コラム

 公開日: 2015-01-18 

使う場所に収納があっても家族が戻さない場合

【使う】という感覚

収納する場所を
使う場所にしましょうと記事にしましたが

使う場所という「使う」に注目してみます。

よく家庭内において
「しまいやすい場所にしたのに家族が片付けない」
そう思うことがありませんか?

私もそうでした。

娘が小さい頃にダイニングで勉強をしていたのですが
ランドセル置き場を学校へ行くときに便利であろうと
玄関に近い収納に決めました。

長女はそれでもリビングにランドセルを置きっぱなしにした日々が続きます。

なんでだろう?





ここで私の頭の固定概念スイッチを入れ直しました。

娘にランドセルを使う時ってどんな時か聞いてみました。
「ん?教科書を入れ替える時かな」

!!!!!

私は学校へ行くときにランドセルを使うという頭でいたのです。

そこでキッチンカウンターのダイニング側の奥行のあまりない収納棚の
教科書の横にランドセルスペースを設けたところ
長女は教科書を入れ替えた際にランドセルを戻すようになりました。

私から見ると、朝のバタバタした時にダイニングの奥に回り込むことは
面倒くさいように思いますが、本人はそうは感じないようです。
家族が戻さない。。。。

そういうことがあるのでしたら
使う場所に

その使うとはどういう「使う」を意味しているのか
本人に聞いてみるのがいいかもしれませんよ。

この記事を書いたプロ

ノンオブラート [ホームページ]

講師 近川樹美恵

北海道札幌市清田区平岡6条3丁目8-22 [地図]
TEL:090-4875-7355

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
近川樹美恵 ちかがわきみえ

少しの整理で、人生を大きく変える。快適な暮らしを実現する整理収納をアドバイス(1/3)

 札幌市清田区の閑静な住宅街に自宅兼オフィスを構える「ノンオブラート」。案内されたリビングは整理収納のプロらしく、スッキリとかわいらしいインテリアで整えられています。代表を務める近川樹美恵さんは、整理収納アドバイザー1級の資格を持ち、札幌市...

近川樹美恵プロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

整理や片付けが苦手な方に寄り添ったアドバイス

会社名 : ノンオブラート
住所 : 北海道札幌市清田区平岡6条3丁目8-22 [地図]
TEL : 090-4875-7355

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-4875-7355

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

近川樹美恵(ちかがわきみえ)

ノンオブラート

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

最初は見せるのが恥ずかしかったけど、、、、「キッチン整理収納」

☆困っていたこと 引っ越してきたときになんとなくしまったっ...

Y
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(8

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
収納する場所
イメージ

収納する場所片付けが苦手な人でも多くの方は「キッチン用品はキッチンに」「工具はここへ」「手芸用...

[ お片付けのコツ ]

整理収納アドバイザーをご存知ですか?
なりたい自分

みなさん初めまして。整理収納アドバイザーの近川 樹美恵です。みなさんは整理収納アドバイザーという資格を...

[ お片付け ]

収納を決める優先順位
イメージ

収納についてみなさんがここには何をしまったらいいのか?普通はどうなのか?とありきたりの答えを探してしまう...

[ お片付け ]

捨てられない物
イメージ

物には☆一生使うと思って購入するもの☆期間はわからないが必要だから購入するもの☆捨てなくても使ってなくなっ...

[ お片付け ]

自分で管理できる物の数にする
イメージ

お片付けのコツ1【自分で管理できる物の数にする】 □ 自分で覚えていられるだけの物の量。 □ 収納に収まる...

[ お片付けのコツ ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ