コラム

 公開日: 2013-06-12  最終更新日: 2016-10-15

弁護士会の仕事

 みなさんは、弁護士が必ずどこかの弁護士会に加入していることをご存知でしょうか?
 また、弁護士が、その所属する弁護士会の仕事をしていることをご存知でしょうか?

 弁護士の使命や職務については、弁護士法に定められています。
 そこには、みなさんがイメージしやすい「事件の依頼を受け、代理人として裁判などを担当する」まさに典型的な弁護士の仕事ばかりが書かれているわけではありません。
 弁護士法1条2項には「弁護士は、・・・(中略)、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない」と書かれています。

 弁護士の仕事は、事件の依頼を受けて、その職務を誠実に行うことが基本です。
 しかし、法律実務の専門家である弁護士には、法律の根拠に従わなければならないという限界があります。よって、法律自体に問題がある場合には、憲法違反を裁判で問うことはもちろん、問題のある法律を変えていくよう声を上げることも必要な場合があるのです。そうでなければ、現在の目の前の依頼者ももちろんですが、将来の依頼者の権利や利益も守れなくなってしまうからです。
 ですから、この「法律制度の改善」も、弁護士の大事な仕事になります。

 こうした「社会秩序の維持及び法律制度の改善」のためには、依頼された事件を離れて、研究や提言などを行わなければならないこともあります。
 こうした活動のためには、個々の弁護士が個別に取り組むよりも、弁護士会という単位で取り組む方が合理的です。
 そこで、各地の弁護士会では、「委員会」というものを設置して、人権問題や消費者問題など、様々な社会的問題について検討・研究したり、弁護士会としての社会に対する提言を作成したりしています。

 さて、一弁護士である私の気持ちとしては、当然、目の前にいる依頼者の権利利益を第一に擁護していきたいと考えます。
 ですが、他方で、弁護士法で義務とされている「社会秩序の維持及び法律制度の改善」にも取り組み、世の中の制度自体をよりよくしていかなければ、結果として依頼者の権利利益も守れなくなるかもしれないとも考えます。

 当然のことですが、時間には限りがあります。私という存在はこの世に一人しか存在しません。その中であれも大事、これも大事ということになれば、二者択一というわけにもいきません。
 かといってそのままでは仕事が進まないので、一時的にはやむを得ず仕事に優先順位をつけることもあります。ですが、そうなると今度は「今この仕事を最優先にしていてよいのだろうか」と、自問自答の繰り返しです。
 最終的には「目の前の事件対応が第一なのは間違いないが、法律制度改善の取り組みも今やらないでよいのだろうか」という悩みに行き着いてしまうのです。

 とはいえ、悩んだからといって正解が出てくるわけもありません。
 そんなこんなで悩みながら、依頼された事件の対応を第一として取り組みつつ、弁護士会の委員会活動も行う毎日です。

 なお、弁護士会の委員会活動への参加は原則として無償であり、直接的には全く収入になりません。
 だからといって、娯楽的な趣味として取り組んでいるわけではありません。
 あくまでも、依頼者の方を含めたみなさんの「基本的人権の擁護」と「社会正義の実現」のための活動であるということを、多くの方に知っていただきたいところです。

***********************************************************
私が所属する札幌おおぞら法律事務所のHPはこちらです。
ぜひご覧ください。
http://www.ozoralaw.com/
***********************************************************

この記事を書いたプロ

札幌おおぞら法律事務所 [ホームページ]

弁護士 川島英雄

北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL:011-261-5715

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
事務所紹介
おおぞら事務所が入っているビルです。

 私が所属している札幌おおぞら法律事務所を紹介します。 札幌おおぞら法律事務所は、平成12年8月、同期である太田賢二弁護士と田中貴文弁護士が、北海道の広...

こんなときにご相談ください

 おおぞら事務所は、「包容力のある事務所」として、基本的にはどんな事件の相談でも取り扱っています(*)。 みなさんから見ると、弁護士に相談するべき問題な...

 
このプロの紹介記事
川島英雄 かわしまひでお

ホームドクターのような感覚で相談できる弁護士に(1/3)

 「札幌おおぞら法律事務所」 に所属する弁護士・川島英雄さんが重点的に取り扱っているのは、離婚、親子関係、遺言、相続など家庭に関する問題。特に最近は遺産相続のトラブルが増えているとか。「資産家じゃないから」「うちはみんな仲がいいから」と楽天...

川島英雄プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

コミュニケーション能力と医療知識を生かし家庭・医療分野に強み

事務所名 : 札幌おおぞら法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL : 011-261-5715

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故 ~最近の保険会社の傾向~

 以前のコラムで、相手方が強気な主張をする傾向を感じると書きました。 交通事故の事案でいえば、相手方の保...

[ 交通事故 ]

医療事件 ~医療事故調査制度の利用~

 今年の10月から、医療事故調査制度が始まりました。 制度の内容はいろいろなところで解説されているので、...

[ 医療事件 ]

弁護士のこと ~最近の弁護士の傾向?~

 すっかりコラム執筆をご無沙汰していました。 今年度は4月から本業がかなり忙しく、執筆する余裕がなかなか...

[ 弁護士・士業のこと ]

世論調査について ~「景気・雇用対策」を並べるのはおかしい~

 以前も世論調査についての疑問を書いたことがありますが、他にも以前からずっと感じ続けている疑問が一つあるの...

[ 近況・雑感 ]

交通事故 ~とにかく証拠(資料)が大事~

 医療事故について書いたコラムで、裁判は事実が大事であると書きました。そして、事実認定には、証拠が大事であ...

[ 交通事故 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ