コラム一覧 :交通事故

1件~15件(17件)

過去の15件

交通事故 ~最近の保険会社の傾向~

 以前のコラムで、相手方が強気な主張をする傾向を感じると書きました。 交通事故の事案でいえば、相手方の保険会社にも同じような印象を感じます。  私たち弁護士は、交通事故の被害者の方から相談や依頼を受けた場合、裁判で勝てるかどうかという先々の可能性を考えて、アドバイスした... 続きを読む

交通事故

2015-12-07

交通事故 ~とにかく証拠(資料)が大事~

 医療事故について書いたコラムで、裁判は事実が大事であると書きました。そして、事実認定には、証拠が大事であるとも。 これはもちろん、交通事故でも変わりません。 証拠がなければ、裁判官は請求どころか、その前提となる事実もなかなか認めてくれないものです。 さらにいいます... 続きを読む

交通事故

2015-03-30

脳脊髄液減少症 ~用語にとらわれないことが大切です~

 以前、このコラムで触れたことがある脳脊髄液減少症について、裁判で争っていた事件が、最近、和解という話し合いの形で終了しました。  交通事故によって脳脊髄液減少症になったということで争ったのですが、残念ながら、担当裁判官は、交通事故による脳脊髄液減少症であるとはっきりとは... 続きを読む

交通事故

2015-03-23

交通事故 ~脳脊髄液減少症とは~

 みなさんは、脳脊髄液減少症という言葉をご存知でしょうか? 数年前に新聞等でも大きく報道されたことがあるので、言葉だけは知っているという方もいるのではないかと思います。 脳脊髄液減少症とは、一般的には、何らかの理由で硬膜(脳や脊髄を包んでいる比較的固い膜)に穴があいて、... 続きを読む

交通事故

2015-01-08

交通事故 ~むちうち(頸椎捻挫)で12級が認められるには~

 前回までのコラムで、交通事故でむちうち(頸椎捻挫)になった後、後遺障害14級が認められるためのポイントについて書きました。 今回は、12級が認められるためのポイントについて書きたいと思います。 12級は14級のさらに上級の後遺症になりますので、14級よりも重い後遺症と... 続きを読む

交通事故

2014-07-17

交通事故 ~むちうち(頸椎捻挫)で後遺障害14級が認められるには~

 前回のコラムの続きです。 むちうち(頸椎捻挫)を代表とする神経系統の障害としての後遺障害が認められるためには、実は、事故直後から一応の治療が終了するまでの期間の対応が非常に重要です。 最も重要なことは、「事故直後から現在まで、神経系統の障害として医学的に説明可能な症状... 続きを読む

交通事故

2014-07-14

交通事故 ~むちうち(頸椎捻挫)による後遺障害~

 交通事故でむちうち(頸椎捻挫)になった後、症状がなくならずに後遺症の申請をしたいと考えるケースは多いです。 ですが、むちうち(頸椎捻挫)の後で後遺障害の申請をしても、認定を受けられなかったり、一番低い等級の14級までしか認定を受けられなかったりすることがかなり多いと思いま... 続きを読む

交通事故

2014-07-07

交通事故 ~高次脳機能障害~

 交通事故の後遺障害として、高次脳機能障害であると指摘されることがあります。 高次脳機能障害とは、脳の損傷により、知覚、記憶、言語、学習、思考、判断などの認知機能に生じる障害のことをいいます。 障害の程度や症状の出現の仕方はかなり差があるといわれています。単純な記憶力低... 続きを読む

交通事故

2014-06-20

交通事故 ~後遺障害14級認定の謎~

 自賠責保険で後遺症の認定を受ける場合の最高等級は1級、最低等級は14級です。 後遺症認定では、各級の中でも体の部位ごとなどに区別されて認定されるのですが、14級でよく問題となるのは14級9号の「局部に神経症状を残すもの」という神経系統の障害です。 さて、14級9号が認... 続きを読む

交通事故

2014-06-16

交通事故 ~早めに弁護士に相談するメリット~

 一般論として、弁護士に早めに相談した方がよいということは、以前にもコラムで書きました。 では、どうしてそういえるのか、それぞれ具体的な事件の分野ごとに説明したいと思います。 今回は、交通事故事件です。 交通事故事件の場合、自分の契約している保険会社や代理店などからも... 続きを読む

交通事故

2014-03-06

交通事故 ~後遺障害等級認定のポイント~

 以前のコラムで、自賠責保険の後遺障害等級認定の結果が、より低い等級となってしまう傾向にあると書きました。 しかし、だからといって全てのケースで認定が低くなるわけではありません。適切な認定をもらうために、いくつかポイントを押さえておく必要があります。 一つ目は、治療の早... 続きを読む

交通事故

2013-11-19

交通事故 ~交通事故の後遺障害認定~

 以前のコラムで、交通事故に遭ってケガをして、治療をしたけれども完全には治らなかった・・・そういうときは後遺症として認められることがあると書きました。 今回はこの点をもう少し詳しくお話ししたいと思います。 交通事故の「後遺障害」の認定は、通常自賠責保険の手続の中で行われ... 続きを読む

交通事故

2013-11-18

交通事故 ~被害者になったらその3(治療が終了したら)~

 さて、相手の保険会社から治療打ち切りを宣言された場合は別として、治療が終了したとしても、こちらが何もしないでいると、何も話が進まないことがあります。治療の終了はこちらから報告するようにしましょう。 治療終了の報告をした場合や、相手の保険会社が治療打ち切りを宣言すると、相... 続きを読む

交通事故

2013-11-15

交通事故 ~被害者になったらその2(治療が終了するころ)~

 交通事故に遭って治療を続けているうちに、保険会社から「治療は終了だ」と言われることがあります。この時点で実際にほぼ症状がなくなっていることもありますが、「まだ痛いのに!」と思う方も多いはずです。 保険会社は、傷病名や自動車の損傷の大きさなどを理由に、治療がどのくらいの... 続きを読む

交通事故

2013-11-13

交通事故 ~被害者になったらその1(事故後初期)~

 交通事故の被害者になったら、まずどうするか? それはもちろん「治療」です。損害賠償なんて二の次です。自分の体より大事なものはありません。 とはいえ、一応損害賠償のことも考えておくべきだと思います。でも、実は「一日も早く病院へ行く」ということは、損害賠償のことを考えてもと... 続きを読む

交通事故

2013-11-06

1件~15件(17件)

過去の15件

RSS
事務所紹介
おおぞら事務所が入っているビルです。

 私が所属している札幌おおぞら法律事務所を紹介します。 札幌おおぞら法律事務所は、平成12年8月、同期である太田賢二弁護士と田中貴文弁護士が、北海道の広...

こんなときにご相談ください

 おおぞら事務所は、「包容力のある事務所」として、基本的にはどんな事件の相談でも取り扱っています(*)。 みなさんから見ると、弁護士に相談するべき問題な...

 
このプロの紹介記事
川島英雄 かわしまひでお

ホームドクターのような感覚で相談できる弁護士に(1/3)

 「札幌おおぞら法律事務所」 に所属する弁護士・川島英雄さんが重点的に取り扱っているのは、離婚、親子関係、遺言、相続など家庭に関する問題。特に最近は遺産相続のトラブルが増えているとか。「資産家じゃないから」「うちはみんな仲がいいから」と楽天...

川島英雄プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

コミュニケーション能力と医療知識を生かし家庭・医療分野に強み

事務所名 : 札幌おおぞら法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL : 011-261-5715

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故 ~最近の保険会社の傾向~

 以前のコラムで、相手方が強気な主張をする傾向を感じると書きました。 交通事故の事案でいえば、相手方の保...

[ 交通事故 ]

医療事件 ~医療事故調査制度の利用~

 今年の10月から、医療事故調査制度が始まりました。 制度の内容はいろいろなところで解説されているので、...

[ 医療事件 ]

弁護士のこと ~最近の弁護士の傾向?~

 すっかりコラム執筆をご無沙汰していました。 今年度は4月から本業がかなり忙しく、執筆する余裕がなかなか...

[ 弁護士・士業のこと ]

世論調査について ~「景気・雇用対策」を並べるのはおかしい~

 以前も世論調査についての疑問を書いたことがありますが、他にも以前からずっと感じ続けている疑問が一つあるの...

[ 近況・雑感 ]

交通事故 ~とにかく証拠(資料)が大事~

 医療事故について書いたコラムで、裁判は事実が大事であると書きました。そして、事実認定には、証拠が大事であ...

[ 交通事故 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ