コラム

 公開日: 2014-06-06  最終更新日: 2016-05-07

医療事件 ~抗菌薬と感染症~

 風邪にほとんど効かない抗生物質(抗菌薬)をなぜ処方するのか?
 それをお話しする前に、「耐性菌」のお話をしておきたいと思います。

 抗菌薬は文字どおり「細菌をやっつける薬」です。
 ですが、最近にもいろいろな細菌がいますから、どんな最近にも効く万能な抗菌薬はありません。どの細菌にどんな抗菌薬が効くか、種類がある程度決まっているのです。

 ところが、最近は以前効いたはずの抗菌薬が効かなくなった細菌の出現が問題視されています。このような細菌を「耐性菌」というのです。MRSAという言葉は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。これも耐性菌の一つです。

 耐性菌が増えた理由は、抗菌薬の濫用が原因だと言われています。抗菌薬を使いすぎたために、細菌が進化して、抗菌薬の作用が効かなくなるように細胞の構成を変えたりしているようなのです。
 このような耐性菌の出現が医療の現場で大きな問題となっていることから、「予防」の一言で安易に抗菌薬を使用することに警鐘がなさられたわけです。抗菌薬の処方を、予防なんだからいいじゃないかと言えない大きな理由がここにあります。

 もう一つ、抗菌薬には意外と副作用があります。
 典型的なのは「菌交代症」です。ある抗菌薬を使うとその抗菌薬が効く細菌数が減ります。そうすると、そのためにその抗菌薬が効かなかった別の細菌の数が相対的に増え、その結果その別の細菌の力が強くなってしまうのです。これが腸の中で起こると、腸内細菌のバランスが崩れてお腹の調子が悪くなるということがあるのです。

 こうした耐性菌と副作用などの関係から、抗菌薬は濫用を慎まなければなりません。海外では、幅広い細菌に効いてしまうような抗菌薬は、極力使用しない方向なのだそうです。
 日本でも、本来はそうあるべきだと思います。

 ですが、日本の現状は、風邪にほとんど効かない抗生物質(抗菌薬)を処方し続けています。これはなぜでしょうか?

 一つは、カネです。
 製薬会社の利害や、病院や医師のもうけの問題です。やはり、今使われている薬が大幅に売れなくなってしまえば、困る人はいるでしょう。
 もっとも、抗菌薬は「使うと治ってしまう」ことからあまり利益性のよい薬ではなく、製薬会社はそれほど開発に熱心ではないという意見もあるようです。

 二つ目は、厚労省で認められていることです。
 使用条件に合致さえすれば投与可能となるので、使用するかどうかは処方する医師の決定に委ねられてしまっているのです。ここは、抗菌薬を投与することが医療ミスになりにくい大きな要因ともなっていると思います。

 三つ目は、患者側の問題、私たち一般人の問題です。
 みなさんきっと、「抗生物質は効く」と思いこんでいるのではないでしょうか?
 これが大きな誤解なのは、既に書いたとおりです。抗菌薬は細菌にしか効かないからです。
 ですが、強い(と勘違いしている)薬を処方してもらって安心したいと思ったり、抗生物質も出さないなんてヤブ医者だなどと大きな勘違いをしていたりする方が多いのではないでしょうか。
 この裏返しのようなものですが、お医者さんの方でも効く(と勘違いしている)抗生物質を欲しがる患者さんに配慮してあげてわざわざ処方してくれる人もいるのではないかと思います。

 私たち患者も、自ら賢くならなければ、思わぬ不利益を被ることになります。
 みなさんも、正しい知識を持ち、お医者さんと良好な関係を築いていけるようにしていただけたらと思います。

***********************************************************
私が所属する札幌おおぞら法律事務所のHPはこちらです。
ぜひご覧ください。
http://www.ozoralaw.com/
***********************************************************

この記事を書いたプロ

札幌おおぞら法律事務所 [ホームページ]

弁護士 川島英雄

北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL:011-261-5715

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事務所紹介
おおぞら事務所が入っているビルです。

 私が所属している札幌おおぞら法律事務所を紹介します。 札幌おおぞら法律事務所は、平成12年8月、同期である太田賢二弁護士と田中貴文弁護士が、北海道の広...

こんなときにご相談ください

 おおぞら事務所は、「包容力のある事務所」として、基本的にはどんな事件の相談でも取り扱っています(*)。 みなさんから見ると、弁護士に相談するべき問題な...

 
このプロの紹介記事
川島英雄 かわしまひでお

ホームドクターのような感覚で相談できる弁護士に(1/3)

 「札幌おおぞら法律事務所」 に所属する弁護士・川島英雄さんが重点的に取り扱っているのは、離婚、親子関係、遺言、相続など家庭に関する問題。特に最近は遺産相続のトラブルが増えているとか。「資産家じゃないから」「うちはみんな仲がいいから」と楽天...

川島英雄プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

コミュニケーション能力と医療知識を生かし家庭・医療分野に強み

事務所名 : 札幌おおぞら法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL : 011-261-5715

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故 ~最近の保険会社の傾向~

 以前のコラムで、相手方が強気な主張をする傾向を感じると書きました。 交通事故の事案でいえば、相手方の保...

[ 交通事故 ]

医療事件 ~医療事故調査制度の利用~

 今年の10月から、医療事故調査制度が始まりました。 制度の内容はいろいろなところで解説されているので、...

[ 医療事件 ]

弁護士のこと ~最近の弁護士の傾向?~

 すっかりコラム執筆をご無沙汰していました。 今年度は4月から本業がかなり忙しく、執筆する余裕がなかなか...

[ 弁護士・士業のこと ]

世論調査について ~「景気・雇用対策」を並べるのはおかしい~

 以前も世論調査についての疑問を書いたことがありますが、他にも以前からずっと感じ続けている疑問が一つあるの...

[ 近況・雑感 ]

交通事故 ~とにかく証拠(資料)が大事~

 医療事故について書いたコラムで、裁判は事実が大事であると書きました。そして、事実認定には、証拠が大事であ...

[ 交通事故 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ