コラム一覧 :近況・雑感

1件~15件(20件)

過去の15件

世論調査について ~「景気・雇用対策」を並べるのはおかしい~

 以前も世論調査についての疑問を書いたことがありますが、他にも以前からずっと感じ続けている疑問が一つあるので、書いておきたいと思います。 世論調査の質問の中に、よく「もっとも重視する争点は何ですか?」という質問があります。その選択肢として、「景気・雇用対策」という項目がほ... 続きを読む

近況・雑感

2015-04-07

騙されているかもしれないということ

 コラムの更新がすっかりご無沙汰となってしまっていました。 年明けから本業がかなり忙しく、コラムを書くまとまった時間がとれなかったことが理由です。 決して暇になったわけではないのですが、そろそろ書かないともう書けなくなってしまうかも・・・と思い、何とか時間を作って書いてみ... 続きを読む

近況・雑感

2015-03-09

「平均」のトリック

 「平均」という言葉は、よく使われると思います。 この言葉自体が、何か問題があるわけではありません。ですが、気をつけていないと、思わぬ誤解をしてしまうことがあります。 私が憲法の授業のために高校に行ったとき、高校生からは必ずといっていいほど「弁護士さんの年収は?」と尋ね... 続きを読む

近況・雑感

2014-12-15

選挙のこと ~白票や棄権の意味~

 選挙が近いので選挙の話をします。 とはいえ、政治的な価値観を話すつもりはありません。あくまでも選挙制度についての話です。 現在の日本の国政選挙では、棄権(投票しない)と白票は、選挙的には「無意味」です。 現在の日本の国政選挙は、公職選挙法で「有効投票の最多数を得た... 続きを読む

近況・雑感

2014-12-08

広報と詐欺は紙一重

 以前にも、広報とコミュニケーションの関係や、詐欺と悪徳商法のことなどについては、コラムで書きました。 今回は、「実は広報と詐欺は紙一重である」ということを述べたいと思います。 広報や広告、アピールというものは、基本的に「自分の言いたい事や売り込みたいものを少しでも多く... 続きを読む

近況・雑感

2014-11-28

「普通」ってなんだろう?

 みなさん、「普通」という言葉はよく使うと思いますが、あらためて「普通ってなんだろう?」と考えてみたことはありますか? 辞書で調べると「ありふれている」「一般的」「普段」といった言葉がでてきます。イメージとしては、みなさんもあまり変わらないでしょうか。 しかしこの「普通... 続きを読む

近況・雑感

2014-11-11

広報とコミュニケーションの共通点 ~相手が理解することが大事~

 以前、「広報」について、「広報とは伝達する相手との相互理解であり、伝達する相手に自分を理解してもらうものである」ということを書きました。 広報というと多数の人への伝達手段のように思えますが、実はこの広報の考え方は、1対1のコミュニケーションでもそのまま通用するものだと思い... 続きを読む

近況・雑感

2014-10-28

「わかりやすく伝えること」について

 現在、弁護士会の広報を担当しているので、広報について考える機会が多くなっています。 そんな中で、一つの悩みにぶつかっています。 それは、「わかってもらおう」とすると、わかりやすくするために正確性を欠くことになることです。 ただでさえ、法律関係の問題は難解です。 ま... 続きを読む

近況・雑感

2014-10-06

悪徳商法や詐欺に騙されてしまう理由

 前回書いた「情報は受け取った人次第」というコラムに関連して、悪徳商法などに騙されてしまう方の心理について触れてみたいと思います。 おそらく、騙されやすい方というのは、「情報は受け取った人次第」だという意識がほとんどないか、またはかなり低いのではないかと思います。 物事... 続きを読む

近況・雑感

2014-10-02

情報は「受け取った人次第」

 先日、「学生がネット情報を鵜呑みにしてしまう」という話を聞きました。 ネットで検索した際、上位表示されたサイトに書かれていた内容を、特に疑問もなくそのまま正しいものとして受け止めてしまうということのようです。 私の業界でも、相談者さんがネットでいろいろ調べてから相談に... 続きを読む

近況・雑感

2014-09-29

「中立」という幻想 ~公務員編~

 前回は、メディアに公正中立を求めることは非現実的であると書きました。 今回は、政府や自治体、公務員といったものについても同じことが言えるということを書きたいと思います。 確かに、公務員は「公正中立」であることが求められます。そうでなければ、全ての人に平等な行政サービス... 続きを読む

近況・雑感

2014-09-01

「中立」という幻想 ~メディア編~

 メディアの報道や政府、地方自治体、公務員といったものに対して「公正中立」を求める声をよく耳にしませんか? 確かに、こうした立場の人たちには、公正中立を求めたくなるのが通常の感覚だと思います。 ですが、これはあくまでも理想の姿を求めているに過ぎません。「完全な公正中立」... 続きを読む

近況・雑感

2014-08-28

客観的な証拠の重要性

 日本の刑事裁判の制度について、取り調べの全面可視化が実現しなかったことや、死因究明制度の推進が望まれるということを書いてきました。 そもそも、事実を見極めるためには、人の記憶や会話内容(「証言」や「供述」と言われます)といった主観的な証拠よりも、物の痕跡や解剖結果、物理... 続きを読む

近況・雑感

2014-08-11

諸外国レベルの死因究明制度の導入を

 我が国で冤罪を防止し、またその逆に犯罪が見逃されることを少しでも防止するためには、「科学力による客観的証拠の収集方法の充実」を図ることが大事です。 その一つの方法として、諸外国と同レベルの死因究明制度を導入することがとても重要ではないかと思います。 先日、札幌弁護士会... 続きを読む

近況・雑感

2014-08-07

取り調べの全面可視化が実現しなかったこと

 先日、法務大臣の諮問を受けて設置された法制審議会の特別部会において、刑事司法制度に関する答申案の取りまとめがなされました。 今までよりも一定の前進があったことは確かですが、取り調べの全面可視化が実現せず、可視化が一部にとどまることになったことは、正直とても残念です。 ... 続きを読む

近況・雑感

2014-08-04

1件~15件(20件)

過去の15件

RSS
事務所紹介
おおぞら事務所が入っているビルです。

 私が所属する、札幌おおぞら法律事務所をご紹介します。 札幌おおぞら法律事務所は、平成12年8月、同期である太田賢二弁護士と田中貴文弁護士が、北海道の広々と...

こんなときにご相談ください

 誤解を恐れずに一言でいえば、おおぞら事務所では、どんな事件の相談でも取り扱っています(*)。 みなさんから見ると、弁護士に相談するべき問題なのかどうか...

 
このプロの紹介記事
川島英雄 かわしまひでお

ホームドクターのような感覚で相談できる弁護士に(1/3)

 「札幌おおぞら法律事務所」 に所属する弁護士・川島英雄さんが重点的に取り扱っているのは、離婚、親子関係、遺言、相続など家庭に関する問題。特に最近は遺産相続のトラブルが増えているとか。「資産家じゃないから」「うちはみんな仲がいいから」と楽天...

川島英雄プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

コミュニケーション能力と医療知識を生かし家庭・医療分野に強み

事務所名 : 札幌おおぞら法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL : 011-261-5715

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故 ~最近の保険会社の傾向~

 以前のコラムで、相手方が強気な主張をする傾向を感じると書きました。 交通事故の事案でいえば、相手方の保...

[ 交通事故 ]

医療事件 ~医療事故調査制度の利用~

 今年の10月から、医療事故調査制度が始まりました。 制度の内容はいろいろなところで解説されているので、...

[ 医療事件 ]

弁護士のこと ~最近の弁護士の傾向?~

 すっかりコラム執筆をご無沙汰していました。 今年度は4月から本業がかなり忙しく、執筆する余裕がなかなか...

[ 弁護士・士業のこと ]

世論調査について ~「景気・雇用対策」を並べるのはおかしい~

 以前も世論調査についての疑問を書いたことがありますが、他にも以前からずっと感じ続けている疑問が一つあるの...

[ 近況・雑感 ]

交通事故 ~とにかく証拠(資料)が大事~

 医療事故について書いたコラムで、裁判は事実が大事であると書きました。そして、事実認定には、証拠が大事であ...

[ 交通事故 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ