。
ぜひご覧ください。
http://www.ozoralaw.com/
***********************************************************

この記事を書いたプロ

札幌おおぞら法律事務所 [ホームページ]

弁護士 川島英雄

北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL:011-261-5715

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事務所紹介
おおぞら事務所が入っているビルです。

 私が所属している札幌おおぞら法律事務所を紹介します。 札幌おおぞら法律事務所は、平成12年8月、同期である太田賢二弁護士と田中貴文弁護士が、北海道の広...

こんなときにご相談ください

 おおぞら事務所は、「包容力のある事務所」として、基本的にはどんな事件の相談でも取り扱っています(*)。 みなさんから見ると、弁護士に相談するべき問題な...

 
このプロの紹介記事
川島英雄 かわしまひでお

ホームドクターのような感覚で相談できる弁護士に(1/3)

 「札幌おおぞら法律事務所」 に所属する弁護士・川島英雄さんが重点的に取り扱っているのは、離婚、親子関係、遺言、相続など家庭に関する問題。特に最近は遺産相続のトラブルが増えているとか。「資産家じゃないから」「うちはみんな仲がいいから」と楽天...

川島英雄プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

コミュニケーション能力と医療知識を生かし家庭・医療分野に強み

事務所名 : 札幌おおぞら法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL : 011-261-5715

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故 ~最近の保険会社の傾向~

 以前のコラムで、相手方が強気な主張をする傾向を感じると書きました。 交通事故の事案でいえば、相手方の保...

[ 交通事故 ]

医療事件 ~医療事故調査制度の利用~

 今年の10月から、医療事故調査制度が始まりました。 制度の内容はいろいろなところで解説されているので、...

[ 医療事件 ]

弁護士のこと ~最近の弁護士の傾向?~

 すっかりコラム執筆をご無沙汰していました。 今年度は4月から本業がかなり忙しく、執筆する余裕がなかなか...

[ 弁護士・士業のこと ]

世論調査について ~「景気・雇用対策」を並べるのはおかしい~

 以前も世論調査についての疑問を書いたことがありますが、他にも以前からずっと感じ続けている疑問が一つあるの...

[ 近況・雑感 ]

交通事故 ~とにかく証拠(資料)が大事~

 医療事故について書いたコラムで、裁判は事実が大事であると書きました。そして、事実認定には、証拠が大事であ...

[ 交通事故 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ