コラム

2013-03-04

生活習慣習慣病に対する運動療法

運動習慣のある成人は、全国平均で男性30.2% 女性27.5%に対して、札幌市は、男性21.5% 女性21.4%と平均を下回っています。
※健康さっぽろ21「札幌市健康づくり基本計画に関する市民意識調査」より

ちなみに運動習慣者の定義は、「週2回以上、1回30分以上、運動をしている人」だそうです。

結構、大変(^^;;

そのような現状をふまえて、『あへあほ』は、生活習慣習慣病に対して、どのように活動をしていくべきか⁈ を考えています!
先週あへあほ勉強会で、理学療法士の方に講義をしてもらいました。
整形外科や総合病院を経て、現在、心臓や血管を専門としている病院で活躍しているリハビリのプロ目線で「生活習慣病に対する運動療法」について語ってもらいました。

医療現場での課題、フィットネス現場での課題が色々とみえてきて、充実の講義となりました。

5年後、10年後を見据えて、まだまだクリエイティブに頭を使って活動していかなければ(^.^)

あへあほインストラクター達は、ギンギンに燃えていました。
もちろん僕も(笑)

この記事を書いたプロ

株式会社AHプロジェクト [ホームページ]

スポーツインストラクター しものまさひろ

北海道札幌市北区新琴似12条9丁目3-5 [地図]
TEL:090-2870-1776

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
あへあほ体操教室
イメージ

【さっぽろ健康スポーツ財団】・中島体育センター(札幌市中央区中島公園1番5号  tell 011-530-5906)火曜日 11:50~13:00 (講師:ジャンボ市橋)...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
しものまさひろ しものまさひろ

「あへあほ」は体をきたえ、心をつなぐ(1/3)

「あへあほ」とは、簡単な動作と「あへあほ」という短い発声を組み合わせたユニークなエクササイズ。「へ」と「ほ」でお腹を引っ込める腹筋運動が基本で、動きやすい体づくりや、メタボ・腰痛・ひざ痛予防などに効果を発揮。2007年春に考案され、現在は札...

しものまさひろプロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

「あへあほ体操」による体づくりとインストラクターの養成

会社名 : 株式会社AHプロジェクト
住所 : 北海道札幌市北区新琴似12条9丁目3-5 [地図]
TEL : 090-2870-1776

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2870-1776

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

しものまさひろ(しものまさひろ)

株式会社AHプロジェクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

あへあほ体操を取り入れ独自の子供教室を展開!児童デイサービスでも運動指導 

私がスポーツクラブのスタッフとして働いている時に、スタジ...

比内すみえ
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(58

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
北海道札幌市厚別区で、あへあほ体操講座 
イメージ

北海道札幌市厚別付近にお住まいのみなさんへ厚別温水プールで【あへあほ体操講座】が2つ開講します。≪札幌...

[ 健康体操教室 ]

あへあほ体操 しもの まさひろ 18歳の思い出
イメージ

19年前....高校卒業して自衛隊に入って2ヶ月...同期の中でダントツで怒られる毎日でした。ある日、上官に胸ぐ...

[ 自己紹介 ]

高齢者の運動とセロトニンについて 札幌
イメージ

高齢になってくるとセロトニンの分泌が極端に落ちてきます。《幸せホルモン》と呼ばれているセロトニンですが、...

[ 健康体操教室 ]

産後の骨盤調整ダイエット~お腹引き締めエクササイズ~
イメージ

妊娠中はお腹の赤ちゃんが居心地が良いように、また産道を通りやすいように、骨盤が広がった状態になっています。...

[ エクササイズ ]

野球での投球パフォーマンス向上の為の走り込みトレーニング

野球の投手のための走り込みトレーニング。 僕が野球をやっていた25年ぐらい前は、ピッチャーはひたすら長距離を...

[ アスリートトレーニング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ