コラム

2013-06-07

内科病院(医療現場)で運動指導

数年前に、糖尿病外来などもある内科病院のドクターから僕に連絡がありました。
「患者さんに楽しく運動してもらう為に、あへあほ体操をやりたいと思うのですが....」
と言って頂いてたのがきっかけとなり、病院内での『あへあほ体操教室』がスタートしました(*^^*)
最初は、院長室を借り、参加者は平均3名ぐらい。。
それから、少しづつ仲間が増え、今では20名を越える程の参加者になりました。
院長室では狭くなり、3階の廊下を利用してやっています!


参加者の中には、93歳の方もいて毎回、元気に「あへあほ〜」してくれています。
最近、杖ついてないなぁ〜という人もいます。
とにかく、みんなニコニコ頑張ってくれています V(^_^)V
この教室が地域コミュニティになっているのも実感します。

そして、隔週で開催されている、この教室が、なんと!!
先日、100回目を迎えました。
みんなで拍手をし合いました(笑)


素敵な病院、素敵なドクター、素敵な生徒(患者)さんに出会えて本当に嬉しいです。


病院などの医療現場でも、『あへあほ体操』を取り入れてはどうですか?

この記事を書いたプロ

株式会社AHプロジェクト [ホームページ]

スポーツインストラクター しものまさひろ

北海道札幌市北区新琴似12条9丁目3-5 [地図]
TEL:090-2870-1776

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
あへあほ体操教室
イメージ

【さっぽろ健康スポーツ財団】・中島体育センター(札幌市中央区中島公園1番5号  tell 011-530-5906)火曜日 11:50~13:00 (講師:ジャンボ市橋)...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
しものまさひろ しものまさひろ

「あへあほ」は体をきたえ、心をつなぐ(1/3)

「あへあほ」とは、簡単な動作と「あへあほ」という短い発声を組み合わせたユニークなエクササイズ。「へ」と「ほ」でお腹を引っ込める腹筋運動が基本で、動きやすい体づくりや、メタボ・腰痛・ひざ痛予防などに効果を発揮。2007年春に考案され、現在は札...

しものまさひろプロに相談してみよう!

北海道テレビ放送 マイベストプロ

「あへあほ体操」による体づくりとインストラクターの養成

会社名 : 株式会社AHプロジェクト
住所 : 北海道札幌市北区新琴似12条9丁目3-5 [地図]
TEL : 090-2870-1776

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-2870-1776

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

しものまさひろ(しものまさひろ)

株式会社AHプロジェクト

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

健康増進施設や医療療養型病院での経験を活かし運動指導

私は、スポーツクラブでトレーナー、インストラクターを経験...

津田彩子
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
北海道札幌市厚別区で、あへあほ体操講座 
イメージ

北海道札幌市厚別付近にお住まいのみなさんへ厚別温水プールで【あへあほ体操講座】が2つ開講します。≪札幌...

[ 健康体操教室 ]

あへあほ体操 しもの まさひろ 18歳の思い出
イメージ

19年前....高校卒業して自衛隊に入って2ヶ月...同期の中でダントツで怒られる毎日でした。ある日、上官に胸ぐ...

[ 自己紹介 ]

高齢者の運動とセロトニンについて 札幌
イメージ

高齢になってくるとセロトニンの分泌が極端に落ちてきます。《幸せホルモン》と呼ばれているセロトニンですが、...

[ 健康体操教室 ]

産後の骨盤調整ダイエット~お腹引き締めエクササイズ~
イメージ

妊娠中はお腹の赤ちゃんが居心地が良いように、また産道を通りやすいように、骨盤が広がった状態になっています。...

[ エクササイズ ]

野球での投球パフォーマンス向上の為の走り込みトレーニング

野球の投手のための走り込みトレーニング。 僕が野球をやっていた25年ぐらい前は、ピッチャーはひたすら長距離を...

[ アスリートトレーニング ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ