コラム

 公開日: 2016-10-03  最終更新日: 2016-10-04

子ども(小学生)の新体力テスト対策!〜スポーツトレーナーが教える攻略方法〜

文部科学省の新体力テスト(6歳〜11歳)の内容は、握力、上体起こし、長座体前屈、反復横とび、20mシャトルラン(往復持久走)、50m走、立ち幅とび、ソフトボール投げ の8種目です。
この8種目の新体力テストの攻略方法をお伝えします!

ジャンプ

①握力
握力を強くするのは、前腕の筋力ですが、お子さん(小学生)の場合は、前腕の筋トレではなく、鉄棒とか、うんていとか、ボルダリングのような登るスポーツや遊びなどが効果的です。

②上体起こし
上体起こしのやり方は、仰向けの状態から膝を90度曲げて胸の前で腕を組んで体を起こし、両肘を両太ももにつけ、また元に戻る、を繰り返す。いわゆる腹筋運動ですが、これ...実は、腹筋(腹直筋)だけでなく、股関節の筋肉(腸腰筋)も使われます。ですから、上体起こしの成績を上げたければ、腿上げのような股関節トレーニングもやっておくと良いです。

③長座体前屈
長座体前屈は、地面に足を伸ばして座り、手を伸ばしどこまで体を前屈させることができるかという体の柔らかさを測定するものです。ふくらはぎ、ハムストリング(もも裏)、背中...特に腰部の柔軟性が要求されます。
ふくらはぎやハムストリングのストレッチ,それにプラスして、ヨガでもよくあるキャットのポーズ(四つ這いで背中を丸めるポーズ)もして置くと良いですよ。

④反復横跳び
反復横跳びで重要になってくるのは、敏捷性(びんしょうせい)です。
敏捷性とは、簡単に言うと『すばしっこさ』です。反復横跳びの場合は、横の動きの『すばしっこさ』です。
卓球、バトミントン、のような横の動きが多いスポーツ。
マニアックだけどインド発祥のチームスポーツ《カバディ》とかも良いと思います。とにかく横の動きを繰り返す事!

⑤20mシャトルラン
20mシャトルランは、瞬発力と持久力の両方が必要になります。
シャトルランで大切なのは、ターンです。いかに瞬時にターンが出来るか!?片足で身体をキュッと切り替えて逆方向に走り始めます!スピードが乗った状態でターンを繰り返すわけなので、心拍もかなり上がり、足の疲労もあります。
この能力を高めるのは、ズバリ『鬼ごっこ』。後は、『シッポ取りゲーム』。出来れば、少人数で、決められた範囲でやると良いです。あまり広すぎたり、人数が多いと休めてしまいますしね。。

⑥ 50m走
50m走は、まずスタートダッシュの練習。ヨーイ・ドンでしっかり反応し、走り出せるかがとっても大切。
ヨーイ・ドンだけを何度もやって下さい!後は、腕振り。腕振りと足の動きは連動します。
腕振りというのは、走るリズムをトレーニングしている事にもなります。

⑦立ち幅跳び
立ち幅跳びは、助走をつけずに前方にどれくらいのジャンプ出来るかを計測します。
立ち幅跳びが極端に苦手な子の場合は、膝が伸びきった状態で飛んでしまうケースがあります。いわゆるタメが効いていないので遠くに飛びません。膝をしっかり曲げて、その時は、カカトを浮かせ、腕の振りを利用して躊躇せずイッキに跳ぶのです。膝や股関節を上手く使ってピョンピョン跳ぶ練習をすると良いです。
トランポリンがオススメ。

⑧ソフトボール投げ
ソフトボール投げの基本は、肘の位置。投げる時に肘が下がらないように。肘が肩より高く上げる様にして、腕を後ろに引き、リリースします。後は、体重移動。右利きの場合は、投げる時に右足に体重をかけ、リリースの時にイッキに左に体重を移動させます。体重移動がちゃんと出来ているかもチェックが必要かもしれません!
後は、肩甲骨の周辺の筋肉の強化。
オススメは、腕立て伏せの姿勢をとる事です。正しく腕立て伏せが出来ない子が増えいるのも指導現場で感じています。自衛隊出身の僕には、少しショッキングでしたが(笑)、まずは、腕立て伏せの姿勢をしっかりとる練習からしてみると良いです。

以上が、新体力テストの攻略法です。
子ども達の身体能力は無限大です。

児童デイ ミニハードル

僕は、児童デイサービスやパーソナルトレーニングなどで、子ども達の運動指導に関わらせてもらっていますが、小さな成功体験を積み重ねていくうちに、自信が持て、子ども達が自らチェレンジしていくようになるのだと感じています。
もちろん体力テストの結果が全てではありません。
でも、この体力テストをきっかけに、「僕は握力が強いんだ」とか、「私は跳ぶのが好き」とか、何かを感じてくれたら嬉しいです。

---------------------------------------------------------------
体育の家庭教師/パーソナルトレーニング/体幹強化/

AHプロジェクト
オフィシャルサイト
ご依頼・お問合せ

この記事を書いたプロ

株式会社AHプロジェクト [ホームページ]

スポーツインストラクター しものまさひろ

北海道札幌市北区新琴似12条9丁目3-5 [地図]
TEL:090-2870-1776

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
あへあほ体操教室
イメージ

【さっぽろ健康スポーツ財団】・中島体育センター(札幌市中央区中島公園1番5号  tell 011-530-5906)火曜日 11:50~13:00 (講師:ジャンボ市橋)...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
しものまさひろ しものまさひろ

「あへあほ」は体をきたえ、心をつなぐ(1/3)

「あへあほ」とは、簡単な動作と「あへあほ」という短い発声を組み合わせたユニークなエクササイズ。「へ」と「ほ」でお腹を引っ込める腹筋運動が基本で、動きやすい体づくりや、メタボ・腰痛・ひざ痛予防などに効果を発揮。2007年春に考案され、現在は札...

しものまさひろプロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

「あへあほ体操」による体づくりとインストラクターの養成

会社名 : 株式会社AHプロジェクト
住所 : 北海道札幌市北区新琴似12条9丁目3-5 [地図]
TEL : 090-2870-1776

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2870-1776

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

しものまさひろ(しものまさひろ)

株式会社AHプロジェクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

変形性膝関節症や腰痛対策に効果的な健康体操です。札幌発祥エクササイズなのが凄い。

私は、変形性膝関節症と診断され、また、たまにぎっくり腰も...

I.K
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(4

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
北海道札幌市厚別区で、あへあほ体操講座 
イメージ

北海道札幌市厚別付近にお住まいのみなさんへ厚別温水プールで【あへあほ体操講座】が2つ開講します。≪札幌...

[ 健康体操教室 ]

イーアス×シニアコム×あへあほ体操

全国規模の学習塾『第一ゼミナール』を運営する上場会社が、昨年、新規事業として、シニア向け動画配信プラットホ...

[ 体幹トレーニング ]

高等学校 教職員健康セミナー in北海道旭川市
イメージ

旭川市にある某高等学校で、教職員への健康セミナーをやってきました。腰痛の先生、膝痛の先生、肩こ...

[ 体幹トレーニング ]

スポーツクラブ ジョイフィット 旭川店 特別レッスン
イメージ

最近は、旭川にご縁があります^^スポーツクラブ ジョイフィット 旭川店に呼んで頂き、弊社マネジャーと二...

[ 体幹トレーニング ]

あへあほ®インストラクターのアップデート勉強会 in札幌
イメージ

先週、あへあほ®インストラクターのアップデート勉強会がありました!!普段は、あへあほ独自システム(SNS)を...

[ インストラクター養成 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ