事務所紹介

札幌おおぞら法律事務所のご紹介

おおぞら事務所が入っているビルです。

 私が所属している札幌おおぞら法律事務所を紹介します。

 札幌おおぞら法律事務所は、平成12年8月、同期である太田賢二弁護士と田中貴文弁護士が、北海道の広々とした「おおぞら」のように包容力のある法律事務所を目指して開設しました。
 弁護士がたくさん所属する法律事務所にすることで、それぞれの弁護士が得意分野などそれぞれの個性や能力を発揮し合い、よりよい法的サービスを提供したいと考えたのです。
 二人の理念に賛同して、私以下、数多くの弁護士が次々と入所して、現在の体制となっています。

 おおぞら事務所の相談は、60分5000円(税別)です。
 ただし、初めての方のご相談は、初回30分まで無料です。
 また、法テラスの「法律相談援助」により、相談無料となる場合があります。

 相談申し込みにあたり、紹介はいりません。どうぞ気軽にご相談にいらしてください。

***********************************************************
札幌おおぞら法律事務所
札幌市中央区南1条西10丁目6番地タイムスビル3階
電話 011-261-5715
http://www.ozoralaw.com/
***********************************************************

この記事のURL

おおぞら事務所の特色

イメージ

 おおぞら事務所の特色は「包容力のある事務所」です。

 おおぞら事務所には、弁護士経験20年以上のベテランから若手まで、幅広い経験年数の弁護士が在籍しています。
 また、女性比率があまり高くない札幌の弁護士の世界で、複数の女性弁護士が在籍しており、男女バランスも比較的とれている方だと思います。
 そして何よりも、在籍している弁護士はそれぞれ、交通事故、家庭問題、企業法務、債務整理や倒産処理、医療事故など、それぞれの得意分野や力を入れている分野が違うので、幅広い分野に対応することができます。
 こうしたバラエティの豊富さが、包容力の一つです。

 次に、相談時間を十分に確保していることも挙げられます。
 弁護士の法律相談の時間は、30分単位のところが多いと思います。ですが、おおぞら事務所の法律相談は、1時間まで5000円(税別)と、初めから1時間までを想定して確保しています。
 このように相談時間を1時間までとさせていただいているのは、相談者の方からゆっくりと話をおうかがいし、事案を正確に把握した上で、その事案に合わせた適切なアドバイスを提供できるようにと考えたからです。

 おおぞら事務所では、裁判になった場合の判決の見通しを結論だけ端的に伝えればよい、とは考えていません。結論を急がずに、可能な限り考え得る複数の選択肢をお示しして、その人にとってよりよいと考えられる解決策をお示しできるよう心掛けています。
 このような姿勢も、包容力と呼べる魅力の一つではないかと思います。

 どうぞ、安心してご相談下さい。

この記事のURL

おおぞら事務所の法律相談

イメージ

 おおぞら事務所の法律相談についてご説明します。

●相談料
 1時間まで5000円(税別)です。
 ただし、初めての方は初回30分まで無料です。
 なお、収入など一定の条件を満たす方は、法テラスの民事法律扶助をご利用いただけます。

●紹介は不要です
 弁護士は、未だに敷居が高い、相談しにくい、入りにくいというイメージで見られてしまいがちですが、おおぞら事務所では紹介なども全く不要です。
 風邪をひいたときに病院に行くような感覚で、困りごとがあったら気軽にご相談にいらしてください。

●相談料有料の理由
 最近は相談料を完全無料としている弁護士が増えていますが、おおぞら事務所では有料制を維持しています。 これは、弁護士の専門的な知見を駆使したアドバイスである法律相談について、自信と責任を持って対応しているからです。
 法律の世界では、唯一の正解が存在することは稀で、似たような事例であっても違った結論となることはたくさんあります。ですので、それぞれの事案ごとにもっともふさわしい解決策を考えようとすれば、インターネットで検索する程度では不十分で、弁護士がそれぞれの事案をよく検討する必要があるのです。弁護士が法律の専門家として法律相談を受け、具体的な事情を詳しくうかがいながらアドバイスをするのは、こうした理由があるからです。
 おおぞら事務所では、相談にいらっしゃるみなさん一人一人に最もふさわしいアドバイスを提供できるよう心掛けており、法律の専門家としての相談業務に自信と責任を持って対応させていただいています。
 どうぞ安心してご相談下さい。

 なお、そうはいっても、まだまだ弁護士の敷居が高いと感じられる方が多いのが実情です。そこで、まずはおおぞら事務所の法律相談の雰囲気を感じていただこうと考え、初めての方の相談については最初の30分は無料としています。ぜひ一度、相談してみてください。

●相談するとどうなる?
 よく、弁護士に相談すると高いお金がかかると誤解されます。
 しかし、おおぞら事務所では、1時間相談しても5000円(税別)までしかかかりません。相談に来ただけで何十万円もとられるということはないので、安心してください。
 また、相談は相談だけで終わらせてよく、相談したからといって弁護士に依頼しなければいけないわけではありません。依頼するかしないかは、あくまでも相談を受けたみなさんの自由です。
 どうぞ、安心してご相談ください。 

この記事のURL

依頼の際の弁護士費用の目安

 おおぞら事務所での弁護士費用(着手金)の目安をご紹介します。

 なお、これはあくまでも目安です。
 事件は似た事件であっても全く同じではなく、事案によって労力や費やす時間が異なることも珍しくありません。ですから、個別の事件ごとに具体的にご相談させていただくことになりますので、ご了承ください。

*すべて税別表示です。

●お金の回収を目的とする場合
 300万円のお金を貸したが返してもらえないので回収して欲しい
・交渉で解決しようとする場合の着手金
   … 10万円~15万円
・訴訟を提起する場合の着手金
   … 20万円~25万円

●離婚を目的とする場合
 夫と話し合いがつかないので離婚調停の申立をしたい
・離婚のみを求める場合の着手金
   … 15万円
・養育費や財産分与、子どもの面会などを一緒に求める場合の着手金
   … 20万円~25万円

●遺産分割協議をする場合
 1000万円の遺産について他の相続人と遺産分割協議をしたい(自分の法定相続分が2分の1の場合)

・交渉で解決しようとする場合の着手金
   … 10万円~15万円
・調停又は審判を申し立てる場合の着手金
   … 20万円~35万円

●破産をする場合
 住宅ローンやキャッシングの返済ができないので自己破産によって免責を得たい
・着手金
   … 20万円

●交通事故の被害者になった場合
 相手の保険会社から提示された示談額が適切かわからないので代わりに交渉や裁判をして欲しい
・弁護士費用保険を利用する場合の着手金
   … 10万円~(原則として保険の基準に従います)
・その他の場合の着手金
   … 10万円~(賠償見込額により個別にご相談となりますが、着手金を下げて成功報酬を上げるなど柔軟な対応をさせていただきます)

●労働審判の申立てをする場合
 不当解雇されたので労働審判の申立てをしたい
・着手金
   … 20万円

●証拠保全の申立てをする場合
 医療事故ではないかと疑っているので裁判所を通じて医療記録(カルテ)を確保したい
・着手金
   … 20万円

*詳しくは、おおぞら事務所のHPをご覧ください。
http://www.ozoralaw.com/expense/expense_02.html

この記事のURL
最近投稿されたコラムを読む
事務所紹介
おおぞら事務所が入っているビルです。

 私が所属している札幌おおぞら法律事務所を紹介します。 札幌おおぞら法律事務所は、平成12年8月、同期である太田賢二弁護士と田中貴文弁護士が、北海道の広...

こんなときにご相談ください

 おおぞら事務所は、「包容力のある事務所」として、基本的にはどんな事件の相談でも取り扱っています(*)。 みなさんから見ると、弁護士に相談するべき問題な...

 
このプロの紹介記事
川島英雄 かわしまひでお

ホームドクターのような感覚で相談できる弁護士に(1/3)

 「札幌おおぞら法律事務所」 に所属する弁護士・川島英雄さんが重点的に取り扱っているのは、離婚、親子関係、遺言、相続など家庭に関する問題。特に最近は遺産相続のトラブルが増えているとか。「資産家じゃないから」「うちはみんな仲がいいから」と楽天...

川島英雄プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

コミュニケーション能力と医療知識を生かし家庭・医療分野に強み

事務所名 : 札幌おおぞら法律事務所
住所 : 北海道札幌市中央区南1条西10丁目6番地 タイムスビル3階 [地図]
TEL : 011-261-5715

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

011-261-5715

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

川島英雄(かわしまひでお)

札幌おおぞら法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
交通事故 ~最近の保険会社の傾向~

 以前のコラムで、相手方が強気な主張をする傾向を感じると書きました。 交通事故の事案でいえば、相手方の保...

[ 交通事故 ]

医療事件 ~医療事故調査制度の利用~

 今年の10月から、医療事故調査制度が始まりました。 制度の内容はいろいろなところで解説されているので、...

[ 医療事件 ]

弁護士のこと ~最近の弁護士の傾向?~

 すっかりコラム執筆をご無沙汰していました。 今年度は4月から本業がかなり忙しく、執筆する余裕がなかなか...

[ 弁護士・士業のこと ]

世論調査について ~「景気・雇用対策」を並べるのはおかしい~

 以前も世論調査についての疑問を書いたことがありますが、他にも以前からずっと感じ続けている疑問が一つあるの...

[ 近況・雑感 ]

交通事故 ~とにかく証拠(資料)が大事~

 医療事故について書いたコラムで、裁判は事実が大事であると書きました。そして、事実認定には、証拠が大事であ...

[ 交通事故 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ