コラム

2014-08-18

医療事件 ~CTは万能?~

 私は現在、30代後半です。
 私が子どもの頃は、CTなんて聞いたこともありませんでした。病院で撮るものといえばレントゲンです。
 現在は、CTはすっかりお馴染になりました。MRIも相当普及しているようですし、他にもPETなど様々な画像診断方法が普及しています。

 ところで、レントゲンと比較した場合、CTは身体の内部を立体的に捉えられるということで非常に優れたものと理解されています。
 では、だからCTさえあればほとんどのことがわかるといえるでしょうか?
 もちろん、答えは、NOです。

 CTには、次のような利点と、次のような弱点があるといわれています。
 (利点)
  ・簡単、短時間で可能
  ・外表からわからない内因性疾患を発見できる
  ・特定の出血(脳内出血など)を発見しやすい
  ・異物が発見しやすい
 (弱点)
  ・放射線被ばくする
  ・古い出血の判定が難しい
  ・エックス線が透過しにくい部位(脳の奥など)の判定が難しい
  ・軟部組織の損傷の判定が難しい

 このように、CTは万能ではありません。
 もちろん、MRIその他の画像診断方法も同じです。それぞれ利点と弱点があります。

 以前、死因究明のための解剖の重要性について書きました。
 最近はAi(Autopsy imaging、死亡時画像診断)といって、死後にCT撮影を行って、死因究明の場面で利用する動きがあります。
 これ自体は死因究明のために科学力を使う一つの方法であり、有用であることは間違いありません。しかし、他方で、これで事足りるかのような議論になることを非常に懸念しています。

 先に述べたとおり、CTは万能ではありません。先に述べた弱点でいえば、軟部組織の損傷が見つけにくいため、臓器の損傷部位の特定や筋肉内の出血を見逃してしまう恐れがあります。また、先には挙げませんでしたが、CTに限らず画像一般に共通する死因究明の際の弱点として、薬物などの化学的な物質の検出ができないということが挙げられます。
 このような弱点があるため、Aiでは解明できない点が確実に存在するのです。 

 科学力を有効に活用することはどんどん推進してよいと思いますし、その意味では、Aiが普及していくことは好ましいことだと思います。
 しかし、他方で、Aiさえあればそれでよいというような風潮になることは、非常に危険だと思います。
 科学力を過信したり誤信したりせず、Aiに限界があるということを知った上で、より良い活用方法が検討されていくべきだと思います。

 Aiと同時に、以前述べたとおり解剖制度の普及もどんどん進んでほしいところであり、「Aiがあるから解剖は不要だ」などということにだけはならないで欲しいと思います。

***********************************************************
私が所属する札幌おおぞら法律事務所のHPはこちらです。
ぜひご覧ください。
http://www.ozoralaw.com/
***********************************************************

この記事を書いたプロ

札幌おおぞら法律事務所 [ホームページ]

弁護士 川島英雄

北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL:011-261-5715

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事務所紹介
おおぞら事務所が入っているビルです。

 私が所属する、札幌おおぞら法律事務所をご紹介します。 札幌おおぞら法律事務所は、平成12年8月、同期である太田賢二弁護士と田中貴文弁護士が、北海道の広々と...

こんなときにご相談ください

 誤解を恐れずに一言でいえば、おおぞら事務所では、どんな事件の相談でも取り扱っています(*)。 みなさんから見ると、弁護士に相談するべき問題なのかどうか...

 
このプロの紹介記事
川島英雄 かわしまひでお

ホームドクターのような感覚で相談できる弁護士に(1/3)

 「札幌おおぞら法律事務所」 に所属する弁護士・川島英雄さんが重点的に取り扱っているのは、離婚、親子関係、遺言、相続など家庭に関する問題。特に最近は遺産相続のトラブルが増えているとか。「資産家じゃないから」「うちはみんな仲がいいから」と楽天...

川島英雄プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

コミュニケーション能力と医療知識を生かし家庭・医療分野に強み

事務所名 : 札幌おおぞら法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL : 011-261-5715

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故 ~最近の保険会社の傾向~

 以前のコラムで、相手方が強気な主張をする傾向を感じると書きました。 交通事故の事案でいえば、相手方の保...

[ 交通事故 ]

医療事件 ~医療事故調査制度の利用~

 今年の10月から、医療事故調査制度が始まりました。 制度の内容はいろいろなところで解説されているので、...

[ 医療事件 ]

弁護士のこと ~最近の弁護士の傾向?~

 すっかりコラム執筆をご無沙汰していました。 今年度は4月から本業がかなり忙しく、執筆する余裕がなかなか...

[ 弁護士・士業のこと ]

世論調査について ~「景気・雇用対策」を並べるのはおかしい~

 以前も世論調査についての疑問を書いたことがありますが、他にも以前からずっと感じ続けている疑問が一つあるの...

[ 近況・雑感 ]

交通事故 ~とにかく証拠(資料)が大事~

 医療事故について書いたコラムで、裁判は事実が大事であると書きました。そして、事実認定には、証拠が大事であ...

[ 交通事故 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ